本当に勝負すべき相手とは

本当に勝負すべき相手とは
売れるホステスのつくり方

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスという仕事も企業と同じく、勝ち負けの世界であることは事実です。

だからこそNo.1とか順位がつくワケですし、売上を持っている子が強いのは確か。

営業マンもそうですし、個人事業主さんだってそうですね、できればトップに行きたい。だって、それが利益に直結しますから、当然の心理ですよね。

No.1になるホステスには、大きく分けて2通りのタイプがあります。

ひとつは、周りを蹴落として1匹狼で上にのし上がっていくタイプ。そしてもうひとつは、周りから慕われ支えられて自然とNo.1になるタイプ。

どちらが息が長いか、一目瞭然ですよね。周りを蹴落として1匹狼でのぼりつめても、結局限界が来るんです。

何度も言っているように、接客はチームワークなんですよ、ひとりではできないのです。

ひとりでやろうと思ったら、目が行き届く範囲なんか、誰だって限られるのですよ。

自分ひとりで対応しきれる範囲なんか、せいぜい10人~20人程度ですよ。だから学校で問題が起きるのは当たり前です、ひとりの限界を超えてるから。

本当に勝負をしなければいけないのは、他の誰かではなく「昨日の自分」。

誰かと比べて自分がどうなのか、その視点も確かに大切で重要な時があります。でもそれは刺激を受けたり、学びや気付きを得る為に行う作業です。

その人に比べたら、自分はできるかも知れない。でも昨日の自分と比べたらどうです?

成長してますか?1歩でも先に進めていますか?それこそ相手は、まだまだかも知れないけど確実に進んでるかもしれませんよ。

「かめとうさぎ」理論ですよ、相手が劣っているからとあぐらをかいてると抜かれる。

昨日の自分よりも今日の自分が1歩でも進んでいればいいじゃないですか。

そうやって少しずつ積み上げながら、近くにいる良きライバルと切磋琢磨して、「わ~こんなことしてるのか!私もやってみよう!」なんて刺激をもらったり、「なるほど!そういう風にすればいいのか!」と学びをもらったり、「そうか、私に足りないところはココだな~」 という気付きをもらったりしながら、昨日よりも少しでも成長する糧にすればいいだけのこと。

勝つ必要はないのです。

その結果として、ライバルを追い抜く日が来るかも知れない。でもそれは相手に勝ったのではなくて、過去のできなかった自分に勝ったのです。

私は自他共に認めるモーレツな負けず嫌いですが、他人と争ったことはないです。私が常に勝ちたい!と思っているのは、今の自分。

この視点は、明日の自分の自信に繋がりますよ。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,919 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧