ホステスとして成功したいなら

ホステスとして成功したいなら
売れるホステスのつくり方

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスとして成功したいなら、直感の鋭い人間になりましょう。

漠然と物事を考えたり、誰かが答えをくれるのを待っているのではなく、直感で動けるように。大丈夫です、直感力は鍛えられます。

日常的にできる直観力の鍛え方

電車で通勤しているなら、ザッと座席を見渡して、だれが一番最初に降りそうか、目星をつけてみてください。

または、乗客から5~6人選び、降りる順番をつけても良いです。

なぜその人を選んだのか、頭の中で意識して言葉にしてみます。ハズレのほうが多いのは、観察力がまだまだ足りない証拠です。

ではそこで、改めて考えてみます。あなたが次の駅で降りるぞ、というとき、どういう行動を取りますか?

カバンを持ち直したり、もう着くかな~と視線を周りに向けたりしませんか?

本を読んでいたら閉じる、携帯を触っていたらカバンにしまう、などの行動になりませんか?

これを踏まえて、またチャレンジしてみてください。人が何かを目的にしたとき、どんな行動を取るのかを考えながら。

はじめはまったくうまくいかなくても、だんだんできるようになります。気長に、ゲーム感覚でやってみてください。

お客様の心理を見抜けるようになる

だんだん的中率が上がると、どうなるか。お客様をパッと見ただけで、その人の思考タイプや行動を予測できるようになります。

つまり、初見での接客がかなりスキルアップするということ。騙されたと思って、ぜひやってみてください。

あなたの周りにいる、仕事ができる人を思い浮かべてみてください。仕事ができる人は、全員例に漏れず、カンがいいはず、ですよね。

ホステスに限らず、違う職種でもまったく同じです。

現在の私はホステスではありませんが、打ち合わせなどで多くの人と会い、話す機会があります。

この人は仕事ができないなあ・・・と思う人に限って、間違いなく鈍い(ーー;

その人が鈍いのは自由なんだけど、ビジネスである以上、迷惑被ることもあるわけです。

ホステスの例でいえば、お客様がタバコをくわえても、ボーッとしている。または、お客様のお飲み物がなくなっても、自分のことを話し続ける。

お客様がつまらなそうにしているのに、必死に自分本意な質問を投げ続ける。・・・ということをやっていたら、当然次回来店はナシ、ですよね。

ホステスは、察する能力が長けていないと、仕事がうまくいきません。

お客様の状態を瞬時に判断し、その日その場に適した対応をすること。そのスキルを上げるためにも、ぜひ直感力を高める訓練をしましょう。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,056,254 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧