接客

接客
ホステスの心得|OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

この記事では「接客」について
これまで質問が上がった回答を
まとめていきます。

※随時加筆修正します。

 

一般的な接客について

この項目では、
接客の一般的なことについて解説します。

 

接客

▼ 接客とは?

客に応対すること。客を接待すること。

▼ 接客の基本的な心得

  1. 笑顔
  2. 身だしなみ
  3. 明るく
  4. 姿勢良く
  5. 感情を込める
  6. 丁寧な対応
  7. しっかり聴く
  8. 聞き取りやすい声
  9. 正しい言葉遣い
  10. 簡潔に話す
  11. 所作
  12. 感謝の気持ち

どこにでも書いてあるような
あたりまえのことですが、
実際にできているかは別問題なので、
常に意識してチェックしましょう。

▼ 接客の仕事で得られることは?

接客業で得られる最大のメリットは、
「人として自分が成長できること」
ではないかと思います。

同じ言葉でもお客様1人1人
受け取り方も感じ方も異なるので、
同じ接し方をしても通用しなかったり、
他の人がやればうまくいくことを
自分がやるとうまくいかなかったりなど
大変ではありますが、
だからこそおもしろいとも思います。

様々なお客様と接する中で
自分の価値観が大きく変化したり、
数年前までは気付きもしなかった視点を
持てたり、許容範囲が広がったり、
人を見る目を養えたり。

経験から学ぶことは
お金に代えがたいものです。

▼ 接客のコツは?

あなたの接客態度次第でお客様が受ける
あなたへの印象は大きく変わります。

好印象を与える接客態度を身につけて
お客様に不快な思いをさせないこと
接客の基本です。

誰に対しても同じ接客をするのではなく
お客様や場によって対応を変えるなど、
臨機応変に振る舞えるようにしましょう。

ときにはあえて黙ることも必要です。

仲間内でお仕事のお話に夢中になったり
じっくり言葉を選んでいて黙っていたり
そういう場面も頻繁に起こり得ます。

必要以上に沈黙を怖がると
そういった空気を壊してしまうので
「黙っていたほうが心地よいこともある」
と心得ておくことです。

 

水商売の接客について

この項目では、
業界に特化した接客について解説します。

 

コミュニケーション・会話

▼ コミュニケーション能力が低いと接客はできない?

おそらくあなたの言う
「コミュニケーション能力」とは、
お客様が楽しいと感じる

  • お客様が楽しいと感じる
  • 話術的なもので笑わせる
  • 沈黙にならないスムーズな会話
  • 気の利いたことが言える

などをイメージしているのではないか?
と思います。

もちろんこれらも大事ですが、
本当に必要なコミュニケーション能力は
そこではありません。必要なのは、

  • 伝える力(自分という商品を分かりやすく響くように表現できる)
  • 察する力(お客様の要望や会話の数歩先を読める)
  • 問題を解決する力(トラブル処理はもちろん、事前回避含め)

などです。
特に接待の多いお店では
目の前のお客様だけが満足すればいい、
というわけではないので、
上記の能力は重要になります。

▼ 接客が上手なホステスとは会話上手な人?

そうとも限らないですね。

事実お席の半数以上を自客が占めるような
売れっ子ホステスになると、
ゆったりお客様と会話をする時間も
なくなりますから。

会話スキル云々よりも、
場を最適化できるホステスが
接客上手と言えるのではないでしょうか。

特にクラブホステスやママには
この能力が必要ですね。

▼ 話しかけても無視し続けるお客様はどうしたらいい?

▼ 水商売の接客にチームワークって必要?

もちろんです。

というか、チームワークがないと
自分が一番困ります。

1人で大きな売上を作ることは不可能、
必ずヘルプや黒服の協力が
必要になります。

また、
高い売上を望まないホステスであっても、
いざ自分が困ったときに
誰も助けてくれない状況に陥らないように
しておくことはとても重要です。

 

初対面のお客様への接客

▼ 初対面のお客様に接客するときに意識したほうがいいことは?

▼ 名刺をもらえない

▼ 人見知りしてしまう

▼ 何を話せば良いかいつも悩む

▼ 第一印象を良くするためには?

▼ 敬語が良いのかタメグチが良いのか悩む

初対面のお客様は
基本的に敬語で話すようにしましょう。

だからといってあまりにも堅苦しい敬語は
かえってお客様が気疲れしてしまいます。

その場の雰囲気やお客様のお人柄などを
考慮した上で判断することが大切です。

ノリの良いお客様でフランクな場であれば
敬語でなくても良い場合もあります。

敬語であろうとタメグチであろうと
丁寧できれいな言葉遣いができるように
日ごろから訓練しておきましょう。

 

常連客への接客

▼ 対応に困るお客様がいます

 

スナックでの接客

▼ スナックの接客や会話で気をつけたほうがいいことは?

スナックは地域密着型で
お客様との心理距離が最も近くなるので、
クラブやラウンジなどに比べると、
どうしてもホステスのプライバシーを
守ることが難しい側面があります。

何気ない会話から
私生活や自宅が分かってしまったり、
他の女性のプライバシーが洩れてしまう
キーワードが出やすい環境なので、
注意しましょう。

また心理距離の近さから
お客様への甘えも出やすいため、
色恋でなくてもトラブルが起きがちです。

お父さんみたい、お兄ちゃんみたい、
などの関係性に甘えすぎないよう、
礼儀を心がけましょう。

▼ スナックの接客に向いている人は?

 

クラブでの接客

▼ 中州の高級クラブホステスは何に気を付けたらいい?

▼ クラブとキャバクラ何が違うの?

 

接客での体験談

▼ 接客でもっとも喜ばれたことは?

うーん、
これといって特記するようなことは
思い出せないのですよね。

本当に些細なことばかりというか。
思い出したら記事にします(笑)

今パッと浮かぶものだとたとえば、
一見ノリが良く盛り上げ上手なお客様でも
本当はそういうことが苦手だったり、
しんどく感じる日もありますよね。

そういうことは早々に察知して、
少なくとも私のお店では
がんばらなくて良いよう女性を配置したり
話題をいつもと少し変えたりなどします。

それに気付いてくださるお客様方は
「全部任せられるからラク」
と喜んでくださいますね。

▼ あり得ないなと思ったホステスの接客は?

▼ すごいな!と思った接客は?

銀座高級クラブ「麻衣子」にお邪魔した際
方向音痴の私に帰り道を案内をしてくれた
30代半ばくらいの男性黒服の対応です。

私は生まれつき股関節の軟骨がなく
歩くスピードが遅かったり
長時間歩けなかったりします。

が、通常は誰も気づきませんし、
伝えても忘れられる勢いで目立ちません笑

その黒服さんには伝えていないどころか
言葉も交わしていなかったのですが
道案内の際に私の3歩くらい先を歩きつつ

「大丈夫ですか?」
「僕、歩くの早くないですか?」
「疲れてませんか、少し休みますか?」

ととても気遣ってくださって驚きました。

店内での私の様子を見て
気付いてくださったのでしょうが
すごい観察力だなあと感動しましたね。

今でもその黒服さんのことは忘れられず
ああいう黒服さんが増えてくれたら
どんなに業界がレベルアップするだろう、
と事ある毎に思い出します。

 

接客でのメンタル

▼ 接客の小さなミスを引きずって落ち込む

ずっと引きずるホステスさんの共通点は
「完璧にできる(できている)前提」
の完璧主義思考です。

まじめな性格のホステスさんに多く、
失敗に対する考え方が極端にネガティブ。

100点じゃなければすべて失敗、
100点が取れない・取れる保障がないなら
最初からやらない、という行動が多く
「自信がない」としょっちゅう言います。

何を言っても
なかなか行動できないことが大半で
「じゃあやらなくていいよ」
と言われるとホッとする反面、
そう言われたことにまた傷付いて
落ち込んで引きずる・・・
のエンドレス状態です。

落ち込む気持ちは重々分かりますが、
プロなら傷付いて終わるのではなく、
どうしたらそのミスを防げたのかを考え、
次に生かしましょう。

 

クレーム対応

▼ クレームが出たら何に気を付けたら良い?

▼ 接客でクレームを受けたら落ち込む?

もちろんです。

嫌な気分にもなるし、ときには
「分かってくれてもいいじゃないか」
と思うこともあるし、
落ち込んでやる気が失せてしまうことも
あります。

私個人は性格的に
「悔しい」と感じる割合が大きく、
またそれが原動力になるタイプなので、
言葉だけを聞いていると
落ち込んでないように見えるそうですが、
落ち込んでます(笑)

でも落ち込むだけでは何も解決しないので
次に同じこと・似たことが起きたら
どうするのか
に目を向けて、
改善案を考えます。

 

色恋目的・触るお客様への接客

この項目では色恋目的で通われるお客様、
お席で触ってくるお客様などへの
接客について解説します。

 

触るお客様への接客

▼ 触ってくるお客様ってどう思う?

 

色恋目的のお客様への接客

▼ 現役時代、色恋目当てのお客様にどう対応してた?

▼ 色恋目的の人ってどうやったら見抜けるの?

 

ホステスの心得

ホステスの心得

売れっ子ホステスのコンサルティング

 

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

282,881 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧