ホステスの心得

奥様の心をつかむ売れっ子ホステスのLINE営業法

更新日:

こんにちは、秋好玲那です。

今回は「奥様がいるお客様へLINEを送る場合の心得」について。

先日いただいたアメブロコメントにあった質問の続きです。

奥様のいるお客様へ贈物する際の注意点を教えてください。

アメブロでご質問をいただいたので、早速記事にしちゃいます。が、その前に。コメントいただいた記事はこちら↓『「いつ営業したらいいですかぁー」という人、きらいです。』ホステス専門アドバイザー:REIN...

続きを見る

 

 

極論「奥様が見たら喜ぶ内容」を心がける

前回の記事でも「女性性や深い関係性を連想させるようなことはしない」と書きました。

LINEも同様ですが、LINEのほうがクローズドツールなので、親密さが増します。

何気なく書いたことでも、猜疑心で見ればいくらでも疑える。

なので、私たちホステスは常に「第三者の目」を気にしなければなりません。

極論「奥様が見たら喜ぶ文章」を軸にするといい、ということになります。

 

 

<例文>ホステスのLINEをあなたが見たらどう感じるか

たとえば、あなたのパートナーが私のお店へ誰かと飲みにきたとしましょう。

その際に、

既婚者で奥様をパートナーとして尊敬している
でも恋愛がしたくて彼女がほしい

この2点しか話してない、としますね。

そして翌日、私からのお礼LINEをあなたが偶然見たとします。

次の2つ、どう感じますか?

 

REINA
○○さん昨日はありがとうございました♥
すごく素敵でモテそうなのに、彼女いないなんて驚きです 😯
私も負けないように彼氏見つけます(´∀`艸)♡
今日もお仕事ですね、がんばってくださいね!

 

REINA
昨日はいろいろお話ししてくださってありがとうございます。
○○さんが若々しくいられるのも、奥様が素晴らしい方だからこそですね。
生涯独身宣言してますが、
結婚もいいなってちょっぴりうらやましく思いました^^

 

超・極端に作りましたが(笑)

奥様の立場で考えると、後者のほうが安心できませんか?

「飲みに出た先で、私のことをそんなふうに話してくれてるんだな」

と感じられたら、ちょっと嬉しくないですか?

 

 

最大の心得「ホステスというだけで十分怪しくて不愉快」

奥様が嫌な思いをしたり、何か疑いを持つ原因はいろいろありますが、

目の届かない知らないところで、知らない人と何をして(話して)いるか分からない

この「分からない」は、人間にとって最大の不安材料です。

ましてや、ホステスの仕事を知らない奥様、誤解されている奥様、または過去にホステスと浮気をされたことがある奥様なら、疑われても仕方ないですよね。

 

 

クソホステス&クソ黒服が取る行動で業界自体に信頼がない

私はこれを『業界全体の質の悪さ』が原因だと捉えていて。

私自身は何も後ろめたいことがなくても、業界の8割はクソホステスだと思うと、

大半の奥様は、嫌な思いをされている

ハズなんです(大変心苦しい現実(涙))。

 

 

嫉妬深い奥様でなくても、家族と過ごしている時間帯に連絡をしてくるホステスに無条件で好意を抱く女性はいないでしょう。

結婚記念日や奥様の誕生日に、自己都合で飲みに来いと営業してくるホステスは、いくら仕事だからとはいえ気持ちよく見れないでしょう。

それどころか、大半のホステスはお客様の家庭に興味もないし、結婚記念日も奥様の誕生日も、お客様自らが言わない限り聞くこともない。

その状態で配慮などできるわけがなく、無意識に奥様の立場や気持ちを蔑ろにしているはずです。

 

この時点で、もう私たちの存在は不快でしかない。

 

業界全体としてこの事実は否めないし、受け入れざるを得ない現実ですから、通常以上の配慮が必要だとお分かりいただけるかと。

つまり、ちょっと気遣った程度では足りないのです。

 

 

すべきことが分かっても応用が利かない理由

「こういう配慮をしましょう」

と、具体例を並べ立てることは本当に簡単なことです。

連絡する時間は○時から○時までの間
○曜日と○曜日は避ける
ハートの絵文字は使わない
会いたい、あなたのこともっと知りたいなど誤解を受けるような言葉を使わない

その他いろいろ、箇条書きにして「ハイドーゾ」と渡すのはとても簡単。

でも並べ立てたところで、気持ちがなければアンテナが立たない。

アンテナが立たない限り、マニュアル化した配慮しかできず、応用が利かない。

それでは、いつまでたっても「その他大勢」から抜け出せません。

 

 

<実例>現役時代に「奥様のいるお客様」へ私が取った行動

たとえば私が実際にやっていたことだと、仮に私のバースデーだったとしても、数字が危ういときでも、奥様のお誕生日と結婚記念日には絶対に家に帰るように言っていました。

お祝いの品に「この日だけは奥様と過ごしてください」とお手紙を添えて贈ることもありました。

私の時代にLINEはなかった&メールしない派だったので電話の例になりますが、

 

REINA
今日は結婚記念日だね!
ちゃんとまっすぐ家に帰るんだよー!
飲みに出たら許さんぞ~(笑)
おお、よく覚えてるな
嫁とおまえに殺されそうだから今日は帰るよw
お客様
REINA
飲みに出てたら抹殺してやる(笑)
おめでとう、夫婦の時間楽しんでね!
ありがとう
また近いうち顔出すよ
お客様

 

こういう会話があたりまえでした。

この行動の根底には、

私は家庭に恵まれなかったから、お客様には家庭を大切にしていただきたい

という気持ちがありました。

だからご家族のことを知りたかったし、私も一緒に大切にさせていただきたかったし、私自身がその家庭を壊す要因になりたくなかった。

 

 

「何をすべきか」よりも「なぜそうしたいのか」が重要

あなたは、どういう気持ちで「奥様のいるお客様への注意点」を知りたいのか。

ここが一番重要なんです。

私と同じ理由でなくてもいいんです、実際にセッション中のホステスさんたちも私の理由とは異なります。

単純に長くお付き合いしたいと思うだけでも、その人のバックグラウンドごと受け入れて付き合っていく気持ちがないと配慮はできないですよね。

気持ちがあってこそ、初めて情報が「あなたらしく活用」できて「あなたらしい配慮」になるわけです。

まずは、あなたがどういう気持ちで注意点を知りたいのか。

ここをしっかり考えてください。

嫌われたくないとか、変な目で見られたくないとか、そういう理由で気にしているなら、まだまだクソホステスの領域です。

 

 

ホステスを一旦置いて、同じ女性として、一般常識の目でチェックする

その上で、今までのあなたのLINEを奥様の視点で振り返ってみてください。

送る曜日、時間帯は、どうですか?
ご家族と一緒に過ごしているであろうタイミングに、お伺いや営業の連絡をしていませんか?
使っている単語や表現は、疑われたり、不快な思いをさせないよう配慮できていますか?
奥様のこと、ご家族のこと、どれだけ把握できていますか?

ホステスとしてではなく、同じ女性としての目線で見てください。

あなたが気にならないタイプの人なら、周りの嫉妬深い女性の目を借りて、その人ならどう感じるかを想像しましょう。

そして何より、

あなたが一般企業に勤めていたら、よほど親しいお客様であったとしても、同じことをするか

この目を忘れないようにしてください。

私たちの業界はクレイジーで、確かに高級感やステイタスなどを提供する場です。

でも、お相手となるお客様方、奥様は、一般社会で生きています。

 

お店の中でもないのに、クレイジーな水商売の感覚を引きずっていないか。

 

ここが一番の要で、この区別がつかないのが「クソホステス」なわけです。

そういう意味でも、一度自分の一般常識やビジネスマナーがズレていないか、チェックするといいですね。

こういう無料サイトがたくさんありますので、ぜひ活用してください。

 

 

 

シャンパンアイコンこの記事を書いた人

管理人REINA(秋好玲那)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。

Mダックス5匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2ヶ月足らずで9,000km以上走り愛車をぶっ壊す勢いの運転好きです。

 

 

-ホステスの心得
-, , , , , , , ,

Copyright© 元No.1ホステスによる「ホステスの心得」 , 2018 All Rights Reserved.