デジタルな時代でもお手紙営業を続けるには理由がある

デジタルな時代でもお手紙営業を続けるには理由がある
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

物事には歴史があり、理解を深めるにはプロセスが重要!ということで、ホステスがお手紙営業をする理由を慣習から。

現在60歳以上の世代がバリバリと活躍していたころ、それよりももっと前の時代にさかのぼります。会話ネタとして覚えておくのも良いですね^^

ここで言う「お手紙」には年賀状などのはがき類やカード、添状などすべて含まれます。

お手紙の書き方を知りたい方は、こちらを参考にしてくださいね。

昔のホステスは営業手法が限られていた

当時は携帯もパソコンもない時代なので、ホステスの営業手法はかなり限定されていました。

電話営業は自宅または公衆電話から、お客様の会社またはご自宅の固定電話へ。・・・以上(笑)

私がホステスとしてデビューしたころも、まだこの状態でした。携帯電話という存在はすでにありましたが、とにかくお金がかかってしょうがない産物。

  • 売れっ子のお姉さんやママが携帯電話を所有
  • 他のお姉さん達はポケベルがメイン
  • 未成年でお金のない私は公衆電話w

という、誰の目から見ても一目瞭然な格差が存在していました。

この時代でも「文字を送信する」ということは数字以外できなかったので、お手紙は現代のメールやLINEメッセージみたいな存在だったんです。

あなた、この時代にホステスやってなくてよかったですね^^;

お手紙営業で情緒的交流と多面性アピールを図る

昔のホステスさんはとても情緒を重んじる方が多く、言葉遊びも非常に達者で、会話も文章もそれはそれは表現上手でした。

その自分をアピールするにあたってお手紙というツールは大変適していて、存分に効果を発揮したと思います。

もう少し前の世代になると、お客様もあたりまえにお手紙をくださっていたんだとか。私も何度かいただいたことがありますが、やっぱり嬉しかったですね。

お客様が直筆で感謝をつづってくださることももちろん嬉しく、こういう字を書かれるんだ意外だな~なんて考えてる時間は、とても幸せなひとときでした。

コンサルでは、あるホステスさんが初めてお客様からお手紙をいただき、あまりに嬉しくてずっと着物の胸元に入れてお仕事したというエピソードがあります。

こういった情緒的交流はデジタルにはない良さなので、できれば廃れてほしくないなと思います。

現代のホステスがお手紙営業をする理由

私はちょうど、アナログからデジタルの時代へ移行する狭間でホステスをしていたことになります。

なので、上記の慣習的理由からごくごく当然のようにやっていた・・・

と言いたいところですが、実は私自身もお手紙営業を始めたのはホステスデビューして8年も経った24歳から。

途中で携帯電話も持ったし、性格的に合理主義な面もあるので、お手紙なんか非効率でめんどくさい!と思っていたのは私も同じです。

ではなぜ再開するようになったのか?も踏まえて、現代のホステスさんのお手紙営業についてお話ししますね。

ここから先は有料コンテンツです

Zoom心得座学

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

520,945 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧