太いお金を使うお客様のお触りは我慢すべき?

太いお金を使うお客様のお触りは我慢すべき?
ホステスの接客

こんにちは。ホステス専門コンサルタントの秋好玲那です。→目次はこちら^^

新米キャバ嬢です。シャンパンがたくさん降りている席でお触りされたら、我慢するしかないですか?

ボーイさん達もとめなさそうです…団体客で周りの女の子は、キスしたりしていて、まるで私がKYかのようです。

脚を揉まれたりする程度なら、黙っているべきですか?そんな軽い女に思われることが気に食わないです。

ご質問ありがとうございます。ぜひとも、移籍してください。

ただ、どこへ行っても、多少のお触り好きなお客様はいるので、うまくかわす術も身につけないといけませんね。

あなた自身も、耐える以外の選択肢を持てるよう、お勉強が必要です。でも、そのお店は、移籍をおすすめします。

シャンパンをたくさん抜いたらお触りOK?

そもそも、

 

玲那
玲那
シャンパンたくさん抜いたら触っていいって謎でしかないんですけど

って感じなのですが、一応細かく見ていきましょう。

ホステスは太客のお触りを我慢すべき?

ホステスの仕事は、触らせることではありません。

なので、「お触りを我慢すべき!」とは私は絶対に言わないし、私自身がそういう飲み方をする下品な人が大嫌いなので、コンサルでも、

 

玲那
玲那
そんな品のない『動物』は切りなさい
玲那
玲那
切りたくないなら、『人間』にしつけなさい

 

と、嫌悪感&不快感むき出しです。触りたければ、触らせることをサービスとしているお店へ行けばよろしい。

脚を揉まれたりする程度なら黙っているべき?

脚を揉まれるとか、もう「キモチワルイ」の一言に尽きますよね。

 

玲那
玲那
百歩譲って『膝と膝が触れる』ならまだしも『揉まれる』ってナンなの?

 

っていう。ただ、ここに関しては、人によって許容範囲がさまざまなので、自分のものさしで決めたほうがいいですね。

あなたが「受け入れがたい」と思うのであれば、我慢する必要はないです。

でも、お客様が気を害さない程度の断り方やかわし方は、身につけたほうがいいと思います。

周りのホステスはキスしたりしてるけど合わせるべき?

お客様とキス・・・お~~~え~~~~(~Д~)***ウヘェェェ

「こんなのフツウ」とか「玲那さんのお客様が特別なんですよ」とか言われますが、フツウじゃないし、私のお客様は特別でも何でもありません。

コンサル中のホステスさんたちも、お客様とキスなんてしてませんし、そんなお店で働いてません。

てか、こんなのをホステスの「フツウ」にしないでもらいたい!!キスOKのお店に行けーーー!!!

お触りを我慢しろと言われるホステスの問題

お触りを我慢しなければならない環境にいるホステスには、それなりの問題があります。

ここではざっくりと「自分以外の問題」と「自分自身の問題」に分けて考えてみましょう。

黒服(ボーイ)がお触りを見てみぬフリをする問題

基本的に、お触りするお客様を制止する役目はホステスですので、触ったからといって、即座に黒服が割って入ることはありません。

とはいえ、質の良いお店であれば、たとえ太客であっても、ホステスの制止努力にも関わらず目に余るようなら、確実に飛んできます。

明らかにやりすぎている状態を見ても、黒服に止める素振りがないということは、

  • それが日常(それが売りのお店)
  • 女の子よりお客様が大事
  • 黒服に止めるスキルがない

そのお店では、上記が常習化しているということなので、よほどのことがない限り止めてくれません。

よって、お店の改善を待つより移籍したほうが早い、ということになります。

お触りを常習化させるホステスの問題

お触りを常習化させるホステスは、

  1. 擬似恋愛、色恋、枕の区別がつかない
  2. 思考停止している
  3. それ以外に取り得がない

厳しいようですが、大半のホステスはこの状態ですので、簡単に触られるし、簡単に口説かれます。

思考停止しているので、人に言われるがままにしか行動できません。さらに、それ以外に取り得がないとなると、選択肢がなくなる。

触られるのが日常になって、『これが自分の仕事』と認識すると、正当化していくのですよね。

自分と同じように触らせないホステスを批判したり、かと思えば、お触りを求める相手にストレスをぶちまけるという、矛盾したことを繰り返します。

要するに、中途半端な素人なんですよね。結果、お店の質も客質も自分の価値もガンガン下がる悲劇。

簡単にお触りされるホステスの問題

ここが『自分自身の問題』です。質問者様は「そんな軽い女に思われることが気に食わない」とおっしゃっています。

確かにそうでしょう、気持ちは分かります。でも、それを求められるのは、自分自身のスキルのなさが一番の問題です。

 

もちろん『スキルがないから触っていい』とはなりません。ここは、勘違いしてはいけません。

 

ただ、『触る以外に価値がない』と判断される程度の自分を、度外視するわけにはいかないのです。

なぜなら、ここを受け入れて改善していかないと、何も変わらないから。

移籍をしてもきっと触られるし、触られないまでもカンタンに口説かれるし、色恋目的のお客様しかつかめない。

「『ホステスとしての私』は、その程度の価値しかない」という現実を、一旦受け止めましょう。

「カンタンに触れない」「そんなことで関係を壊したくない」と思われるホステスになれるよう、努めなくてはいけません。

まとめ

  • お触りはホステスの仕事ではない
  • お触り常習のお店は移籍すべき
  • 「触られる自分にも問題がある」と捉えて改善を!

コンサルでも、

 

最初はガンガン触られていたけど、今ではそういうお客様が1人もいなくなった

 

というホステスさんが大勢います。移籍した子もいますが、移籍せずとも自分が変わるだけで、環境改善できた子もいます。

相手が変わることを期待して待っていても埒が明かないので、自分が「触られないホステス」になる努力をしたほうが早いし、売上も上がりますよ。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,065,954 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧