5分で学べる!会話に活かせるニュースの見方

5分で学べる!会話に活かせるニュースの見方
OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「ニュースの見方がわからない」
「会話への活かし方がわからない」

あなたも、そんな状態ではないですか?

会話に活かそうと、毎日ニュースをチェックするホステスさんは大勢いますが、

『ただ見るだけ』

にとどまってしまい、うまく活用できずにいるケースが多いようです。そうなる原因はさまざまですが、コンサルをしている中で、

『そもそも、ニュースの見方がわかっていない』

という点が見えてきました。そこで今日は、ニュースの見方と活用法の基本をお話ししますね。

ホステスにおすすめのニュースメディア

まず「どのサイトでニュースを見ればいいか?」という問題がありますよね。

ニュース系は、SNSもアプリもたくさんあるし、どれをどう見たらいいか、かなり迷います。

また、どんな視点でSNSやアプリを探すかによっても、結果は変わってくるでしょう。

たとえば、読みやすさ、ジャンルの豊富さ、オリジナル記事の割合など、さまざまな選択肢があります。

隙間時間を活用したいなら、スマートニュース、今日のニュースをまとめ読みするならNewsBox、というように、アプリの用途も多種多様です。

数々の選択肢がある中で、私がコンサル生さんたちにおすすめしているのは、

  • Yahoo!ニュース
  • Twitter

の両刀使いです。

Yahoo!ニュースとTwitterをすすめる理由

多くのニュース系SNSやアプリは、シンプルにニュースだけを閲覧できる、というものです。

でも、Yahoo!ニュースには、コメント欄がついています。Twitterでは、そのニュースについて、いろんな意見が飛び交います。

そう。ホステスは、「ニュースを知っているだけ」では弱いのです。

いろんな人の意見に触れて、ひとつのニュースに対して、多面的に考えられることが重要。

だからこそ、ニュースに対する意見が飛び交っているSNSがおすすめです。

また、各年代によって、ニュースに対して発言している場が異なります。たとえば、

  • 10~40代・・・Twitter
  • 40~60代・・・Yahoo!ニュース

という傾向があります。

ホステスのターゲットとなる客層を考えると、Twitter・Yahoo!ニュースともにチェックしたほうが、ターゲットに近い意見を吸収できます。

では、具体的な活用法を説明しますね。

※アプリで見ると、表示が異なります。ここからは、ブラウザ表示で解説していますので、ご注意ください。

ニュースの基本的な見方

昔と違って、いまは情報が多く、どのニュースをどう見たらいいのか、混乱しますよね。

多くのホステスさんは、情報精査が苦手なので、情報の波に飲まれがちです。そこで、

  • Yahoo!ニュース
  • Twitter

この2つを見るにあたって、『ホステスとしての基本的なニュースの見方』をまずはお話ししますね。

Yahoo!ニュースの見方

Yahoo!ニュースには、いろんな媒体のニュースが掲載されています。また、ひとつのページを開くと、AIが関連記事を表示してくれます。

そのため、見ているニュースやジャンルが偏ってしまったり、情報の多さで混乱したりしがちです。なので、

▼ トップページ

Yahoo!ニュースは、まずトップページにあるトピックスにザッと目を通します。

よほど気になるニュース、お客様に関連するニュースがない限り、タイトルを斜め読みする程度でOKです。

▼ 速報ページ

次に、速報ページを同じようにザッと目を通します。こちらも、気になる&関連ニュースがない限り、タイトルななめ読みでOKです。

▼ 地域ページ

そして、地域ページもザッと目を通します。地域ページは、

  • 北海道・東北
  • 関東
  • 信越・北陸
  • 東海
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州・沖縄

でタブが分かれているので、

  • 自分の住んでいる地域
  • お客様が住んでいる地域

上記2つの地域のタブを開いて、ザッと目を通して、知っておいたほうがいいニュースをピックアップして読みましょう。

『知っておいたほうがいいニュース』とは、

  • 事件・事故・政治関係
  • お客様の仕事に関連する事柄
  • ほっこり時事ネタ

など、話題になりやすいニュースのことです。

▼ ランキング

最後に、ランキングページを開きます。ランキングページには、

  • アクセス
  • コメント

でランキングされたニュース一覧を見ることができます。その日・その時間に世間が関心を持っているニュースが一目でわかるので、とても便利です。

こちらもタブが分かれていて、

  1. 総合
  2. 国内
  3. 国際
  4. 経済
  5. エンタメ
  6. スポーツ
  7. IT・科学
  8. ライフ
  9. 地域

と、各ジャンルのランキングがわかります。時間があるようなら、全部の項目のタイトルをザッと見て、

  • 気になるニュース
  • お客様に関連するニュース
  • 話題になりそうなニュース

を開いて読むといいでしょう。もし時間がなければ、総合だけでも目を通すようにしてください。

この4つに絞って、ニュースを見るようにしましょう。・・・といっても、これだけでもかなりボリューミーな情報量ですよね。

「こんなに目を通せない!!」と感じるなら、

この3つだけでも、見る習慣をつけましょう。

Twitterの見方

Twitterは、各社がそれぞれ個別にニュースをつぶやきます。また、タイムラインで流れていくので、ひとつひとつをザッと見るだけでも、とても大変です。

とはいえ、Twitterの強みは、『いまこの瞬間に話題になっていること』を知ることができるという点です。そこで、以下の2つを見るようにしましょう。

▼ トレンド

その名のとおり、トレンドにはそのとき話題になっているキーワードやハッシュタグがズラッと並びます。その単語を、ザッと見て、

  • 気になる単語
  • お客様に関連する単語
  • 話題になりそうな単語

をクリックして、ザーッと目を通しておきましょう。

▼ ニュース

次に、ニュースのトレンドをチェックしましょう。単語やハッシュタグだけでなく、話題になっているニュースタイトルも見ることができます。

そのタイトルも含めて、ザッとななめ読みして、

  • 気になる話題
  • お客様に関連する話題
  • 話題になりそうな話題

をチェックしていきましょう。

Twitterは『いまこの瞬間』が重要なSNSなので、情報の入れ替わりが激しいという側面もあります。

更新され続ける情報に流されると、一気に混乱が起きるので、注意しましょう。

Yahoo!ニュースも、Twitterも、

  1. ザッと見る
  2. 気になるものを見る
  3. お客様に関連するものを見る
  4. 話題になりそうなものを見る

この4つを徹底してください。

ニュースの活用法

さて、ここからが本番です。

せっかくニュースを見ても、ただ概要を見て「フウン」で終わっては、まったく意味がありません。なぜなら、ホステスは、

  • 自分の意見を持っていること
  • 多種多様の意見を受け入れられること

が求められるからです。そこで、最低でも、

▼ 自分の意見

ニュースを開いて読んだら、自分なりの意見や感想を考えてください。たとえば、

『キャバ嬢殺害、元客を殺人容疑で逮捕』

というニュースを読んだとします。あなたは、どう思うでしょうか。

「私もこわい目に遭ったらどうしよう」
「どうせ色恋の逆恨みでしょ」
「捕まったんだ、よかった」

などなど、いろんなことを思うのではないでしょうか。もし「フウン」程度だったとしたら、

『なぜその話題に興味がないのか』

を具体的に考えて、言葉で説明できるようになりましょう。

▼ 賛成&肯定派の意見

次に、Yahoo!ニュースやTwitterで、同じ事件に関する『世間の声』をチェックしましょう。賛成&肯定派は、

『キャバ嬢殺害、元客を殺人容疑で逮捕』

というニュースを見て、どんな意見を言っているでしょうか。

「いい加減、自己責任やめろよ。店も、まだ社会経験もそんなにない若い子を働かせてる自覚がなさすぎる。これじゃこわくて働けないよ」

と言っているかもしれません。また、

「この子、こわかっただろうね・・・。まだまだ未来があったのに・・・」

と言っているかもしれません。もちろん、あなたとまったく同じ意見の人もいるかもしれませんよね。

自分の意見と照らし合わせながら、最低でも5つくらいの意見を見てみてください。

▼ 反対&否定派の意見

賛成&肯定派の意見と同時に、反対&否定派の意見も必ずチェックしましょう。

『キャバ嬢殺害、元客を殺人容疑で逮捕』

というニュースを見て、反対&否定派の人たちは、なんと言っているでしょうか。

「どうせ色恋でだましてたんだろ。自業自得、殺される原因つくったのは本人だよ」

と言っているかもしれません。また、

「ラクして儲けようとすると、必ずこういうツケが回ってくる。水商売なんて、ロクな仕事じゃない」

と言っているかもしれません。そこには、あなたと同じ意見の人がいるかもしれせんよね。

最低でも5件くらいの意見をピックアップして、自分の意見と照らし合わせてみましょう。

上記3つの意見を自分の中に落とし込んで、言葉で言えるようにしてください。

 

さて、今日のニュースは、何が話題になっていて、どんな意見が多かったですか?

それがわかれば、あなたの意見が賛成派であれ、反対派であれ、自分がマイノリティかマジョリティかが見えてきます。

マイノリティ=少数派。
マジョリティ=多数派。

どちらが正しい・間違いではないし、どちらにも属さないときだってあります。

大切なことは、あなた自身が『自分の価値観の軸』を育て、その上で『多種多様な意見を取り入れられる』ことです。

これをくり返していると、ひとつのニュースからいろんな話ができるようになります。

たくさんのニュースを、無償で見ることができる時代。

その環境を活かして、多面的に会話ができるホステスになってくださいね。

 

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,908 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧