現役時代はどうやって「本来の自分」と切り替えてたの?

現役時代はどうやって「本来の自分」と切り替えてたの?
OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

記事にあった、

  • 仕事スイッチが切れるとまったくしゃべらない
  • 鬼の人見知り
  • 一滴も飲めない
  • 仕事じゃなかったら世間のほとんどに無関心
  • 協調性ゼロ

ってほんとですか?どうやって切り替えてるんですか?本来の自分と真逆のことをする状態だと思うんですけど、現役のころ辛くなかったですか?

ご質問ありがとうございます。

本当です。売れなかったころはしんどかったですが、仕事ですからね。

理由はどうあれその仕事を選び続けたのも私なので、身体的にどうにもならないこと以外は考え方・捉え方を変え、理解していただく努力もしました。

お付き合いは歩み寄りだから一方的に分かって!だと自分自身が一番しんどいですよね。

どうやって切り替えてるの?

どうやって切り替えているか?と訊かれたら、ちょっと困っちゃう面もあります。

なぜなら「仕事」と思った途端に、スイッチが切り替わるからです。これはもう、長年の習慣ですよ。

たとえば新しいことを始めたとき、まだその習慣が身についてないので、「切り替えろ」と言われてもそうそうできないものです。

これは私も同じで、自分なりのスイッチを見つけるまでは、そこそこに時間がかかります。

ただ、スイッチ作り自体は慣れているので、他の人に比べると早いですね。多くのホステスさんは、

  • スイッチを作れるほど自分を知らない
  • スイッチができる前に心が折れる

この2点なんですよ。自分を知らないので作り方が分からないし、闇雲に取り組むので折れる。スイッチ作りは、自分を知ることからです。

現役のころ辛くなかった?

「本来の自分と真逆のことをする」

こう捉えると、辛いかもしれないですね。でも私からすると、真逆のことなんて何もやってないです(笑)

むしろ今のほうが「真逆のこと」をすることが多いですよ。たとえば、オフモードになるとしゃべらない私の現役時代の会話は、

  • 7~8割はお客様のお話を聴いていた
  • 2~3割はコメントか質問をする程度

だったので、全然苦じゃないです。

でも今は、依存度Maxのホステスさんが相談に来ると、9割話さなくちゃいけなくなります。これはなかなかのしんどさで、蕁麻疹が出ます(笑)

本来の自分とかけ離れたことをやろうとしたり、やらざるを得ない状況になると、辛いですよね。

いかに辛くない範囲で落としどころを見つけられるか?だと思います。

協調性なんか今もないもんね(笑)

ここは少し誤解があると思います。私は協調性も同調性も著しく低いですが、そもそもみんなの言うそれらと価値観が大幅に異なります。

たとえば誰かがお客様に傷付けられて、泣いているとします。

大半のホステスはその子の周りに集まって「大丈夫?」と声をかけて慰めようとしたり、ひどいよねー!と同調したりします。

私はそういうことを一切しないので、真顔でスルーしたりできちゃいます(笑)

でも、その子が実際に「傷付けられている最中」に気付けば、その場で助けますよ。内容によっては、お客様を失うことになってもいい。

単に、私じゃなくてもできるような協調や同調をしないというだけです。早い話、女子特有のノリが私にはできないってことですね(・∀・)エヘ

でもここを変えようと思ったことは、人生でたったの一度もありません(笑)

まとめ

  • スイッチ作りの習慣を持つ
  • 本来の自分と求められることの落としどころを見つける
  • 変えなくていいこともいっぱいある

ホステスという道を選んだなら、自分で道を切り開かなきゃいけない。

特に結果を出したいと思うなら、なおさらです。その道では何かしらのデメリットを取らなければなりません。

たとえば私は一滴もお酒を飲めません。だから「飲まずに結果を出せる手段」を必死に模索して努力しました。

でもその結果が出るまでの間は、いろいろ言われて嫌な思いをしました。

その「目先の嫌な思い」を取るか、目先の嫌な思いに耐えられず「飲む」を取るかの違いですよ。ここで明暗が分かれるんです。

ここで「飲む」を取っちゃう子は、文句を言われない位置まで努力するより、目先のラクを取っちゃう習慣がついてる。

その習慣を変えない限り、自分のやりやすいように仕事をするって、ほぼ不可能ですよ。それを変えるためにはまず「自分を知ること」からです。

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,545 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧