色恋は水商売の基本!ではありません。

色恋は水商売の基本!ではありません。
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ママから「色恋は水商売の基本」
と教わりました。

でも正直苦痛です。

このまえ愛人になれとお客さんに
言われてなんて答えたらいいか
分からなくて困ってたら帰りに
ママに呼ばれて

「愛人になるって
返事しておけばいいじゃないの」

と怒られました。

もうやめたいです。

他のお店に移っても最初は色恋で
がんばるしかないんでしょうか。

ご質問ありがとうございます^^

ぜひとも早く、
そのお店はおやめください。

確かに、若い新人さんはお誘いを受ける
確率がどうしても高くなりますが、
クラブホステスならなおのこと、
色恋営業でがんばる必要はないです。

安易に好条件に飛びつかず、
慎重に移籍先を探してくださいね。

本日はこの
「色恋は水商売の基本なのか?」
テーマにお送り致します (`・ω・´)キリッ

色恋でがんばるしかないの?

実は、
私の元に相談へ来られる方の8割は

  1. 色恋に疲れた
  2. 色恋がストレス(鬱状態になっている)
  3. 色恋をやめたい

この3つがきっかけです。

  • 『稼ぎたい』よりも、まず色恋をやめたい
  • 色恋から抜けて初めて「稼ぎたいか?」を考える余裕が出る

といった状態にあります。

多くのホステスさんが陥る色恋営業の葛藤

誰かに「色恋は水商売の基本」なんて
言われなかったとしても、ホステスと
いう仕事には『色恋』という
キーワードがついてまわりますね。

100人のホステスがいたとしたら、

「色恋問題で一度も悩んだことがない
ホステスなんて、1人いれば
いいほうなんじゃない?」

と思うほど、多くの人が葛藤します。

そして大半のホステスさんは、
色恋なんかしたくない。

仮に「仕事だから」と割り切れる人でも
本心からやりたいわけではない。

日々『色恋』という現実問題と
ストレスにさらされながら、自分の
本心と葛藤しているのが実情です。

最初はみんな色恋でがんばるの?

「最初は色恋でがんばるしかない」

「最初は色恋で引っ張って、
後から関係性を変えればいい」

なんてセリフ、よく聞きますよね。

私と同業の元ホステスコンサルさんにも
こう教える人は多いし、黒服やママにも
多いです。

もちろん例外なく、私も現役時代に
数え切れないほど言われました。

そんな私、声を大にして言います。

 

そんなことないわー!!
(」〃>Д<)」ナイワーナイワーナイワー

 

山びこ風味でお送りしております(笑)

 

「最初は色恋」とか「色恋=水商売の基本」とか言う理由

「最初は色恋」
「色恋=水商売の基本」

と言う理由は、
手っ取り早く結果になるからです。

コンサルとして実績や利益を作るにも、
お店の利益を作るにも、素人をゼロから
腕のあるホステスに育てるより
色恋させたほうが早いんです。

それは、あなたのためではなく、
そう言っている本人のためです。

「色恋=水商売の基本」と言っている
人自身の利益目的でないとしたら、
そう言った本人が色恋以外の方法を
知らないだけです。

それだけです (`・ω・´)キリッ

色恋は水商売の基本なの?

ここからはコンサルでもよく話す
『ホステスとは何ぞや』という点を
お話しします。

色恋=水商売の基本ではありません!

水商売の基本は、色恋ではありません。
断言できます。

 

水商売の基本は、
人間関係です。

 

その中のひとつに『男女』という
人間関係があるに過ぎず、そこを
クローズアップしているだけです。

『水商売の基本が色恋(男女の関係)』
であるなら、なぜクラブに女性も
ご来店になるのですか?

同性愛でも
求めていらっしゃるのですか?

なぜ色恋がサービスのお店に、
奥様やご子息ご息女、
その他親族や部下、大事な取引先まで
お連れになるのですか?

「水商売の基本=色恋」なんて、
バカバカしいにも
ほどがあります(怒`・ω・´)ムキッ

ホステスの仕事は色恋ではありません!

ホステスという言葉は、
どういう意味かご存知ですか?

  • パーティーなどで,主催者側の女主人。接待役の女性。
  • バーやナイトクラブで,客の接待をする女性。女給。

weblio辞書より転載

これが由来です。

ホステス(英: hostess)は、ホスト(英: host)の女性形名詞(-ess)。元来は女主人や(旅館等の)女将(おかみ)の意味。日本では全ての飲食店を通じて男性客をもてなす女性従業員のことを「女給仕」を略して女給と呼んでいたが、1962年11月に東京観光社交業連合会(東観連)が「女給」では人権無視と蔑視感が伴うために「社交員」(ホステス)の呼称で統一するようマスコミへ告知する。当初は「社交員」と呼ばれていたものの東京オリンピック開催に伴い国を挙げての国際化指導もあって1964年にはバー、クラブ、キャバレーの女性従業員のことをホステスと呼ぶことが定着するようになった。

weblio辞書より転載

 

ホステスは、お客様を接待し、
社交のお手伝いをすることが
本来の仕事です。

男性をその気にさせることが
仕事ではありません。

「ホステスは色恋が仕事だろ」とか
言う人、せめて言葉の意味をネット検索
してください(怒`・ω・´)ムキッ

 

色恋営業はビジネス手法のひとつに過ぎません!

とはいえ、現実問題として。

ホステスを口説いて愛人にしたい、
都合よく遊びたい、
純粋に彼女がほしい、
という需要があるのは事実です。

また、擬似恋愛をサービスとする
ジャンルがあることも事実です。

擬似恋愛をサービスとするのは
クラブよりもキャバクラに多く、だから
マンツーマン制で素人さんでも高給を
もらえるシステムになっているのです。

そして、クラブホステスでも色恋を
営業法として使っているホステスさんは
大勢います。

でも、これは『水商売の基本=色恋』
だからではありません。

そのお店・そのホステスさんが

  • 人間関係の中から男女の関係を選んで
  • 色恋を求めているお客様をターゲットにし
  • 色恋営業という手法でビジネスをしている

というだけです。

あくまでも、営業手法のひとつとして
存在するだけです。

よって、『色恋=水商売の基本』という
論争には、断固物申します。

私もセッション中のホステスさんも色恋してません!

事実、現役時代の私は一切、
色恋営業をしていません。

そんな私がコンサルタントを
やっているのだから、当然コンサルを
受けているホステスさんたちも全員、
色恋営業はしていません。

過去に色恋営業をしていた
ホステスさんはいます。

でも、色恋営業していたときよりも、
数字も客層も環境も収入も上がり、
ストレスなく働いています。

それに、将来を見据えたときに、
色恋営業ができたところで
どこに使うんですか?

一生、夜の街で色恋するんですか?

転職した先で、たとえば会社員になって
取引先や部下に応用するんですか?

そのスキル、あなたの人生で
何の役に立つんですか?

恋愛カウンセラーになるとか、
ホステスやキャバ嬢に色恋を教える
コンサルタントになるとかなら
役立つでしょうけども。

長い目で見て役立たないスキルを、
精神病んでまで習得する必要あります?

色恋営業を一切しなかった私からのアドバイス

・・・と私は思うので、
安易に色恋をさせるお店は大嫌いです。

それに、新人時代って、一番いろんな
ことを吸収する時期じゃないですか。

そんな大事なときに、選択肢すらなく
色恋覚えるなんてもったいないです。

そもそも、そんなことするために
この業界に来たわけじゃないでしょ?

だから、私は、

  • 色恋のお店でストレス
  • 「色恋=水商売の基本」と言われた

という相談を受けるときの
答えはひとつです。

 

玲那
玲那
移籍しなさい!!

 

もっといいお店はたくさんあるし、
いいママもいっぱいいます。

わざわざ自分を安売りする必要は
ありません。

それこそ、ホステスは自分自身しか
商品がないのだから。

それこそ、ホステスは自分自身しか
商品がないのだから。

商品はもっと大事にして、
大事にしてくれるお店で
働いてください。

 

「色恋をやめたいけど
どうしたらいいかわからない」

などのお悩みがありましたら、
遠慮なくご相談ください。

丁寧にヒアリングして
真剣に回答します。

⇒ご質問やご相談はこちら

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

282,874 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧