水商売がしたい人にはぜひ考えてみてほしい周囲の気持ち

水商売がしたい人にはぜひ考えてみてほしい周囲の気持ち
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

娘がキャバクラで働きたいと
言っています。

親としては、ネット情報や
ニュースなどを見る限り、
心配でたまらないのです。

でも本人が本当に
やりたいのなら
応援するべきか・・・と
悩みます。

玲那さんは
どうお考えになりますか?

ご質問ありがとうございます^^

お気持ちお察し致します。
いろんな意味で、

『足を踏み入れずに済むのであれば
それが一番』

だと思います。

なぜ働きたいのか、
納得できるまでお話しになっては
いかがでしょうか。

リスクを理解した上でも本気なら、
応援とまではいかずとも
何かあったときに相談できる存在で
いてくださるとありがたいです。

今回は、質問者様のお気持ちを踏まえて
「ホステスに考えてほしいこと」を
書こうと思います。

できれば1度考えて終わりではなく、
ときどき引っ張り出して、そのとき
周りにいる人たちに当てはめて、何度も
考えていただければと思います。

「水商売の世界に入りたい」と言われた真っ当な親の気持ち

私自身はホステスという仕事に誇りを
持っていたし、だからこそ今も
ホステスさんのサポートを
仕事にしています。

が、水商売に入ることを手放しに
推進しているわけではありません。

たまに「両親が反対する、理解がない」
と言うホステスがいますが、
理解がないのではありません。

それが真っ当な感覚ですよ。

あなたのことを信頼しているとしても、
心配なんですよ。

快く送り出してくれたとしたら、
親御さんの懐や理解がよほど深いか、
働いてくれれば何でもいいと
思ってるか、みたいなことです。

そのほうがレアで、
一般的には反対するし、心配しますよ。

なぜ心配かは、この業界に身を
置いている人間なら、よほどの
バカじゃない限りは分かるはずです。

「水商売をしたい・続けたい」と言われる恋人の気持ち

ホステスをやっていると、
お付き合いする相手によっては
仕事を反対されることがありますよね。

私も経験があり、そういう人たちとは
お別れしてきました。

まあ私の場合は
「おまえ浮気するだろ」と疑われるのが
ウザかったからですが(笑)

一番長く続いたパートナーは、なかなか
深い理解を示してくれた人です。

お客様と旅行に出かけるときも、
嫌な顔ひとつせず
送り出してくれました。

でも引退後、彼がどれだけ私を心配して
くれていたかを知りました。

身体を壊すんじゃないか、
危険な目に遭うんじゃないかと
いつも気がかりだったそうです。

「仕事を変えて、
もっとゆっくり働いたらどうか、
と何度も思った」

と言ってました。

理解の深い人でさえそう思うのだから、
大半の人はやっぱり
反対すると思います。

それでも水商売をしたい、続けたいと思うなら

あなたの周りにも、
表現こそ違えどあなたを心配している
人がいるのではないでしょうか。

それでも水商売をしたい、
ホステス業を続けたい、
と思うのであれば。

「理解がない」と批判するのではなく、
まず反対する人の気持ちに立って、
相手の気持ちを理解することから
始めてください。

その上でも貫きたいのであれば、
あなたの人生なので、貫いてください。

ここで「どう説得すればいいか」という
相談をされることがありますが、
私の回答はひとつです。

言葉で説得なんて不可能。
本当に理解を得たければで示せ。

あなたの本気度は、
言葉で何を言おうと伝わりません。

相手があきらめて
応援したくなるくらい、
行動で見せていくしかない。

人の気持ちを動かしたければ、
行動あるのみです。

まとめ

水商売をやっていくに当たっては、

  • 真っ当な親は心配で反対するもの
  • 大半の恋人は心配で反対するもの
  • それでもやりたいなら行動あるのみ

この3つを心得ておくことです。

「イマドキ水商売反対なんてー」

と思う人もいるかもしれないし、
私も恋人に関しては、

「信用できないような女と
付き合うなよ」

とか思っちゃう人間なんですが(笑)

その心配の種を撒き散らしてるのも、
この業界の人間達ですしね。

「触らせろ、
減るもんじゃあるまいし!」

「飲むのが仕事だ!潰れても飲め!」

とか平然と言われるような職場に、
手放しで送り出してくれる人のほうが
よっぽどクレイジーですよ。

心配に決まってます(笑)

それを「理解がない」と一蹴するのは
どうなのかなー?と私は思うわけです。

理解しろっていうほうが
難しいというかw

それを大前提に考えれば、少しは相手の
気持ちも分かると思います。

もし理解してもらえているなら
「理解してくれて当たり前」では
ないので 感謝の気持ちを忘れずに!

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

282,882 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧