水商売は社会のゴミ?ホステスが知っておくべき世間の声

水商売は社会のゴミ?ホステスが知っておくべき世間の声
ホステスの心得|OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

質問箱の匿名性を活用して、こんなものが届きました。

すごいですよね。世間の「まともな人間」とやらは、こういうことを平気でなさるそうです。尊敬しますー(棒読み)。

水商売=社会のゴミのくせに

元ナンバーワン&元ママとして、少々反論させていただきたく存じます。

水商売=ホステス・ホスト・キャバ嬢・風俗嬢に限る

こういうことをおっしゃる方の「水商売」って、ホステス・ホスト・キャバ嬢・風俗嬢に限定されてますよね。ホテルのバーで働く人は論外、もちろん居酒屋や割烹も論外。芸能人も論外。

管理人
玲那
水商売っていう言葉の意味をご存じないんじゃないかしら

と毎回思うんですが、まあそもそも偏見の塊なので、議論してもしょうがない。嫌いなんですね、そういう職業の人間がね。

でもそう言いながらホステスのいるお店へ飲みに行ったり、風俗行ったりしてる人もいて、不思議ですよね。「ゴミ」にお金払ってお相手してもらわないといけないほど、お寂しい人生なんでしょうか。そのほうが気の毒ですね。

「水商売で働く人より無職のほうがマシ」なんですって。

Yahoo!知恵袋にこんな投稿があります。

水商売(風俗・キャバ嬢・ホストetc)やってるようなゴミ共に比べたらまだニートや無職の方がマシじゃね?(笑

あいつらガチのクズだからなー。
暴力団ともつながり深いし脱税も横行してる。

まだ無職のがマシ(笑

すごい偏見か、よほどタチの悪い人種を見てこられたのでしょうね。暴力団と繋がり深いって言い切ってらっしゃいますけど、私も、私の関わってるホステスさんも、誰もまったく関わりございません。

脱税どころか、どれだけ税金払うか!(笑)健康体で働ける状態にもかかわらず、「ゴミ」が払った税金で生活保護受けてらっしゃる方の発言だとしたら、もはやコントですね。

なぜ「水商売=ゴミ」と言われるのか

上記は外部からの偏見に対する主観。ここからは同業として内部を見てみたいと思います。なぜホステスやホスト、キャバ嬢は「ゴミ」と言われるのか。偏見を持っている側だけが悪いのか?という点を掘り下げたいと思います。

同業でも眉をひそめたくなる現実

私自身はホステスだったことを後悔していないし、むしろその職業を選んでよかったと思います。でも同時に、否定できない非常識さを持ち合わせている業界だとも思っています。

一般企業で働いていたら、仮にバイトであっても、そんなこと絶対にしないよね?ということを、夜の街では平然とやる人が大勢います。

同じ業界にいても「本当に同じ業界の子なのかな」と疑いたくなるようなことが日常的に起きています。その光景は、残念ながら同業から見ても「一緒にしてくれるな」と言いたくなるほどです。

ゴミとは思わないけど「クソだな」とは思う言動

実際に私が見聞きする中でも、こういうことが日常的に起こっています。

  • お客様に「金(来店する気)がないなら連絡してくるな」というメッセージを送る
  • お客様とのLINE履歴スクショをツイート
  • お客様が写った写真を許可なくインスタに上げる
  • 彼氏ができた途端に仕事をしなくなる
  • 気分で仕事にムラがあり、露骨に不機嫌さを態度に出す
  • 人の私物を勝手に使ったり、持って帰ったりする(めずらしくない)
  • 事業主なのに「誰も稼ぎ方を教えてくれない」と意味不明なことで悩み続ける
  • 税金も厚生年金も未払い、支払いは遅れがち、最悪は無申告
  • 「何もせずお金が入る方法」を何もせずに求めるくせに、少しでも自分が安く見積もられるとキレる
  • やらなきゃいけないことそっちのけで遊びや男にご執心
  • 仕事もちゃんとできないのにやたらオフタイムを主張

ほんの一部だけ取り上げても、なかなかのクソっぷりを発揮してくれます。

これ全部「まともな人」からすると、かなり理解に苦しむと思いますよ。なのにやってる本人はこれが普通だと思ってるし、ナンなら当然の権利だと思ってますよね。

こういう面だけ見てたら、そりゃあゴミだのクズだの言われてもしょうがないな、と思います、ハイ。

「ホステスだって立派な仕事だ!」と主張したいなら

先述したように、私はホステスであったことを後悔していないし、自分のホステス人生は誇りに思います。

でも、大手を振って自慢できる仕事ではないとも思うし、一般の就職を捨ててこの業界に来ることには手放しに賛同はできません。それでもこの仕事を選ぶなら、偏見で見られる世界だという自覚は必要だと思います。

同時に、そういう目で見られたくないのなら、イメージを払拭できるくらいの姿勢を内部の人間が見せていく必要性がある。

ホステスの言ってることを一般に置き換えてみる

たとえば、ディズニーランドがゴミだらけだったとします。スタッフはゴミを見ても素通りするし、接客もムラがあってよろしくない上、少しでも何か言おうものなら「嫌なら来るな」と言い放つ。

これを改善せずに「客層が悪い」だの「クソ客が多すぎる」だの言って、客側に変わることを求める。ときには「こっちは相手してやってんだよ!」と吠える。彼氏とケンカした日はイライラを全力でまき散らし、仕事をしない。

この構図、あなたはどう思いますか?「あのテーマパークは最悪」「あそこのスタッフは仕事意識が低すぎる」と思ってるお客様が悪いんでしょうか。お客様に変わる義務があるんでしょうか。

違いますよね、イメージを変えたいならディズニーが努力すべきことですよね。でもほとんどのホステスは「客が悪い」って言ってるんですよ、おかしくないですか?

「ホステスだって立派な職業」の裏にある現実

「ホステスだって立派な職業だ」と言ってくださる方も大勢います。でも、その言葉を鵜呑みにして調子に乗るのも、クソホステス。いいですか、よく考えてくださいよ。

その人はきっとそれを本心で言ってくださっている、それは事実です。

でも「じゃああなたの会社で雇ってください」と言われたら、よほどの子じゃない限り、断るはずです。「じゃああなたの息子が結婚相手でホステス連れてきても歓迎するか」と言ったら、それとこれとは別の話になるはずです。

自分の娘がホステスになると言い出したら、手放しに賛成はしないはずです。職業として認めても、その職業の人を受け入れられるか?は別なんですよ。

何をどう吠えてもこれが現実で、その現実を生み出しているのは、その業界にいる人間です。

認めてほしいなら襟元を正せ

人に認められる、ということは、とても大変なことです。人並みにがんばったところで誰も認めてくれないし、人の2倍がんばって初めて目に留まる程度。

ましてやホステスは事業主ですから、自分の事業を運営することに自分ががんばるのはあたりまえの立場です。その事業主が「あの人はすごい」と一目置かれるところを目指すなら、最低でも人の3倍はがんばらないといけません。

それに、人として扱われたいなら自分も人を人として扱うべきじゃないですか?自分の気持ちを考えてくれるお客様がほしいなら、自分も最大限相手の気持ちを考えるべき、じゃないでしょうか。

それでも意図せず傷つけたり、分かり合えずすれ違ったりするのに、感情のままに言いたいこと言ってやりたいことやって、何が「仕事」なんでしょう?

 

ゴミと言われたくないなら

「ホステスだって立派な職業だ」と世間に認めてほしいなら、自分を尊重してほしいなら、まずは自分がゴミと言われないように、自分が誰かを職業や立場で差別しないように、自分が相手を尊重するように。

これが先ではないでしょうか。

同業から見ても「ヘラヘラして酒飲んで高い金もらえていいな」って言いたくなるホステスは山ほどいますよ。偏見で見ている人たちを糾弾したりする前に、自分がそこから脱することを考えたほうが先ではないかと思います。

まとめ

  • 全員が「税金未払い・裏社会と繋がりあり」ではない
  • 「ゴミ」と言われても仕方ない側面が多々あるのは事実
  • 言われたくなかったら業界にいる自分が襟を正すべき

 

ホステスもキャバ嬢もホストも風俗も、偏見で見られる仕事です。どんなに本人がプライドを持って真剣にやっていたとしても、世間の偏見の根強さは簡単には払拭できません。そういう世界を選んだのは、あなた自身です。

でもその人たちに「この子はちょっと違うぞ」と思わせることができたら、あなたの勝ちですよ。同じ土俵に立って叩き合う時間があったら、自分を磨くことに時間を使いましょう。

 

The following two tabs change content below.
ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プライベートではMダックス4匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2020年1月に重度の調節障害発症、スマホ画面はほぼ見えていません(笑)音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)。最近はドラムも叩きつつ歌も再開しました♪

関連記事一覧