お客様の顔を覚えられない

お客様の顔を覚えられない
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

忘れられることほど、寂しいものはないですよね。以前、私もそういう経験をしました。あるお店に久しぶりに顔を出したんですが、すっかり忘れられていました。

まあ確かに、ちょっと久しぶりにも限度があるわ、という感じでした。20年振りでしたからね。

ただその直後に、同じく20年振りの別のバーへ寄ったんです。懐かしいなあと、看板を見ただけで嬉しくなりました。

まだ頑張ってるんだな~と思いつつ、あまり期待せずにドアを開けると、

「おお、玲那!久しぶり!よく来てくれたねー!」

と歓喜の声とともに両手を広げてマスターが迎えてくれました。この違いは、大きいですね。

お席でしっかり顔を見ながら何度も名前を呼ぶ

あなたはお客様の顔、しっかり覚えていますか?もし覚えていないのであれば、今日からすぐに覚えるよう何かしら手を尽くしてください。

初歩的な基本としては、ひたすら顔を見ながら名前を呼ぶこと。何を話すにも「○○さんは~」と名前を呼びながら顔を見る。

顔も思い出せない状況に陥る一番の原因は、顔を見ずに会話をしていたことです。

特に自信がないホステスさんは伏目がちで、会話をすることが多いので、顔を見ている「つもり」で見てない。

  • 覚えるぞ!
  • どこに特徴があるかな?

というアンテナを立てて会話しましょう。

絵が得意なら、いただいた名刺等に似顔絵を描いておくといいですよ。それを頻繁にパラパラめくって眺めるだけで、頭に入ってきます。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,036 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧