あなたのシャンパンはおいしいですか?

あなたのシャンパンはおいしいですか?
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

突然ですが、あなたのシャンパンは、おいしいですか?

「シャンパンなんて、誰が注いでもどこで飲んでも同じだろう」

本当にそうでしょうか。では『シャンパン』を『ホステス』に置き換えて考えると、どうでしょうか。

誰と話しても、どこで飲んでも、同じように『楽しい』でしょうか。

今回は、形のない『ホステス業』を『シャンパン』という形あるものに置き換えた、マーケティングとブランディングのお話です。

商売の基本中の基本

すでにある程度の売上があるホステスさんにとっても、これから数字を作っていくホステスさんにとっても、ここが基本中の基本になります。

「売れるもの」と「売れないもの」の違い

あなたの目の前に、2本のシャンパンがあるとします。このシャンパンは、ランクもボトルデザインのオシャレ度も、知名度も同じです。

1本のシャンパンは、いつもオーダーが入ります。もう1本のシャンパンは、ほとんどオーダーがありません。なぜ一方は売れるのに、一方は売れないのでしょうか。

答えは簡単。そのシャンパンがマズイからです。

商品が良ければ「一定数の顧客」は必ずつく

どんなに販売者のサービスが悪くても、料金が高くても、シャンパンがおいしければ一定数の顧客がつきます。

 

お客様
お客様
製造会社は高慢で偉そうだけど、あのシャンパンはおいしい
お客様
お客様
高いけど、あのシャンパンはおいしい

 

というように。にもかかわらず、オーダーする人がいないということは、100%と言っても過言ではない勢いで、そのシャンパンはマズいんです。

あなたにリピーターがつかない理由

あなたがお金を払う側になったら、マズいものにお金は払わないですよね。同じ条件でもっとおいしいものが手に入るなら、確実にそちらを買うはずです。

これはあたりまえのことですが、とても大事なことです。

最初に「おいしい」と思えなければリピーターにならない

あなたもホステスとしてがんばっているのだから、せっかく来店してくださったお客様が一度きりで終わってしまうのは切ないですよね。

どうせなら2度3度とリピートしてほしいし、良質なお客様であればなおさら常連様・お得意様になっていただきたいですよね。

そのためには、おいしいシャンパン=良質な商品・サービスが絶対に必要です。

初めて飲むシャンパンの一口目がイマイチだったら、わざわざお金を払ってまた飲もうとは思わないですよね。

それと同じで、あなたも「初めまして」の日にイマイチだったらリピートしてもらえないということです。

売れないホステスほど初回で失敗する

売れっ子ホステスはここを重々知っているので、初対面のときに一番気合が入ります。

次の来店を見越して、最低でも100%を見てもらおう!と思うわけです。

でも売れないホステスは、初対面のときに一番オドオドするし、相手任せになりがち。

本人はどういう人か探っているつもり、なんですが、お客様から見れば味の分からないシャンパンを飲まされているようなものです。

だんだん時間が経って味に慣れるか、そのシャンパン(商品)しかないから渋々飲むか、になります。

シャンパン=ホステス自身だから目を背ける

しかもホステスは、この現実から目を背けたがります。だって、シャンパン=自分のことですからね。

本当のシャンパンなら「これマズいですよ」って言えるけど、自分のことは認めたくないですもんね。

でも目を背けたら終わりです。私だって必死にやってる!なんて開き直ったら、もっと終わりです。

もし『マズいシャンパン』が「一生懸命作ってるんだから飲んでくれてもいいじゃないか!」って言っても、飲みたくないですよね。

それと同じで、現実を受け止めて改良していくしかないのです。

『マズいシャンパン』は口コミで広がる

本物のシャンパンがマズかったら、あなたもきっと誰かに「あれはマズい」と話すでしょう。

また、あなたが誰かから聞いたり、ネットで見るかもしれませんよね。ではホステスの場合、どうでしょうか。

『マズいホステス』もどんどん口コミされる

あなたの提供するものが良くない(マズい)にもかかわらず、ノルマや目先のお金に走ってお客様に無理や負担、ストレスをかけた場合、どうなるか。

そのお客様方は、

 

お客様
お客様
クラブ○○の営業はしつこい
お客様
お客様
クラブ○○の××ちゃんはおもしろくもないのに営業が鬱陶しい

 

などの噂を、頼んでもないのに広げてくれます。「あの子のサービス(商品)は良くない」という不名誉な口コミをし始めるのですね。

一方、そういうホステスを好む色恋目的のお客様は、自分が口説きたいので誰かに口コミをしてくれることもありません。

つまり、悪い口コミだけが広まってしまうことになります。しかも、全国区で。

口コミも商品も自分次第で変えられる

どうせ口コミをしてもらうなら、いい噂を広げてもらいたいですよね。そのためには、『おいしいシャンパン=良質な商品・サービス』が大切です。

何なら、広めてほしいと思う口コミになるよう、あなた自身が立ち振る舞いを変えればいい。

いい女だと言われたいなら、あなたの想像する最高のいい女として振る舞えばいい。

仕事がデキると評価されたいなら、あなたもデキる人たちと同じように振る舞えばいい。そうしているうちに、実績も能力もついてきます。

大事なことなのでもう一度書きます。『おいしいシャンパン=良質な商品・サービス』が基本中の基本、です。

あなたのシャンパン(商品・サービス)はおいしい(良質)ですか?定期的に振り返って、確認してみてくださいね。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

490,342 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧