伝えるスキルが高いホステスの共通点

伝えるスキルが高いホステスの話し方共通点
MTCコース

ホステス専門アドバイザーの秋好玲那です。

あなたは
『伝えるスキル』が高いほうですか?

もし高いなら、日常会話ではあまり
苦労していないと思います。

もしあなたの『伝えるスキル』が低いなら、
以下に当てはまるのではないでしょうか。

  • そんなつもりで言ったわけじゃないのに・・・と思うことが多い
  • いつも違う形で伝わってしまう
  • 分かりやすく話そうとすると長くなる

あなたがもし上記に当てはまるなら
売れっ子ホステスたちの『伝えるスキル』を
ぜひ身につけてください。

売れっ子ホステスの伝えるスキル

売れっ子ホステスに共通する
『伝えるスキル』は主に以下の3つです。

  • 結論から話す
  • 簡潔に話す
  • 分かりやすく話す

何に気を付ければいいのか、
何をすればいいのか、しなければいいのか、
具体的に見ていきましょう。

結論から話す

売れっ子ホステスは結論から話す習慣が
身についています。

なぜなら、忙しいから。
ダラダラ話している時間がないのです。

そのため、自分も手っ取り早く話したいし、
相手も時間がない前提で話を進めます。

  • これから何を話すのか(目的)
  • 何をしてほしいのか(ゴール)

という結論から話し始めるのですね。
そうすることで聞く側は、

  • これから聞く話の概要が分かる
  • 自分が何をすればいいのかが分かる
  • ゴールに必要な要点を拾える

といったメリットが得られるので
話が早く進みます。

簡潔に話す

売れっ子ホステスの話はとても簡潔です。
話す順番もきれいにまとまっています。

たとえば相談の場だと、
以下のような流れで無駄なく話します。

  1. 結論&目的(何の話で何をしてほしいかを伝える)
  2. いつ
  3. どこで
  4. 誰が
  5. 何をして
  6. どうなった(どうした)
  7. 質問(再度何をしてほしいかを伝える)

どんなに込み入った話でも
この流れにそって話せば5分で終わります。こうすることで聞く側は、

  • すぐに求められることを実行できる
  • 不足した点をすぐに尋ねられる

といった行動に移りやすいので
トータル10分あれば相談が終わります。

分かりやすく話す

売れっ子ホステスの話は、
とにかくとても分かりやすいです。

上記に挙げた
『結論から話す』『簡潔に話す』という
理由ももちろんありますが、

  • 内々以外に専門用語を使わない
  • 専門用語を使うときは必ず説明する
  • 子どもにも分かるように話す
  • たとえ話が多い

この4つをナチュラルに
会話の中で使いこなすからです。

たとえば
オーソドックスな『担当』という言葉も
お店や地域が変われば呼び方が変わります。

係、口座、本指名、自客、顧客、などなど。

これを5歳児に「私の口座が~」と話しても
5歳児は分かりませんよね。

なので、少なくとも最初に必ず、

ホステス
ホステス
私のお店では自分のお客様を
「口座」って呼ぶんです。

といった前置きをして、
言葉の意味を相手にも共有してもらいます。

伝えるスキルに違いが出る理由

伝えるスキルに違いが出る理由は、
ひとつです。

誰の視点で話そうとしているのか。

伝えるスキルが低い人は、
常に自分視点で話をします。

言い換えるなら、話したいように話す。

伝えるスキルが高い人は、
常に相手視点で話をします。

  • どういう順番で話せば相手が受け取りやすいか
  • どれくらい言葉を省いたら(足したら)相手に伝わるか
  • どれくらい簡単にすれば相手が理解できるか
  • ちゃんと理解できているか
  • ちゃんと話についてこれているか

などを常に考えながら話をします。

あなたがもし『伝えるスキルが低い』のなら
あなたは自分が話したいように話している、

ということです。

『伝えるスキル』の違いを検証

では伝えるスキルを検証してみましょう。
これは私が実際に経験した事例です。

ある女性がお客様から大量の菓子折りを
いただいて私に勧めてくださいました。

伝えるスキルが高いと、
以下のような言い方になります。

ホステス
ホステス
玲那さん、
お煎餅好きですか?
良かったら
召し上がりません?
お客様から
いただいたんですけど
1人では食べきれなくて。

伝えるスキルが低いと、
以下のような言い方になります。

一昨日来たお客様が
お歳暮のお返しにって
お煎餅くれたんですよ。
それがすごい量で、
食べきれなくて。
見てください、
すごくないですか?
お店でどうぞって言われて
みんなにも配ったんですけど
全然減らなくて。
玲那さん食べません?
お煎餅好きですか?
ホステス
ホステス

というように、
伝えるスキルが低いと
情報量が増える傾向にあります。

言いたいことは同じなのに、この違い。
文字面で見るととても分かりやすいですね。

まとめ

  • 結論から話す
  • 簡潔に話す
  • 分かりやすく話す

 

この中で一番最初に取り組みやすいのは
『結論から話す』です。

  • 今から何について話すのか?
  • 相手に何をしてほしいのか?

まずはこの2つを
明確にすることから始めましょう。

トークチェックをしてほしい方は、
以下からお電話くださいね。

 

>>>サイトの目次へ移動する

ホステスの心得

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,901 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧