お客様が嫌うホステスの最悪な営業

お客様が嫌うホステスの最悪な営業
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

お客様から「営業(連絡)してくるな」「どうせ営業だろ」「営業ご苦労さん」と言われる。

または、営業しても全然結果にならない、スルーされ続けた挙句にブロックされる。

新人ホステスならまだしも、1年以上本職でやっているホステスがこの状況というのは、ちょっと困りものですね。

もし、あなたが少しでも当てはまるなら、根本的な考え方を変える必要があります。

お客様がホステスの営業を嫌がる理由

ホステスに限らず、人はだれしも『売り込まれること』に拒絶心が湧きます。なぜなら、『営業=「搾取される」』と感じるからです。

営業トークに付き合う時間、断る労力、必要ないものを売り込まれるストレス、そして、断れないほどしつこく売り込まれたときに発生するお金。

それ以外にも、さまざまなものを搾り取られると危機を感じるため、営業されることを嫌います。

おそらく、ここまではだれもが分かっていることですよね。はい、ここから先が問題なんです。

売れないホステスのダメ営業1:自分のことばかり

売れないホステスは全員、自分のことしか考えていません。

伝わらない人のためにあえて言い方を変えると、売れないホステスは全員『自分のため』にしか動かない=他人のためには動かない。

これはもう、断固として言い切れますし、1ミクロンも譲る気はありません。

コンサルでも、なかなか結果にならない子や、売上の波が激しい子は全員、ここに当てはまります。

実際、ここに当てはまるホステスさんの相談を極端に表現すると、こんな感じ↓

 

どうしたらこの人がまた来店してくれますかね?
私は何て言えば場を収められたんですかね?

 

売れっ子ホステスは、こんな感じ↓

 

このお客様のために私にできることって何かあるでしょうか
どう言えばお客様の気持ちを和ませることができたでしょうか

 

この時点でもう『売れないホステス』の完敗です。

売れないホステスのダメ営業2:下心がバレバレ

良客と呼ばれるお客様は、売れないホステスの何倍もの経験と実績を持ち、人を見る目を培っています。

そんな人をどれだけ褒め称えようと、「どれだけ感謝!」とか言ってようと、

 

お客様
お客様
おまえが興味あるのはオレじゃなくて、オレの財布だろ?
お客様
お客様
知りたいのはオレが自分を気に入ってくれるか、次いつ来店するか、自分を担当に(指名)してくれるか、どれだけ飲みに来てくれるか、どれだけお金を使ってくれるか、口説いたりしないか、同伴してくれるか、とかだろー?
お客様
お客様
本当はオレ自身がどういう人間かなんて興味ないだろ?

 

って、売れないホステスの下心は全部、丸バレです。

本人は気づいてないみたいですが、会ったことない私でさえ、メールを開いた瞬間に即バレするほど、『自分のことしか考えてません!』オーラがにじみ出てます。

売れないホステスのダメ営業3:信用がないのにしつこい

自分のことしか考えてない人は、お客様に信用されてないんです。これ、営業活動の中で起きるのではなく、初対面のときにジャッジされてるんですよ。

接客の時点で『俺のことを考えてくれるとは思えない』と判断されているのです。だって、

  • 私が何を話すか
  • 私が嫌われないか
  • 私が何を言えばいいか
  • 私と共通する話題は何か
  • 私が連絡先をいつ聞くか
  • 私と同伴してくれるか

・・・って、自分のことばっかり考えて接客してますからね。

そこに自分勝手な連絡が来たり、『来店以外にあなたに興味ないから書くことなくて困ってます』オーラ満載のLINEが届いたり、不勉強すぎるお手紙が届いたりする。

嫌がるに決まってます。

実際にあったクソホステスの最悪な営業

いろんな営業法を見てきましたが、今まででマックスに引いたのは、病み営業。

芸能界の闇営業のほうがまだマシなんじゃないか?と思うくらい、引きました。具体的に書くと、こんなLINEを送りつけます。

  • もう死にたい
  • ○○さんが返事くれないから死のうかなって思ってた
  • やっぱり私なんか生きてても価値ないよね
  • 私なんかに会いたいって思う人なんかいないよね

こういうのが昼間お仕事してる最中に、超~長文で届くか、細切れに何通も何通も届くんです。怖すぎるやろΣ(-∀-;)

まあ、ある意味では非現実ではあるし、ごく一部に需要はあるんでしょうけどね。

これを意図してやってるのも様子がおかしいですが、大抵は素面でやってます。こういう方はコンサルより精神科受診を強くお勧めしておきます。

まとめ

  • 自分のことしか考えてないから
  • 自分の利益にしか興味がないから
  • 信用がないから

これが最大の原因です。ここまで読んでもなお、

 

じゃあ連絡先教えなければいいじゃん!

 

なんて思ってる人は、マジでヤバイです。

 

信用できない相手に連絡先を教えるほうが悪い
教えなければ私だって営業しないし!

 

なんて考えてる時点で、もうこの記事にずばり当てはまっているのですよ。

「私は悪くない、相手が悪い!」って思想に直結する時点で、自分のことしか考えてないでしょ?

仮に相手が悪いにしても、相手を変えることなんかできないんです。何かを変えたいなら、自分が変わるほうが早い。

まずは『自分のため』から『お客様のため』に考えをシフトしましょう。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,532 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧