売れっ子ホステスのリアルなお財布事情

売れっ子ホステスのリアルなお財布事情
心得座学

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

この業界にいる人なら
誰でも実感していると思いますが、
水商売って、
思ったほど稼げる世界ではないですよね。

出費も太いし、
お店以外でも時間を取られるし、
ストレスも大きい。

受け取る対価と見合わない!
と感じている人がほとんどだと思います。

でも、業界を知っているあなたの目にも、
売れっ子ホステスは
稼いでるように見えるはずです。

報酬が太ければ経費だって尋常ではないし
プライベートな時間はほとんどないし、
売れないホステス以上の
ストレスがありますが、
そんなところには目も向けていないはず。

報酬額だけ見て
「すごい」「私もそれだけ稼ぎたい」
って思ってるはず。

「そんなに稼いでどうするの?」
って聞く人も同じですよ。

現実を知らず
報酬額だけで見てるから言えることで、
現実を知ってる人達は
「そんなに稼げる仕事じゃないよね」
って分かってるから聞かないのです。

 

売れっ子ホステスのリアルなお財布事情-エグい経費

どれくらい経費がかかるか?
は、稼いでる金額による。

・・・というよりは、
働いているお店や本人の営業方針、
顧客数によって変わります。

それでも売れっ子ホステスの経費は
ハッキリ言って、エグいです(笑)

たとえば
私の現役時代を今に置き換えて考えると、
年賀状を買うだけでも
40万円くらいかかります。

年間の贈物経費を
最低限でざっくり見積もると、
お歳暮お中元で約400万、
バレンタインに100万、お誕生日に500万、
計1,000万は軽く出ていきますね。

そこに年賀状・暑中見舞、
衣装にヘアセット、移動費や交際費など
細かい出費が諸々加算されて
大体2,000~2,500万くらいが
年単位の最低経費でしょうか。

それでも年間3,500~4,000万円は
自由に使える状態なので、
利益率70~80%、超優良運営です。

贈物ばらまき系の営業をする人たちや
入ってきたら入ってきただけ使う人などは
利益率が30%以下になっている上に、
利益=生活費になってしまっているので、
稼いでも手元にお金が残ってないですね。

 

まとめ

  • 個人事業主の年収は額面では分からない(経費込みだから)
  • 稼いでいるように見えても実は火の車!というホステスも多い

 

ホステスっていろんなものを
経費として税務申告できますよね。

下手すると税務申告してない人も
多い業界ですよね(笑)

そのため、実際の経費って
ほとんどのホステスが
把握できてないんですよ。

たとえば10万円の靴を買っても、
それが仕事用かプライベート用か?
っていう線引きも難しいじゃないですか。

経費といえば経費だし、っていう。

そうやって物が増えていったり、
豪華な見た目になったりするので、
一見「稼いでる風味」なんですよね。

だから、実際に稼げているかどうか?は、
お金の動きを聞かない限りは
本当に分からないんですよ。

あなたも「稼ぎたい!」と思うなら、
入ってくるお金に着目する以上に、
出て行くお金をチェックすることです。

利益率が悪いなら、
それは稼げてないってことなので!

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

 

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,899 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧