この子は売れる!9歳の子に見る「売れるホステス」の要素

この子は売れる!9歳の子に見る「売れるホステス」の要素
OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「この子は売れる!!」

ファーストコンタクトでそう確信を持ったのは、たったの1人です。もちろん、話していくうちに、

 

あ、この子はここを伸ばすと売れるな
玲那
玲那
売り方とターゲット次第でいけるな
玲那
玲那
〇ヶ月くらい経ったら〇〇円くらい稼げるようになるな
玲那
玲那

 

と感じることはいくらでもあるのですが、直感的に「おおお!この子は跳ねるぞ!」と興奮するほどの逸材は、なかなかいないものです。

ところが、今回、ひょんなことから「おおお!」第二弾がきました。しかも、一度も会ったことないどころか、話したことすらない。

でも、「この子は売れる!!」と思った逸材。

 

売れるってこういうことよ!ビジネスの根底はここじゃないと絶対にダメなのよ!!

 

と、鼻息荒く叫びました。「ぜひホステスへ!!」と。残念ながら、まだ子どもなんですけど(笑)

いつも仲良くしていただいているおともだち、田中みおさんの娘ちゃんが9歳だったころのエピソードを、元No.1ホステス目線からほじくり返します。

以下、「娘ちゃん」と呼びます。

9歳児に見る「売れるホステスの要素」とは

娘ちゃんは、担任の先生が大好きでした。学年替わりのとき、「担任が変わるかも」と聞いて、娘ちゃんはある行動に出ます。その出来事を箇条書きすると、

  1. 大好きな先生から「やってもやらなくてもいいよ」という形で宿題が出た
  2. 大半の子がやらなかった中、娘ちゃんは「チャンスだ」と思った
  3. 先生が三重県の出身と聞いていたので、必死に三重県のことを調べて
  4. いろんな情報を書いて、三重県の地図まで書いて「先生のおうちはどこですか?」と添えた
  5. 絶対に読んでほしかったので、一番最後までそのノートを出さなかった
  6. その結果、先生から唯一自分だけがたくさんお返事をもらえた

どうですか、これ。売れる要素てんこ盛りですよ、フルコースです。その売れる要素を具体的に書くと、

▼ やらなくていいことをあえてやる

「やってもやらなくてもいいよ」と言われると、大半の人は「やらない」という選択を取ります。

なぜなら、「やらなくてもいいこと」をやるのは、とても面倒だからです。

娘ちゃんのクラスの子たちも、例外なくほとんどの子たちが「やらない選択」を取りました。

この真逆の行動を取れるのは、売れる要素のひとつです。売れるホステスは、

  • やらなくていいと言われたから
  • ほとんどの人がやってないから

といった受け身姿勢で「やらない選択」などしません。

▼ チャンスを見逃さない

売れるホステスは、常に「自分がどう動けば相手の目に留まるか」を考えています。

今回のケースでいえば、みんなが「やらない」という選択をするということは、真逆の行動を取れば、確実に先生の目に留まります。

つまり、自分をアピールし、自分の気持ちを伝えるチャンスです。

売れないホステスは、人目が気になって仕方ないので、とにかく自分が目立たないように、周りと調和するように、消去法の選択をします。

しかし、売れるホステスは、自分がどうすれば目立つか、どうしたら一目置かれるかを考え、能動的に動きます。

そのため、チャンスを見落としません。

▼ 常に相手軸

売れるホステスは、常に「相手軸」です。相手軸とは、YOUメッセージとも呼ばれ、常に主語が相手であることを意味しています。

今回の娘ちゃんのケースでも、

  • 先生が三重県の出身と聞いていた
  • 先生の出身地のことを調べた
  • 先生の出身地の情報を書いた
  • 先生の出身地の地図を書いた
  • 「先生のおうちはどこですか?」と尋ねた

すべて、「先生」が主語です。これは、本当に素晴らしい姿勢ですね。

▼ 目に留まる戦略

売れるホステスは、常に「どうしたらお客様の目に留まるか」を意識しています。

何も考えずに動いたりすることもなければ、考えすぎて動けないということもありません。また、周りの動きを見て、同じ行動を取ることもありません。

周りをよく観察し、目を引きたい相手がどう動くかを分析し、その中で自分がどう動けば目立つかを考えて動くのです。

今回の娘ちゃんのケースでも、「絶対に読んでほしい」という『得たい結果』がありました。その結果を手にするために、

  • クラスメイトがどういう流れでノートを提出するか
  • 先生がどういう心理でこうどうするか

を考えて『一番最後に出せば必ず読まれるはずだ』と考えたわけです。

クラスメイトの多くは、特に何も考えずに宿題を提出するでしょう。せいぜい、褒められたい子が真っ先に提出するくらい。

高い確率で『一番最後に出してやろう』なんて考えている人はいないはずです。

また、先生も、最初に出されたノートを見るときは、『これから膨大な量を見なければならない』という心理が無意識に働いて、少し控えめに始めるでしょう。

半分くらい読み終わったころは、中だるみで集中力が切れ、印象に残らない可能性があります。

でも、一番最後なら「これで終わりだ」と心に余裕ができて、ゆっくり読める可能性大です。また、

  • 人は、最後に見たものが記憶に残りやすい
  • 人は、最後に見たものに反応しやすい

と、心理学的にも証明されているのです。

娘ちゃんには、そんな心理学の知識などなかったはずですが、これを戦略立てて行動できたのは、本当に「あっぱれ!」としか言いようがありません。

そして、売れるホステスも同様に、心理学など知らなくても、こういった『相手の動きを先読みした行動』を抵抗なく選択できる子が売れていくのです。

上記の4つです。9歳にしてこの思考力と行動力、すばらしいとしか言いようがありません。ここにスキルとノウハウが培われれば、確実に売れます。

売れないホステスと9歳児の致命的な違い

今回の娘ちゃんが取った行動の根底は、

「とにかく先生が大好きで、とにかく大好きな先生に喜んでほしかった」

この一心なんですよね。大好きな先生のために一生懸命調べて、一生懸命書いた、それだけなんです。

そこに「気に入ってもらうためには」とか「変な目で見られないかな」などの邪心はない。

でも、『豆腐メンタルのホステスさんに捧げる『昔の私』からの忠告』にも書いたように、売れないホステスって、

『目の前の人より、自分のことが優先』

ですよね。目の前の人がどんなことを喜ぶかより、自分がどう見られるかが先。

目の前の人に対して『自分が何ができるか』より『目の前の人が自分に優しくしてくれるか』が、気になる。

そういう状態だから、この記事にも書いたように、努力が空回りするのですよね。本当にもったいないな、と思います。

先生の気持ち=お客様の気持ち

娘ちゃんからノートを受け取った先生は、

  • 自分の出身地を覚えてくれていた
  • 興味を持ってくれた
  • たくさん調べてくれた
  • 調べたことを一生懸命書いてきてくれた

と、さぞ嬉しかったと思います。

先生に読んでほしい一心で書いた娘ちゃんは、きっと夜遅くまでがんばったでしょう。

その思いとがんばりを実感できるノートを見て、心動かされたはずです。だからこそ、先生は娘ちゃんだけに返事を書いたんですよね。

このように、行動の根底にある『気持ち』は、相手を動かす上でとても重要なのです。お客様も同様。

相手が人である以上、気持ちのないことをスキルやノウハウでどうにかしようなんて、本末転倒だと思いませんか?

売れるホステスとは

売れないホステスの大半は、

 

どうしたらいいか分からない
ホステス
ホステス
だれも教えてくれない
ホステス
ホステス

 

と、放置するはずです。この受身の姿勢では、どんなにがんばっても売れません。

どうしたら、得たい結果を得られるか。

これを徹底的に考えられるホステスが、売れていくのです。

もちろん、その答えがわからないこともたくさんあります。正解が見えないことも、数えきれないほどあります。

でも「わからない」のまま、そこで立ち止まらない。

試行錯誤し、わからないことは人に尋ねてでも、前に進もうとするホステスだけが『がんばれば売れる』のです。

色恋せずに「売れるホステス」になるための必須要素

色恋せずに、人としてお客様と付き合える「売れっ子ホステス」になる。その要素を娘ちゃんの行動から抜粋すると、

  1. 純粋に誰かを思って行動できる
  2. そのために努力を惜しまない
  3. 努力を効果的&的確に伝えられるよう頭を使える
  4. いい意味で計算できる策士要素がある
  5. 土壇場での客観性と冷静さと判断力
  6. 最後までやり遂げるメンタリティ
  7. ムダのない行動
  8. 降ってきたチャンスを掴める高いアンテナ

ということになります。もう、何も言うことないです。『タイプ別の簡易ブランディング法』でご紹介した『参謀タイプのホステス』になれます。

これに、

  • マナー
  • 教養
  • 自己プロデュース力(外見含む)
  • トーク力
  • サポート力

が培われたら、確実に売れっ子になれますね。

ホステスが売れない原因の99%は自分自身

大半のホステスって、単に数字ほしいだけで、本気で楽しんでほしいなんて微塵も思ってないか、日常に振り回されてすっかり忘れ去ってますよね。

本気で思っていたら、

 

ホステス
ホステス
連絡しても返事ないから、もういいかなと思って切りました

 

なんて、平然と言わないし、そんなことしません。本気で思ってたら、

 

ホステス
ホステス
楽しませられなかったんだな、力不足だったな

 

と思いますよ。少なくとも「次に出会うお客様にはもっとこうしよう」って具体的に考えて実践します。そんなこともせず、

 

ホステス
ホステス
誰も教えてくれない
何話せばいいか分からない
ホステス
ホステス
ホステス
ホステス
優しい(ノリがいい)人じゃないと話が続かない
返事がないと傷つく
ホステス
ホステス

 

とグズグズ言いながら、何も言わないお客様の優しさにあぐらをかいて、何年も高額を受け取っている。

9歳児が無償でできることを、大のオトナで、まかりなりにもプロとしてお金を取ってる人間が、言い訳ばかりで努力しない。

それが、過去の私を含めた『売れないホステス』の実態です。売れないのは、自分のせいです。

 

ホステスとして結果を出すには、思考力と行動力が重要です。そして、思考力と行動力は、いつからでも身につけられます。

あなたがもしも思考停止している受身族なら、今回ご紹介した9歳の娘ちゃんから、何かひとつでも学びえてください。

もしわずかでも感じるものがあったなら、『私がホステスとして売れた4つの理由』も合わせて読んでみてくださいね。

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

388,051 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧