可愛いねと連呼するお客様にイライラする、どう関わればいい?

2019年3月17日

可愛いねと連呼するお客様にイライラする、どう関わればいい?

© ホステスの心得

こんにちは。
ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。

目次はこちら

本日のテーマはこちら↓

事あるごとに可愛いね、可愛いね、と言ってくるお客様がみえます。バカにされてるのが分かるのと、何を話題にしても、また可愛いね、に戻ってしまうので、正直イライラします。どのように関わっていけばいいのでしょうか。

ご質問ありがとうございます^^
回答はこちら↓

「そういう人」と割り切って真に受けないように。本当にバカにしてるのか、本当は褒めてるつもりなのかはさておき、そういう人なんです。それはその人の問題ですが、『自分の思い通りに会話が進まないことにストレス』というのはあなたの問題なので、こういう人もいるんだなと受け入れましょう。

 

「可愛いね」と連呼するお客様を考える前に「自分」について考える

本当にバカにしているのか、
本当に褒めているのかは、
質問からはまったく分かりません。

『何を言うか』は相手の問題、
『どう感じるか』は自分の問題。

質問から分かることは、

  • 思い通りに進まない会話にイライラする
  • バカにされたと感じる

といった感情を決めているのは
質問者様自身、ということです。

何かに対峙したとき人は、
私はこう感じるぞ!
と自分で決めているわけです。

仮に、本当にバカにされていたとしても、
イライラしない人だっているわけですよ。

そういった
「同じことを経験しても
自分とは感じ方が異なる人」
と何が違うのかを見てみるといいですね。

これは質問者様自身でできることですし、
そこで新たな視点を取り入れられたら
イライラも軽減されるようになります。

REINA
ちなみに私はイライラしません(笑)

 

まとめ

  • 「可愛いね」を連呼するのは相手の問題
  • それをどう感じるか?は自分の問題
  • 真に受けずストレスに感じない考え方を取り入れていくこと

 

小手先の回答をするならば、

「ありがとー^^」
「○○さんも素敵よー^^」

って定型のように
返してあげればいいですよ(笑)

関係性や言い方、
キャラや相手の心境などによっては
怒らせる可能性も大ですけどね。

「何て言えばいいですか」
っていう低レベルの回答をすれば、
こんなレベルの回答になりますね。

でも質問者様は
「どう関わればいいか」という質問なので
まずは境界線を引くことをお勧めします。

何が誰の問題で、何が自分の問題なのか。

ここが明確になれば、
余計なストレスを抱えずに済むことが
たくさんありますから。

考えるべきポイントがぼやけていると、
相手に腹が立って
無駄にイライラしますのでね。

まずは問題を切り分ける習慣を
取り入れてください。

 

ではでは、
今夜も明るい笑顔とあたたかい心で、
お客様を迎えてくださいね^^

☆無料☆
LINE Add Friend
LINE@メルマガ配信中♪

お友達追加はこちら♪

☆無料☆
匿名で聞けちゃう!REINA@ホステス専門アドバイザーさんの質問箱です | Peing -質問箱-
完全匿名&アカウント不要&無料で使える質問箱はこちら♪

基本、100文字前後で回答します。 (長文返信できるけど読みづらくて仕方ないので) 詳細はサイトにて ...

質問してみる!

 

難しく考えなくても「自動的に会話がはじまる仕組み」を活用しよう

MTCコース

難しく考えなくても「自動的に会話がはじまる仕組み」を活用しよう

THE・ホステスの会話。

見てみる?

太いお金を使うお客様のお触りは我慢すべき?

ホステスの心得座学

太いお金を使うお客様のお触りは我慢すべき?

厳しいようですが、大半のホステスはこの状態ですので、簡単に触られるし簡単に口説かれます。

見てみる?

会話でカテゴライズを使うメリットとデメリット

ホステスの心得|OPEN

会話でカテゴライズを使うメリットとデメリット

何気なく使ってますよね。

見てみる?

背中合わせのカップル

売れっ子ホステスの心得

お詫びの言葉、きちんと使い分けられていますか?

本日は、めいさんのご相談を取り上げてみました。お店の手違いで予約が取れていなくて、しかも満席で...

見てみる?

コミュニケーションと会話スキルと対人スキルの違い

MTCコース

コミュニケーションスキルと会話スキルと対人スキルの違い

多くの人が勘違い。

見てみる?

ホステスの心得座学

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プライベートではMダックス4匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2020年1月に重度の調節障害発症、スマホ画面はほぼ見えていません(笑)音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)。最近はドラムも叩きつつ歌も再開しました♪

-ホステスの心得|OPEN
-, , , , ,

Copyright© ホステスの心得 , 2020 All Rights Reserved.