「ホステスが稼ぐ」ってどういうこと?

「ホステスが稼ぐ」ってどういうこと?
売れるホステスのつくり方

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

受け取る側からすると
お給料日は嬉しいものです。でも、

  • 「お金をもらう」感覚のホステス
  • 「お金を稼ぐ」感覚のホステス

この違いは結果に差が生じてきます。

「えっ?お給料だから
『もらう』んじゃないの?」

こんなふうに思っているとしたら、
あなたはホステスとして稼ぐことは
むずかしいでしょう。

なぜなら、
ホステスは個人事業主だからです。

・・・と言っている私も昔は
『お金をもらう感覚』でした。

仕事を教えてくれた師匠、
そしてお客様方から、

「売れたければ『稼ぐ側』に行け」

と言われ、「実績のある人はお金に
対する感覚がそもそも違うのだ」と
気付いたのです。

本記事では、

『「稼ぐ」とはどういうことなのか』

について、
具体的な数字を交えてお話しします。

ホステス業って想像以上に稼げないでしょ?(笑)

あなたもお気づきと思いますが、
ホステスって、外野が想像するほど
儲かる仕事ではありません。

個人事業主なので、経費を全部自分で
負担しなければならないから。

銀座ホステスさんで、働いているお店が
「座って3万」クラスだと、
ゼロヘルプなら
平均月収60万弱くらい。

ここから移動費、美容室、衣装、
コスメ類、交際費等々出て行くので、
生活費として使えるのは20万くらい。

家賃を考えると、自由になるお金は
5万もないくらいでしょうか。

売れないホステスほどがんばると貧乏になる!?

事業主である以上、使った経費は
回収しなければなりません。

にもかかわらず、売れないホステスは、
自分の不安を解消するために、
高額商品をプレゼントしたりする。

「みんなそうしてるから」という
ワケの分からない理由で、回収見込みの
ない経費をガンガン使うのです。

おそろしい!!( ̄◇ ̄;)

コンサルでも、

「売れたいなら、
お金の使い方を考えなさい」

と、かなりキツく言います。

『お金の使い方と売上は直結するもの』
という点を、まず自覚しましょう。

「経営者目線で仕事をする」ってこういうことです

では、実際に「経営」という目で
お金を見てみます。

ここからはしばらく、
あなたの実際の収入は度外視して、
割合でお話しします。

「そんなの生活が成り立たない!」
と思うでしょうが、ご心配なく。

あくまでも【理論】と思ってください。

そのあとに、
実益で現実的なお話をしますので^^

ここから先は有料コンテンツです

ホステスの心得座学

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

304,135 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧