約束を守らないホステスは売れない(色恋以外では)

約束を守らないホステスは売れない(色恋以外では)
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「ルーズで、非常識な人が多い」

これが、水商売に対する世間の声です。

ルーズとは、だらしがない、規律を守れない、ずぼら、などの意味があります。非常識とは、人としてあるべき道から外れていること。

その中でも、ホステスやホストなど夜の業界は『ルーズで、非常識な人たち』という偏見が根強くありますよね。

時間にルーズ、約束はすぐに破る、有言不実行、感情的で仕事意識が低い、その他諸々。一歩間違えば、犯罪に近い場所にいることも、否めない事実です。

それだけならまだしも、その後の対応がまた、不誠実極まりない。

あなたの周りにも、そういう人が1人はいるはずです。もしかしたら、あなた自身がそうかもしれません。

そして、私自身も、売れないころは『ルーズで、非常識な人』でした。

ルーズで、非常識だった私

売れないホステスだったころの私は、まさに『だらしがない』の一言に尽きる人間でした。

起きるのはいつも17時ごろ。バタバタと準備をして、遅刻ギリギリで19時に出勤。

閉店後はアフターで朝までコース、アフターがない日は同僚ホステスや友人と朝まで夜遊び。

帰宅はいつも朝の5〜6時、遅いときは8時。メイクも落とさず、また17時くらいまで寝る。

休みの日は、ほぼ1日中寝ていて、唯一洗濯をしぶしぶやる程度。家の中はいつもグチャグチャ、とても人を呼べる状態ではない。

その日の気分で、お客様との約束でもドタキャン、稀にすっぽかすこともありました。時間に遅れることは、日常茶飯事。

ズル休みもしょっちゅう、無断欠勤したこともあります。最悪は、ある日突然飛んだ(無断で辞めた)ことも。

当時の私が思っていたこと

今の私を知る人からすれば、そんな生活をしていたとは想像もつかないと思います。でも、当時の私は、

 

何が悪いの?
玲那
玲那

 

と思っていました。「私の人生だし、私が生きたいように生きて、やりたいようにやって、何が悪いの?」と。

 

だって、行きたくないし
玲那
玲那
そんな中、来てやっただけでも、ありがたく思ってもらいたいくらい
玲那
玲那
気に入らないなら、私と付き合わなきゃいいじゃない
玲那
玲那

 

・・・と、本気で思っていたんです。もう、完全に『自由』をはき違えている状態ですよね。

でも、当時の私は、『やりたいことだけをやりたい放題やること』を『自由』だと思い込んでいたのだと思います。

自分の言動によって、どれだけ周りを振り回し、どれだけ周りに迷惑をかけ、どれだけ周りを傷つけ、どれだけ周りが積み上げたものを壊しているか。

そして、自分の素行によって、どれだけ自分の信用を崩し、人間関係や与えられた環境を壊し、自分の価値を貶めていたか。

口だけはえらそうで、何にもわかっていませんでした。むしろ、

 

私が不遇なのは、周りのせい
玲那
玲那

 

くらいに思っていました。まさに『クソホステス』だったのです。

約束を守らないホステス=約束を守らないお客様

『クソホステス』の代表のような過去の私。では、お客様にどんな扱いをされていたかというと、

  • ドタキャンされる
  • すっぽかされる
  • ウソをつかれる
  • 口説かれる
  • 触られる
  • 罵られる
  • けなされる
  • 席から外される
  • お説教される

その他、数えきれないほど、雑な扱い。そして、それを『水商売ではあたりまえ』だと思っていました。

でも、「本気で仕事をしよう」と決めて取り組み始めた当初に、気分で仕事をし、気分で約束を守ったり破ったりする私を見た師匠から、

ここから先は有料コンテンツです

Zoom心得座学

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

520,928 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧