【新人ホステス向け】会話が弾む方法を知りたい

【新人ホステス向け】会話が弾む方法を知りたい
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

新人ホステスです。初対面のお客様との会話にいつも悩んでしまいます。会話がはずむ方法ってありますか?

ご質問ありがとうございます。新人ホステスさんは、初めてのことだらけで、緊張してうまく話せないことが多いです。

私は人見知りもあるので、売れないころは、初対面のお客様がとても苦手でした。今回はだれでもカンタンにできる、初対面の会話のコツをお伝えしますね。

会話には相づちも欠かせないので、『相づちは効果大!会話下手でも使えるセリフ集』も合わせて読んでいただくと、より効果的だと思います。

会話が弾む方法:基礎編

まずは、基礎を徹底することから始めましょう。全部を一気にやろうとせず、「今週はこれをがんばる」など、ひとつずつでいいので取り組んでください。

笑顔

笑顔は、基礎中の基礎です。どんなスキルがあっても、どんなに美人でも、ブスッとしていたり無表情だったりでは、お客様はくつろげません。

慣れたお客様には笑顔が出るのに、初対面のお客様には固くなってしまう・・・というホステスさんが多いですが、初対面こそ笑顔を意識しましょう。

そこで与えたあなたの印象は、その後半年くらい続きます。笑顔の重要性については以下記事も参考にしてくださいね。

挨拶+αを心がける

次に、挨拶+αを心がけましょう。「初めまして」や「よろしくお願いします」だけでは、会話は進みません。たとえば、

 

玲那
玲那
はじめまして、玲那です
玲那
玲那
お名前をうかがってもよろしいですか?
いらっしゃいませ
玲那
玲那
ずいぶん楽しそうですね、なにかいいことでもあったんですか?
玲那
玲那
玲那
玲那
玲那です、よろしくお願いします
玲那
玲那
なんだかお疲れですね。お仕事が忙しかったんですか?

など、なんでもいいので、お客様に関連する一言を質問としてプラスを心がけてください。

会話が弾む方法:応用編

無意識でも基礎をこなせるようになったら、応用編に進みましょう。応用編では『会話を進めること』を意識して、取り組んでください。

てきにちかし

雑談の基本となる『てきにちかし』というものがあります。

  • て・・・天気
  • き・・・近況
  • に・・・ニュース
  • ち・・・地域
  • か・・・身体、健康
  • し・・・趣味、仕事

これを覚えて、使いこなせるようになりましょう。上から順番に、会話にしてみます。

 

このごろお天気がよくて、気持ちがいいですね
もし長いお休みが取れたら、どこか行きたいところはありますか?
最近、株の勉強を始めたんです
でも、素人にはやっぱりむずかしいですね
〇〇さんは、最近始めたことってなにかありますか?
今日のニュースで「〇〇」って流れてましたけど、ご覧になりました?
私、△△で有名な××県出身なんです
〇〇さんのご出身はどちらですか?
こういう仕事をしていると、ついつい運動不足になりがちで
〇〇さんは、何か運動なさってますか?
「趣味は?」って聞かれると、いつも困ってしまうんです
〇〇さんは、なにか趣味をお持ちですか?

 

このように『てきにちかし』を土台に、お客様に合わせて会話を進めましょう。

相槌(あいづち)+α

あなたの問いにお客様が答えてくださったり、お話をしてくださったときは、かならず『あいづち』をしながら聞きます。

お客様がお話をしている最中は、「うんうん」「へえ!」などでかまいません。お客様のお話が一段落したタイミングで、『相槌+α』を意識して取り入れましょう。

たとえば、

 

そうなんですね
じゃあ、〇〇ってことですか?
へえ、知らなかった!
ということは、〇〇ってことですよね?

 

といった形で使います。

「なぜ?」をベースに弾き出す

会話がもっとも進みやすいのは「なぜ?」をベースにすることです。

たとえば、「北海道へ旅行したい」という話題に、「あーいいですよね、北海道」と答えても、会話はイマイチ盛り上がりません。それよりも、

 

玲那
玲那
どうして北海道に行きたいんですか?
玲那
玲那
北海道に行ったことがあるんですか?
玲那
玲那
北海道に行ったらなにをしたいですか?

 

と質問したほうが、会話がはずみます。会話の例にすると、以下のような感じ。

 

お客様
お客様
趣味かあ・・・前はゴルフやってたんだけどね、やめちゃったしなあ
あら、お怪我なさったとか?
お客様
お客様
ちょっと腰を痛めてね
ええっ、ゴルフの最中に?

 

このように『相槌+α』&「なぜ?」を心がけると、自然と会話が進んでいきます。

会話が弾む方法:上級編

最後に、上級編を実践してみましょう。ここまでマスターできたら、新人ホステスとしては上出来です◎

外見以外を褒める

大半のホステスは、外見をまず褒めます。外見とは、顔立ち、髪型、体格、雰囲気、服装、装飾品、などです。

次に、会話していく中で見つけたいいところを褒めます。ノリがいい、声がいい、話しやすい、優しい、モテそう、グルメ、などなど。

こういうことはだれでも言えるので、正直インパクトに欠けます。あなたというホステスを印象付けるために、『人と違う視点』で褒めましょう。

たとえば、以下のようなことです。

 

男性でこんなに所作の美しい方は、初めて見ました
さりげなく気遣ってくださって嬉しいです
お仕事に情熱を持ってらっしゃるんですね
そんなに大切にされて、奥様は幸せですね

 

会話に合わせて、お客様の内面や取り組んでいること、ご家族への思いなどを褒めましょう(思ってないことは、言わないほうがいいです)。

異質性と同質性を盛り込む

ちょっと言葉がむずかしいので、簡単に説明しますね。

  • 異質性・・・ギャップ、自分との違い
  • 同質性・・・想像どおり、自分と同じ

この2つを見つけて、会話に盛り込んでいきます。同質性はカンタンで、だれでもできます。いわゆる『共感』や『同調』ですね。

 

私もその曲大好きです!
〇〇っていう歌詞がせつなくて、いいですよね!

 

これが『同質性=自分と同じところ』です。『異質性=ギャップ』は、一見むずかしそうですが、コツをつかんでしまえばカンタンです。

 

〇〇さんにも苦手なことがあるんですね!
意外です、なんでもできそうなのに!
ちょっと安心しました(笑)

というように、見た目と違うギャップや、想像と違う点を見つければいいだけです。

まとめ

  • 笑顔&挨拶+α
  • 相槌+α&「なぜ?」をベースに
  • 外見以外を褒める&共通とギャップを見つける

ザッと読むとむずかしそうに感じるかもしれませんが、ひとつずつやっていけば大丈夫です。

なにか気の利いたことを言わなきゃ・・・楽しませて盛り上げなくちゃ・・・と気負いせずに、まずはお客様とお話しすることそのものに慣れていきましょう。

こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,949 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧