クソ客様が狙うホステスの共通点

ショッピングカートに女性を乗せて歩く女性
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

本記事は以下記事の続編的ポジションなので、まだ読んでない方は先にこちらをどうぞ。

クソ客様に好かれるホステスは好かれる要素がある

売れっ子ホステスが、クソ客様に囲まれることはありません。クソ客様から、完全店外のお誘いを受けることも、ありません。

ましてや、クソ客様お得意の「できるだけお金を使わずに」なんてこと、まずありえません。

なぜなら、クソ客様から見ると売れっ子ホステスは「太刀打ちできない」と分かるからです。

売れないホステスさん、プロに見えないんですよ

この「太刀打ちできない」という印象を与えるのは、あなたの内面的なものが大きく関わります。

気軽に店外へ誘われるホステスさん、自分をよく省みてください。

  • 自分に自信が持てない、気が弱い
  • 何かあると感情的になりやすい、攻撃的または被害者意識が強い
  • 全部自分のせい、または全部他人のせい、など考え方が極端
  • お店の中ではがんばってるけど、お店の外ではそんなにがんばってない
  • 「相手してやってる」と上から目線
  • 人の顔色が気になる、相手の出方を見て自分の行動を決める
  • 友達と話すノリとあまり変わらない
  • 自ら「客だから」と一線引いている(人として、がスタートではない)
  • キャラが定まらない、または誰に対しても同じ話し方&接し方
  • 今以上に努力することなく良客を掴みたいと思っている
  • 楽して金儲けしたい
  • アルバイトだから、ヘルプだから、と甘えている

などなど、

 

到底『プロ』とは言えない考え・メンタル

 

を持っているはずです。それが分かるんですよ。クソ客であればあるほど、素人に対するアンテナが高いんです。

『仕事だからやってる』んですよね??

玲那
玲那
ビジネス思考を身につけなさい

 

と、コンサルでも、口酸っぱく言います。

スキルとかノウハウとか、アレをするコレをするの前に、自分がちゃんと仕事として考えられないと、何の意味もない。

 

仕事なんです、ホステスは。

 

アルバイトだろうが、ヘルプだろうが、仕事です。

あなただって『仕事だからやってる』んですよね?だったら仕事である以上、感情論で考えてはいけません。

「感情を持つな」ということではないので間違えないように!「ビジネスとして考えるときだけは、感情を一旦置きなさい」ということです。

ビジネスとして『ホステス』を考える

頭で考えると、感情がどうしても入ってしまうホステスさんが、大多数。感情を抜くと、思考停止するホステスさんが、大多数。

そういう現実を、私は日々コンサルで知っているので、感情を入れたくても入れられない形で考えましょう。

自分の「完全店外料金」を算出してみましょう

私が以下記事で算出した方法で、あなたの料金を計算してみてください。

たとえば、あなたの時給が5,000円で、月売上平均が100万の場合。

  1. 食事3時間×5,000円=1万5,000円(人件費)
  2. その時間仕事が滞り、万が一売上を落としたときの保障=5万円(1日の売上)
  3. 利益1.5倍=32,500円

合計97,500円(税抜)

 

どうです?胸張って「これだけ払ってくれるなら行くわ!!」と言える金額ですか?

仮に言ったとして、払える人だったらどうします?そこで「食事するだけで10万なら行く!」と答える方。

 

 

たかが10万も自分で稼げないほどなら、実際はもっと値踏みされますが、よろしいですか?

「一晩10万円でどう?」と言うお客様の心理

ホステスやってると、こんなこと言われませんか?

 

お客様
お客様
一晩、10万円でどう?

 

これってつまり、上記の計算にも満たないホステスだろうな、と思われてるってことです。

「セックス込みでも、10万円が利益になる程度だろう」と。事実、10万と言われるホステスさんって、売上平均100万以下です。

 

お客様
お客様
その程度なら、オレと寝たほうが金になるだろ?笑

 

ってことですよ。「おまえ、ビジネスセンスないな」と。

銀座のクラブでゼロヘルプ&日当3万だと、利益を3倍乗せても10万に満たない。セックス込みで10万、妥当な金額じゃないですか?

経営者や幹部クラスの役職、営業・会計系部署の管理職は、日常的に利益とコストを計算する習慣がついてます。

分かってないのは、そう言われる側にいるホステスだけです。

ビジネスとして「ホステスとしての価値」を知る重要性

叶恭子サマになりきって、考えてみてください。

たぶん彼女は、お金も使わないのに「デートしよう!」なんて言われても、もちろん行かないけど、怒ることもないはずです。

「まあ、美香さん、うふふふふ」で終わると思いますよ。それって、自分の価値を知っていて、価値を高めるために全力でやってきた証ですよね。

 

金も使わないくせに、店外に気軽に誘いやがって~!クソ客め~!

 

と、お怒りになるのはごもっともですが、あなたもこういう商売の概念が分かってないはずです。

だから感情論、なんですよ。自分の価値をしっかり把握できてないんです。パパ活したい人も、同じですよ。

食事だけで10万ラッキー♪というバカホステスさんへ

セックス抜きで食事するだけで10万、ラッキー♪

 

じゃないんですよ。10万程度で喜んでる場合じゃないんですよ、ビジネスとしてやるのであれば。

 

上記の計算って、厳密に言えば赤字ですよ。

 

その日・その時間のコストしか、入ってないんだから。

でも、実際には衣装代・ヘアメイクなど、目に見えるコスト以外にも、美を維持するお金や勉強代など、たくさんの経費がかかっていますよね。

たかが10万で「わーい、メシ食うだけで10万♪」とか喜んでるド素人だから、気軽に誘われるんです。

ビジネスとして考えたらありえないんですよ、その感覚。お小遣いレベルの感覚で、大金なんか使ってもらえないんです。

事実、自分がいくらコストかけてるか、把握できてないでしょう。自分にいくらの価値があるのか、客観的数字でパッと出せないでしょう。

それ以上の金額がほしいと思っても、堂々と言えるほど努力してないでしょ?

仮に「100万くれたら行ってやるわ!」と言ったとしても、その金額って「なんとなく」とか「我慢できる金額」っていうレベルですよね。

そこが「お金かけなくても誘えそう」ってアンテナに引っかかるんです。

「価値のない商品は誰も買わない」という原則

クソ客め~~~~~~!!

 

と、ハッシュタグつけてつぶやいてもいいです(おもしろいしw)。

ただ、「くそ~~~~!!」と思うなら、あなたもしっかり『ビジネス』という思考とスキルを身につけてください。

そして、ビジネスとして自分を高める努力をすること。バイトでもレギュラーでも、あなたはホステスという職業を選んでいるのです。

 

ビジネス上「自分が商品」である以上、値踏みされたくなければ価値を高めるしかない。

 

これを忘れないよう、プロ意識を持って取り組んでください。

クソ客は、どうがんばっても変わりませんので、自分が「クソ客が気軽に寄ってこない、価値ある商品」になりましょう。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

520,934 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧