お店選びは黒服のココを要チェック

お店選びは黒服のココを要チェック
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「就職は、企業と個人の結婚だ」

以前、あるお客様が教えてくださいました。これは、一生その会社、そのお店で勤めろ、というわけではありません。

『お互いのことを知って、納得がいくまでちゃんと話し合って、本当にこの会社・この人でいいのか、しっかり考えて選ぶべき。安易に決めるな』

という意味です。そうでないと、離婚になってしまうぞ、と。

これを聞いたとき、「なるほどなあ~」と思いました。ホステスでいえば、入店=結婚、みたいなことでしょうか。

となると、水商売の求人は嘘八百だらけなので、結婚候補となる相手の半数以上が詐欺師!!カオスですね~(笑)

そんな中でも、できるだけいいお店で働きたい。そう思うのは当然です。その第一歩となるのが、問い合わせ&面接ですよね。

そこで出会う黒服は、あなたにとって、そのお店を代表する人となります。面接へ行く際には、

  • 黒服の電話応対
  • 黒服の話し方
  • 黒服の見た目

にアンテナを立てて、しっかり見極めていきましょう。今回は、「こんな黒服がいるお店はやめておけ!」という例を取り上げます。

電話の応対が雑&居酒屋っぽい

銀座のクラブは基本的に「お電話ありがとうございます。クラブ〇〇でございます」という形で電話を取ります。

特に高級店では、電話応対は厳しく指導されているはずです。

私が立ち上げに参加したお店でも、電話応対のマニュアルを作り、シミュレーションを何度も繰り返しました。

そうやって、グランドオープンまでに全員がその対応をできるよう、徹底指導するのです。なぜなら、電話応対は、そのお店の質が漏れ伝わるからです。

ところが、稀に「はい、クラブ〇〇でーす!」と電話を取るお店があります。踊るほうのクラブかな?居酒屋かな?と一瞬首を傾げてしまいます。

こういうお店は、お客様への対応もあまりよくないので、やめておきましょう。

面接の間、ずっとタメ口(良く言えばフレンドリー)

面接の間、ずっとタメ口で話す黒服もいます。

「なんでうちに応募してきたのー?」
「この業界初めてー?」
「うちはねー、〇〇が××だから安心していいよー」

など。本人は、フレンドリーなつもり、緊張をほぐすつもりなんでしょうけれど、論外です。

それから、面接の時点であなたの名前を「〇〇ちゃんは~」と呼ぶお店も、やめておきましょう。

働くことになって、お店での名前が決まってからならわかりますが、面接時点ではあり得ません。

面接時は、まだ働くとは決まっていない間柄。つまり、お店にとっては、面接に来てくれる女の子は客人です。

「このお店で働きたい」と思ってくれている女性に対して、タメ口でなれなれしい接し方は、ありえません。

身だしなみが悪い、だらしない

たとえお店のOPEN前だったとしても、身だしなみがきちんとしていない黒服も論外です。

黒服にとって、面接はとても重要な業務です。お客様の前に出ると同等に、身だしなみにはかなり気を遣っています。

また、面接をする黒服は、お店の代表として女の子と会う立場です。だらしない格好では、お店の質が問われます。

さらに、先ほども書いたように、働くと決まるまでは内部の人間ではなく客人です。

面接に来てくれた女性に対して、お客様と同等の身だしなみ・立ち振る舞いができない黒服は、私から言わせれば、失格です。

まとめ

質のいいお店で働きたければ、

  • 黒服の電話応対
  • 黒服の話し方
  • 黒服の身だしなみ

上記3つをしっかりチェックしてから、お店を決めましょう。仕事意識が高い、プロ意識が高いお店なら、ちゃんとしているはずです。

その代わり、あなたにも同等のものが求められます。あなた自身も、上記3つのポイントをしっかり踏まえて、丁寧に接するようにしましょう。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,957 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧