会話でカテゴライズを使うメリットとデメリット

会話でカテゴライズを使うメリットとデメリット
ホステスの心得|OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー
秋好玲那です。→目次はこちら^^

本日のテーマはこちら↓

ディズニー派ですか?ジブリ派ですか?

回答はこちら↓

しいて言うなればジブリ派、でもどっちもあんまり興味ないかな・・・仕事上必要でなければどちらもかすることすらなく生きてます( 一一)

ああしょうもない・・・AIの質問だろー・・・
と放置していましたが(笑)

ちょうどセッションで会話についての話が
出たので引っ張り出してきました。

ディズニーもジブリも
個人的にはどうでもいいのですが
この「~派」という会話手法は
比較的扱いやすく応用が利くので
ぜひ取り入れてください。

 

あなたは~派?という会話の手法

どんなに会話が苦手でもこの
「~派」という会話手法は
誰でも日常的に使っていると思います。

他の言葉では「~タイプ」「~系」など。

  • 恋人ができたら浮気しない派?
  • 洋食派?和食派?
  • 夢中になると周りが見えなくなるタイプなのかもね
  • 几帳面で誠実なタイプなんだよね
  • 意識高い系だね
  • 美人系?かわいい系?

などなど。

自分のことを話すときでも
自分以外の誰かのことを話すときでも
こういった話し方をしていることが
多いのではないでしょうか。

仮にあなた自身が使わなくても
お客様やお姉さんなどの会話では
「~派」「~タイプ」「~系」といった
言葉を耳にしていると思います。

これも立派に会話手法のひとつで
何かしらカテゴライズすることで
双方の理解度を早める効果があります。

 

カテゴライズして会話をするメリット

カテゴライズとは

「分類する」「カテゴリーに区分する」といった意味で幅広く使われる。

Weblio辞書より

ということです。
カテゴライズのメリットは以下。

  • ~派?と尋ねることで細かなラリーや説明を省くことができる
    <例>
    「ステーキとかハンバーグとかが好き?それともお寿司とかお刺身とかのほうが好き?」と訊かなくても「洋食派?和食派?」で伝わる
  • カテゴライズすることで所属欲求を満たすことができる
    <例>
    美人と言われると喜ぶ人に「美人系の顔立ち」と言うと「美人の部類に属している(属したい)私」という所属欲求が満たせる
  • カテゴライズすることで共感や領域を示すことができる
    <例>
    「犬派・猫派」「結婚したい派・結婚したくない派」など同意見・同嗜好でカテゴライズすると「この人とは価値観が合う」と感じさせることができる

他にもメリットはありますが
簡単なところでいえばこんな感じですね。

 

カテゴライズして会話をするデメリット

メリットがあればデメリットもある、
ということでデメリットは以下です。

  • ~派?という会話を軽薄・軽率・稚拙だと感じて不快感を抱くお客様もいる
    <例>
    ご年配や礼儀を重んじるお客様などは使い方次第では「頭が悪そう」といったイメージを抱くことがあります。
  • ~派?と誰かと一括りにされることを嫌うお客様もいる
    <例>
    自分は誰よりも特別だと思いたいお客様には逆効果です。
  • 私も~派!と共感を示したらムッとするお客様もいる
    <例>
    発言者を下に見ている場合は「おまえと一緒にするな」という目で見られます。

まあこの程度は気にする必要もないです。
それこそ、

[st-kaiwa1]ああこの人は〇〇に腹を立てるタイプなんだな[/st-kaiwa1]

カテゴライズして
二度と使わなければいいだけなので(笑)

 

まとめ

  • ~派?も立派な会話手法のひとつ
  • カテゴライズすることでコミュニケーションコストが下がる
  • カテゴライズされることを不快に感じる人もいる

 

ちなみにカテゴライズ統計を見ていくと
お客様の傾向も分かっていきますね。

和食が好きな人は〇〇へ行く人が多い、
音楽が好きな人は〇〇も好む傾向にある、
旅行が好きな人は〇〇を尊重すると喜ぶ、
などなど。

何を話すか?よりも
こういう情報をどれだけ集められるか?
のほうが重要なのでカテゴライズ概念は
習慣化しておいて損はないです。

最後に超絶どうでもいいことを
思い出しましたが『となりのトトロ』は
ジグソーパズル1万ピースに
チャレンジしたことがあります。

ということは、
やっぱり私はジブリ派かな( ̄-  ̄ ) ンー

ホステスの心得

ホステスの心得

 

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

152,416 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧