お酒が飲めなくてもラウンジで働ける!働き方を伝授

お酒が飲めなくてもラウンジで働ける!働き方を伝授
ホステスの接客

ラウンジで働きたいと思っていても、お酒が飲めなかったら働くことができないのではないかと躊躇していませんか?

たしかに水商売をするとなるとお酒はつきものですし、ドラマや世間のイメージからお酒を飲むことができなければ働くことができないと思っている人も少なくないでしょう。

でも、結論から言うとお酒が飲めなくてもラウンジで働くことは可能です。

ノルマが多かったり競争が激しいキャバクラやクラブでは、お酒が飲めないことで不利になってしまうことが多いため働くことはオススメしませんが、ラウンジは規模が小さいのでお酒が飲める人と飲めない人の差がつきにくいという点から、お酒が飲めない人にもオススメできると言えます。

ただ、そんなラウンジですが接客をしていると、少なからず飲める人に比べたら必ず困ることや大変なこともでてくるので、この記事ではお酒が飲めない人がラウンジで働く際に覚えておくと使えることをいくつか紹介しようと思います。

予めノンアルコールのドリンクにしてもらう

キャバクラやクラブとは違い、ラウンジは自分でドリンクを作ったり、少人数の裏方さんにドリンクを作ってもらうことが多いです。

そのため、お客様の前ではお酒を頼んでおいて、こっそりノンアルコールドリンクを用意すれば、お客様はお酒を飲んでいると思って気分を害すことがありません。

また、ラウンジではお酒もノンアルコールドリンクも1杯の値段が同じであることがほとんどなので、トラブルに繋がることも少ないです。

ただ、この方法は強くお酒を勧めてくるお客様や、飲んでないお客様には使わないほうが良いでしょう。

もし自分が頼んだドリンクが本当にお酒なのかを確かめるためにお客様が飲むようなことがあれば、ノンアルコールドリンクであることがバレてしまうからです。

ですので、この方法はとても使える方法ではありますが、リスクを伴うということも覚えておいてください。

帰りが車だから飲めないと言う

都心などの車がなくても生活ができる場所で使うことはできない方法ですが、車で通勤と言っても疑われない場所で働くのであれば、たとえ本当に車通勤ではなくてもこの方法を使うことをオススメします。

さすがに車通勤といえば無理強いしてくるお客様も少なくなりますし、家からお店までの距離が遠いと言っておけば「代行のお金をあげるから」とお酒を勧めてくるお客様もほとんどいないはずです。

本当は車を持っていないとしても、車を持っていることにしても問題ありません。

無理してお酒を飲まなくても大丈夫な状況を自分で作り出すようにすることが大切なので、どうしようもないときは上手に嘘をつきましょう。

正直にお酒が弱いと伝える

一緒にお酒を飲むことにこだわっていないお客様や自分に優しくしてくれるお客様であれば、正直にお酒が飲めないことを伝えても大丈夫です。

むしろこういったお客様に対してであれば、正直に言うことで更に好印象を持ってもらえる可能性が高いので、先に「ごめんなさい、お酒が飲めないです」と伝えて、ノンアルコールドリンクを頼むようにしましょう。

男の人は、自分が気に入っている女の子に無理はさせたくないものですし、本当のことを話しておくことで、今後もそのお客様には嘘をつく必要がないので、自分も楽に接客することができます。

なので、絶対に飲めないことがバレたらまずいとは思わず、お客様によって対応を変えるよう工夫してみてください。

まとめ

自分がお酒を飲めないから「水商売をするならお酒が飲めないと働けないから自分は無理」とあきらめていませんか?

たしかにお酒が飲めることに越したことはありませんが、ラウンジであればお酒を飲むことができない人でもチャレンジしやすいです。

なので、お酒が飲めないことが理由で水商売をすることができなかった方がいるのであれば、まずはぜひラウンジで働いてみてください。

今回の記事で紹介した方法を使えば、ほとんどの場合上手く対処することができるはずです。

お酒が飲めなくても働けることは間違いないので、怖がらずに挑戦してみましょう。

面接へ行くときには、『「お酒が飲めないホステス」が面接でチェックされるところ』を読んで行ってくださいね!

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

sakura

40,750 views

山口県のラウンジで4年間働いていました。 その経験から接客方法やマナー、盛り上がる話題など、接客に役立つ情報を執筆していきたいと思います。

プロフィール

関連記事一覧