ホステスなら「お世辞」と思われない会話を

ホステスなら「お世辞」と思われない会話を
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「これはお世辞ですよー!」と分かるような言葉や表現しかできない、お世辞だとバレバレな会話しかできない・・・では、ホステスは務まりません。

もちろん、あえて『お世辞ですよ!』と分かる言い方をすることはあります。でも、それは笑いが起きる前提だったり、何かしら計算してのチョイスのはず。

褒めたつもり、持ち上げたつもりでお客様を怒らせるようなホステスは、以下のような点がないか、チェックしてみてください。

「そもそもお世辞ってなに?」となるホステスさんは、以下を読んでから、こちらを読んでくださいね。

仕事やお客様に対する心持ちが悪い

これはもう「プロとしてどうなんですか?」というレベルの話ですが、

  • 最低限やっておけばいいや
  • テキトーに言っておけばいいや

こういう心持ちが常のホステスは、基本的に口調が棒読みなので、大半の言葉が白々しく聞こえます。

ないやる気を無理やり出せとは言わないし、腰掛気分でも早く辞めたいでも良いですが、

  • お金をいただいている時間
  • お客様と接している時間

くらいは、態度に出さないでください。あなたがどういう心情で働いていようと、自ら選んでやっている仕事なんですから。

それに、その口調が根付いてしまうと、本当に思ったことを言ったとしても、全部お世辞にしか聞こえなくなります。

大半の人は、言葉を解釈する前に「この人はこういう人」という脳内フィルターがかかるので、一旦イメージがつくと後々苦労します。

少し大げさかな・・・と思うくらい、感情を込めて表現するようにしましょう。

ホステスとしてのスキルや経験値がなさすぎる

こちらは本来新人さんに多い問題ですが、残念なことにベテランホステスでも、結構な割合で抱えている問題です。

ひとつは、そのセリフを言い慣れていないこと。つまり「経験値」がない。

たとえば、「素敵ですね」という言葉も、ホステスでなければ日常生活の中で誰かに対して「素敵ですね」なんて、なかなか使わないじゃないですか。

言い慣れていないとぎこちなくなって、お世辞に聞こえてしまうんですよね。

これを避けるには、無意識レベルで使えるくらいまでに、日常の中で使い倒すしかないです。サラッと自然に言えるくらい、使いこなせるようになりましょう。

もうひとつは、バカのひとつ覚え。つまり「スキル」がない。

何を言っても「すごーい!」。何をやっても「すごーい!」。何を食べても「すごーい!」。何をあげても「すごーい!」。

本当に思って言っているとしても、多用しすぎて全然伝わりません。

ここに当てはまるホステスさんは、「すごい」を類語辞典で調べて、語彙力を上げることから始めてください。

ホステス云々以前に思考が歪んでいる

最大の問題はここです、認知の歪み。ここに難がある場合、他の職業であっても、人間関係に苦労することになります。

たとえば、あなたがお客様に対して「いつも気遣ってくれてありがたいな」と思っていたとします。

でも、家庭環境等これまでの経験の中で、『意見を言ってはいけない』という認知の歪みが生じている場合には、

  • そもそも思っていることを言語化できない
  • 思っていることがたとえ良いことであっても「変な目で見られたらどうしよう」などの心理が働いて言えない
  • 期待した反応と違ったときが怖くて言葉にできない

などの弊害が生じるため、言葉に出すときに違うセリフに変換されてしまうのです。例のケースだと、そのままストレートに、

  • いつも気遣ってくれてありがとう
  • いつも気遣ってくれて嬉しい

と伝えればいいだけなのに、

  • いつもごはんおごってくれてありがとう
  • いつもお店来てくれてありがとう

と、営業感満載の言葉に無意識レベルですり替わったりします。

まあ、それも本心なんですが、実際に感謝してることとは異なるので、どうしてもお世辞臭が出ちゃいます。もったいないです。

ここに当てはまる方は、スキルを学ぶ前に、認知の歪みを解決しましょう。

まとめ

  • 少しオーバーかも?と思うくらい感情を込める
  • 語彙力を高めて日常的に使い倒す
  • 認知の歪みを解決する

心持ちがよろしくないホステスさんや、スキル・経験値不足のホステスさんは、ポイントさえ掴めば早期にお世辞臭を取り除くことができます。

が、認知に歪みがあると、小手先のノウハウやスキルを習得しても、延々と苦労することになります。

まず、スキルやノウハウを学ぶ時点で歪みが炸裂して身につきません。

スキルを習得しても、歪みがあると現場では確実に感情が優勢になるので、そのスキルを使いこなせません。

下手するとお世辞臭を機に病むようになり、話すこと自体が怖くなってしまい、毎日毎日鬱々とする羽目になります。

この段階の人がコンサルを受けると、確実に精神やられるのでオススメしません。まずは、メンタル改善に取り組みましょう。

それ以外の方は、スキル習得と経験値でカバーしていけるのでがんばって^^

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,529 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧