一瞬でウエルカムの気持ちを伝える2つの方法

一瞬でウエルカムの気持ちを伝える2つの方法
ホステスの接客

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

お客様と顔を合わせたとき、またお客様でなくても、大切な誰かと顔を合わせたとき。

  • 会えて嬉しい!
  • 歓迎してます!
  • ようこそ!

という気持ちが、一瞬で伝われば良いですよね。

あなたは、その気持ちを、どう伝えるようにしていますか?「いらっしゃいませ」と言葉を発することくらい、でしょうか。

では、お客様と外で会ったときや、お客様以外の人にはどう表現しますか?

逆に、あなたが誰かを尋ねた際に、どんなふうに接してもらっていますか?歓迎ムードで出迎えてもらえると、やっぱり嬉しいですよね。

今回は、そんな『ウエルカム感』が一瞬で伝わる方法をお伝えします。あなた自身のこれまでのやり方を振り返りながら、読み進めてくださいね。

一瞬で「ウエルカム感」を伝える方法1:行動

結論から言うと『笑顔』。ありきたりだと思いますか?心配ご無用。

ここで言う「笑顔」は、その辺にあるありきたりなことではなく、少し特別な意味を持ちます。

視覚障害でない限り、人間は、情報の7割を視覚に頼っています。特に、言語に弱い人は、情報の9割を視覚に頼っていると言っても過言ではないでしょう。

となると、『一瞬でウエルカム感』を出せるのは、確実に視覚的表現が必須。そこにもっとも効果を発揮するのが、『笑顔』です。

しかも、にっこり微笑むなどではなく、

  1. 目を見開いて
  2. 頬骨を上げるイメージで
  3. 口を開けて

この3つがそろうと、かなり大喜びしているように見えます。

では、なぜ見出しに『笑顔』ではなく『行動』とあるのか。笑顔も、もちろん行動のひとつですが、動ける環境なら、体全体を使いましょう。

  • 両手を広げる
  • 腕を相手に向けて伸ばす
  • 相手に駆け寄る
  • 自分を抱きしめる
  • 開けた口をあえて両手で覆う
  • 立ち上がる

相手の顔を見た瞬間に、これらの行動を取れると、

  • あなたを待っていたよ!
  • 来てくれて嬉しい!
  • 会えて嬉しい!

という気持ちが、体全体で伝わります。

一瞬で「ウエルカム感」を伝える方法2:言語と声

次に大事なのは、聴覚。いくら7~9割を視覚情報に頼っているとはいえ、残りの1~3割は、聴覚や嗅覚など、他の情報に頼っています。

そして、稀に私のように、視覚情報よりも聴覚情報に長けている人がいます。

聴覚情報に長けている人は、声色や言葉の扱い方、イントネーション等から相手の人となりを捉えるので、疎かにしないほうが良いでしょう。

仮に、あなたが上記の行動を取ったとしても、

 

いらっしゃいませ・・・

 

と、消え入りそうな小さな低い声で挨拶をしてしまっては、すべてが台無しです。

  • 通る声で
  • いつもよりワントーン高い声で
  • 「わあ!」「あー!」など感嘆詞を使う
  • 「〇〇さん!」と相手の名を呼ぶ

これだけで、言葉や声色から、あなたの喜びが伝わります。「いらっしゃいませ」などの挨拶は、この後でも十分です。たとえば、以下のように。

 

わあ、〇〇さん!
いらっしゃい!元気にしてた!?
あー!〇〇さんだ!
久しぶり!
嬉しい、来てくれたのー!?

 

ほら、ウエルカム感満載。

売れないホステスの気持ちが伝わらない理由

売れないホステスも、一応「来てくれて嬉しい」「会えて嬉しい」とは思っているわけです。ところが、全然伝わらないのですよね。

これはもう、ここに書いてあることと、真逆のことをしているからです。たとえば行動面だと、

  • 表情が暗い
  • 表情が変わらない
  • 体のどこも動かない

これでは、『心が反応している』という非言語が伝わらないので、当然気持ちは伝わりません。また言語と声の面だと、

  • 声が低い
  • 声が暗い
  • 一本調子で喜怒哀楽の変化が分からない
  • いつも定型文のような挨拶をする

といったことをやっています。行動でも伝わらないのに、言葉も声もこの状態では、もう何も伝わりません。そして、一番は「ウエルカム感」がない

感謝しているのは確か、嬉しいのも確か。

でもそれは、自分の売上になるとか、自分の居場所があるとか、嫌なお席から離れられるとか、そういう理由がメインです。

会えて嬉しいのは、自分に都合の良い利益があるから。そのため『ウエルカム感』よりもはるかに『安堵感』のほうが勝るのですよね。

これが、『ウエルカム感』にならない最大の原因です。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,538 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧