お客様に安心して待ってもらうコツ

お客様に安心して待ってもらうコツ
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスは、さまざまな場面で、お客様をお待たせします。

そんなとき、あなたは、どんなふうにお客様に接しているでしょうか。安心して待ってもらうことができていますか?

約束の時間に遅刻をしたり、すっぽかしたりなどは、もう人として論外ですが。そうでなくても、やむを得ずお待たせしてしまうことが必ず出てくるのですね。

突然のご来店で、すぐにお席をご用意できないとき。お店が忙しくてオーダーしたものがなかなか来ないとき。自分自身がなかなかお席にご挨拶へ行けないとき。

いろんな状況・事情がありますね。でも、お客様には関係のないことです。

そんなときでも安心して待ってもらえるように、ホステスは気を配らなければなりません。その大切なポイントをお伝えします。

安心してもらうためには「時間軸」の違いを心得る

「お待たせしてしまうことをどうすればいいか?」と考える前に、まずは『時間軸の違い』を心得ておくことが重要です。

待たされる5分と、待たせる5分とでは、体感的な時間の進み方が大きく違います。あなたにもそんな経験が1つや2つはあるはずですよね。

それが特に露呈するのは、電話です。

待たせる側にとって1分はあっという間ですが、保留音を聞かされている側にとっての1分はかなり長いですよね。これが10分、20分ともなれば、なおさらです。

待たせる側は必ずこの「体感的な時間軸」を理解していなければなりません。

お待たせすることがトラブルの原因になる理由の大半は、この時間軸の認識に問題があります。

 

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

614,922 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧