べき論(禁止令とドライバー)

べき論(禁止令とドライバー)
MTSコース

▼ ここまでのお話

「べき論」は分かりやすいですね。分かりにくいのは「禁止令とドライバー」でしょうか。これは交流分析の分野で、

  • 禁止令・・・無意識に自分を押さえ込む心理
  • ドライバー・・・無意識に自分を焦らせる心理

のことです。交流分析以外の分野では、誤認知とかトラウマ(心の傷)とも言いますね。自己啓発系で多いのは、ネガティブ思考パターンでしょうか。

これだけ多くの表現があるということは、それだけ多くの人が「べき論」を抱えて苦しんでいる、ということですよね。

セッションの場でも、ほぼ毎日繰り返されています。一番多いのは「うまく話せない」「うまく書けない」ですね。

[st-kaiwa1]うまくなきゃいけない理由は何だよ!うまいわけないだろ、まだやってもいないのに![/st-kaiwa1]

といつも心の底から思っています(笑)そんな私も、昔はなかなかのべき論者で、自分をがんじ絡めにし、痛めつけていました。相反する感情があると葛藤が生まれるので、どうしても行動量が下がってしまいますね。

そこで本記事では、

  • べき論(禁止令とドライバー)とは何か
  • べき論(禁止令とドライバー)のパターン
  • べき論(禁止令とドライバー)が多いとどうなるか?

について解説します。

 

ここから先は有料コンテンツです

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

152,449 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧