ホステスが移籍する際の注意点

2020年8月29日

ホステスが移籍する際の注意点

© ホステスの心得

こんにちは。
ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。

目次はこちら

実は在籍するお店を辞めて
違うお店に移る方が
周りに複数いらっしゃるようなので、
今回はお店を移籍する際に留意すべき点を
何点か・・・

面接の段階で保証・出勤時間等の条件に
納得してから移籍を本格的に考慮します。

自分が店のシステムに適応して
稼げるかが重要ですが、システムより、

お客様が新しい店を気に入ってくれるか?

が一番の問題ですね。
それを忘れないで下さい。

担当制のお店でもキャバクラでも、
移籍した場合に後悔しても
極短期で再移籍となれば
お客様の信用は元より、
同業の黒服やママの信用も
損ねてしまうからです。

※美容室の繋がりだったり、同じお店出身だったり意外と横の繋がりは多いですよ。

ですから、移籍の際は十分な時間をかけて
考慮して下さい。

 

ここから先は有料コンテンツです

図書館
【ホステスの心得】提供中のサービス

現在提供している商品・サービスの一覧です。

続きを見る

ホステスの心得座学

こちらの記事は有料メンバー様限定公開です。サイトメンバー様はログイン後にお読みいただけます。非メンバーの方は、以下へご登録ください^^

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プライベートではMダックス4匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2020年1月に重度の調節障害発症、スマホ画面はほぼ見えていません(笑)音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)。最近はドラムも叩きつつ歌も再開しました♪

-ホステスの心得座学

Copyright© ホステスの心得 , 2020 All Rights Reserved.