【実録】ホステスの間にいじめはあるのか?私が経験した2つの事件

【実録】ホステスの間にいじめはあるのか?私が経験した2つの事件
管理人のひとりごと

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

いじめられていました。

私が水商売の世界に入ったのは16歳、
いまから28年前のことです。

当時は、それはそれは迫力のあるママ、
お姉さまが大勢いて、日夜バチバチの
戦いが繰り広げられていました。

また、ママになってからも、
いろいろありました。

私はそれらを『いじめ』とは思って
いなかったのですが、傍から見れば
立派な『いじめ』だったと思います。

その中でももっとも
インパクトのあった、

  • 「泥棒猫!!」事件
  • 「女の嫉妬はコワイ!!」事件

を赤裸々にお送りしたいと思います。

高級クラブでのいじめ!?非常階段で往復ビンタ!

髪をつかまれ、
往復ビンタを食らったのは、
17歳のとき。

そのころは担当制の
高級クラブで働いていました。

お店の中で一番気性の激しいAさんと
いうチーママがいて、みんなAママの
顔色を伺いながら働いていたんです。

私は周囲を気にしない性格なので、

「Aママには気を付けてね」

と言われても、どこ吹く風で気にせず
仕事をしていました。

きっかけはAママ顧客の担当替え

あるとき、Aママのお客様である
Bさんが、

「Aママから玲那に担当替えをしたい」

とお店に申し出たんです。

担当替えの理由は、Aママの気性の
荒さにBさんが辟易してしまったから。

Bさんは確かに
気の強い女性を好んでいましたが、
何かあるとヒステリックに騒ぎ立てる
Aママに疲れてしまったそうです。

それに比べると、
私は気が強く自己主張はするけど、
ヒステリックに騒ぐわけではない。

それで白羽の矢が立ち、私をご指名
くださったという経緯がありました。

しかしながら、『何かあると
ヒステリックに騒ぎ立てるAママ』
担当替えをおとなしくOKするわけが
なく^^;

「この、泥棒猫!!」

翌日出勤すると、あざができるほど
力いっぱい腕を引っ張られ、非常階段で

「人の客に手出しやがって、
この、泥棒猫!!」

と言われました。

その瞬間の私の心境は、

 

うわあ、本当に「泥棒猫」っていう
セリフを言う人がいるんだ!!
玲那
玲那

 

と、もうおかしくておかしくて、
ちょっと笑ってしまったんですよね。

そうしたらAママがヒートアップして、
髪をつかまれ、あらゆる罵詈雑言を
あびせられながら、
20発くらい叩かれましたw

頭も叩かれましたけど、
頬が腫れ上がるくらい
往復ビンタを食らいましたねー。

「この売女!!」
「この街で働けないようにしてやる!」
「だいたい生意気なんだよっ!!」
「人生終わらせるぞコラァ!」

などなど、ヒステリックに
騒いでいらっしゃいました。

 

担当替えになったのは
あなたのそういうところだぞw
玲那
玲那

 

と心の中で思っていた私、
我ながらハート強いです。

この出来事が原因でAママはお店を
クビになってしまいましたが、

『笑ってしまった私も悪かったかな』

と、ほんのちょっぴり反省しています。
(ウソです、全然反省していません笑)

他店ママからのいじめ!お客様の前で大声で罵られる

お客様の前で大声で罵られたのは、
雇われママになったときです。

しかも、罵っていた相手は、
他店のママ。

そのころはマスターのいる30人規模の
中箱で働いていて、

「赤字続きのお店を立て直してほしい」

というオファーを受けてママになったと
いう経緯がありました。

店内で幅を利かせる女の謎・パート1

実際に入店してみると、マスターの
彼女が幅を利かせていたんですね。

しかも、
お店で働いているわけでもなく、
ただ飲みに来ているだけなのに、
女の子たちに指示を出すんです。

たとえば、私が

「〇〇ちゃんは1番の席について」

と指示を出すと、その女の子が1番席に
座って2~3分後に、

「〇〇ちゃん、3番の席に行って」

と、マスターの彼女が
付け回しを始めるんです。

謎でしょ?(笑)

『この女、邪魔くさいな~』と思いつつ
『まあマスターの彼女だし』と
状況を観察していました。

店内で幅を利かせる女の謎・パート2

入店から1ヶ月が過ぎたころ、

 

ホステス
ホステス
ママの指示とマスターの彼女の指示、
どっちを聞けばいいのかわからない
ホステス
ホステス
ママの指示に従いたいけど、
彼女がこわくて
どうしたらいいかわからない

 

という声が、女の子たちから上がって
くるようになりました。

これはさすがによくないので、何度も
マスターと話し合いをしたところ、

「ママは玲那なんだから、口を出すな」

とビシッと言ってくれました。

この言葉を聞いた彼女は、なぜか
『自分の彼氏を奪おうとしている』と
思い込んだんです。

『謎・パート2』ですよ。

 

玲那
玲那
おまえの男なんかいるかボケー!

と心の中で100回は叫んだと思います。

ホステス人生でもっともブチ切れた瞬間

そしてあるとき、満席かつ3~4回転
する忙しい日に、いつもどおり彼女が
私の指示に対抗するかのごとく、勝手に
女の子たちに指示を出していました。

お客様は不満そう、女の子たちは困って
私に「どうしましょう」と言ってくる、
彼女のせいでお店が回らない。

沸々と怒りを抱いていた私は、
とうとうマスターを外に呼び出し、

 

玲那
玲那
赤字を改善したいなら女を黙らせろ!
自分の女の面倒くらい自分で見ろ!
それができないなら
二度と店に入れるな!!

 

と、ブチ切れてしまい、私の剣幕に
怯んだマスターは、その直後に彼女を
店から追い帰しました。

謎の反撃!3ヶ月にわたるいじめスタート

そこから彼女の反撃がスタート。

自分の行きつけのお店のCママを
連れて、客として飲みにくるように
なります。

飲んでる間、お店中に響き渡る声で、
Cママが延々と私を罵るわけです。

「あの女、生意気!」
「人の男に手出しやがって!」
「何がママだ、偉そうにすんな!」
「あの女がいるだけで気分が悪い!」

などなど。

その状態が3ヶ月くらい、
毎晩続きました。

ときには、ボックス席から、
2~3m先の席で接客をしている私に

「お高くとまってんじゃねーよ!!」

と、おしぼりを投げつけてきたことも
ありました。

当然、他のお客様からは、

「なんだ、あの品のない女は」
「あんな女を店に入れるな」

と、クレームの嵐ですよ。

『いい加減にしてくれよ・・・』
と思いながら、ひたすらお客様に
頭を下げる日々。

なぜ私が何も言わず耐えていたかと
いうと、

  • 私が言ったことは間違っていない、と自信があった
  • マスターが毎回頭を下げてきたので、ある時期までは顔を立てようと思った

この2つの理由があったからです。

すさまじい手のひら返し

でも、さすがに3ヶ月も続けば、
私も堪忍袋の緒が切れる・・・
玲那
玲那

 

と思っていた矢先、Cママが結婚して
ホステスを引退するという話を
耳にしたんですね。

そこで私は、バカラのペアグラスと
胡蝶蘭をお祝いとして贈りました。

「いつもご指導いただき感謝して
おります。心ばかりですが、
気持ちだけでも受け取って
いただけますと幸いです」

という内容のお手紙を添えて。

すると、
Cママの態度が一変したんです。

「今まで申し訳なかった」
「あのママは、できたママだ」
「私の文句にも尻尾を撒かず、
根性がある」

と、急に大絶賛してくれるように
なりました。

私が心からお祝いの品を送ったかと
いうと・・・

「これで黙るんじゃないかな」

と、計算して贈りました、
ごめんなさいwww

同時期に、当時付き合っていた恋人を、
マスターとマスターの彼女に紹介した
ところ、彼女は安心したようで、

「あんな彼氏がいたら、あんたなんか
相手にされないわよー!」

と、ゲラゲラ笑いながらマスターに
言っていたんです。

女って怖い・・・(笑)

現代は『いじめ』はあるのか?

では、
現在の水商売ではどうでしょうか。

ドラマなどではキャッチーに
『バチバチに戦うホステスの姿』が
描かれています。

が、実際にはなかなか
お目にかからない光景です。

私から見ると、
ドラマに出てくるあのバチバチ感は、
昭和~平成初期の雰囲気だと思います。

ただ、SNS全盛期には、キャバクラで
悪質ないじめが横行していました。

ターゲットとなったキャストの携帯から
顧客やプライベートの情報を抜き出し、
SNS上に拡散する・・・といういじめが
一部であったことは事実です。

でも、それも現在では
ほとんど聞きません。

昨今のホステス同士のいじめとしては、

  • 無視する
  • お客様の前で遠回しにバカにされる
  • 急に意図的にお席から外される

など、表面的にはわかりづらいものに
なっているなと感じます。

叩かれたり、罵倒されたり、といった
やり方もどうかと思いますが、
個人的には、無視や席から外すなどの
ほうが悪質だな、と思いますね。

精神的にジワジワ追い込んでいく
あたりが、私としてはイラッとします。

まとめ

28年にわたり、水商売を見てきた私の
見解としては、

  • 私の時代は暴力的なものが多かった
  • ドラマで見るバチバチ感は昭和~平成初期の雰囲気
  • 現在は精神的ないじめが多い

という印象です。

いずれにしても、いじめをする側って
「しょーもない人間だな」と思います。

仕事に私情を挟む時点でプロ失格だし、
戦いたいなら正々堂々と戦えばいいのに
やることが姑息ですよね。

私のように周囲を気にしない、ある程度
ハートが強い人間ならまだしも、
気の弱いホステスさんは本当に精神を
やられてしまうと思います。

もしあなたが誰かからいじめに遭って
いるなら、内外問わず、助けを求めて
くださいね。

信頼できるママや黒服などに、
遠慮せず相談しましょう。

相談相手がいない、わかってくれる人が
いない、という状況なら、いつでも私に
電話してください。

→玲那へのいじめ相談はこちら

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

282,875 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧