色恋に対する思い&色恋をやめたいホステスさんの脱却法

色恋に対する思い&色恋をやめたいホステスさんの脱却法
ホステスの心得座学

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

色恋を推奨するお店も多くあるし、
ホステスの仕事は色恋だと断言するお店や
ホステスも多く実在することは事実です。

また、
色恋に需要があることも重々知っているし
目先の売上を取るには色恋という手法は
とても手っ取り早いものだとも思います。

私が現役時代にやっていたこと、
現在コンサルを通して教えていることは
地道で遠回りで面倒で効果を実感しづらく
多くのホステスにとっては
嫌がられるやり方なのかもしれません。

 

色恋営業を私が勧めない理由

私が色恋営業を勧めない理由はひとつ。

色恋をした結果、誰も幸せにならないから

何度も言うように、
疑似恋愛で楽しんでいただくことと、
色恋営業という手法を取ることは
まったく内容が異なります。

また、マーケティング面から見ても、
感情を煽るやり方は最終的に地獄です。

それを分かった上で色恋営業をやるのなら
ひとつの手段として良いと思います。

お客様側にも色恋のマーケットはあるので
需要と供給がマッチングすれば
お互いにストレスなくやれるでしょう。

でも、多くのホステスは違いますよね。

  • 色恋しか知らない
  • そもそも自分が色恋をしていると気付いていない
  • 色恋をやめたくてもやめられない
  • 色恋が仕事だと本気で思い込んでいる(洗脳されている)

ほとんどのホステスは
上記のような状態だと思います。

色恋は良い言い方をすれば
「相手に好意を持っている演技をする」
悪い言い方をすれば
「好意があると見せかけて相手を騙す」
ということ。

なので日々嘘をつかなければならないし
トラブルに発展する火種がたくさんあって
ホステス業がつらくなるのは当然です。

そんな働き方を私はしたくなかったし
私とご縁を持ってくださるホステスさんに
そんな仕事の仕方をしてほしくない。

もっとホステス業は楽しいものだし、
もっと人生は楽しいし、世界は広い。

自分を消耗するようなやり方は
お金を得られても幸せはないので
遠回りで面倒かもしれないけれど
私は色恋営業を一切推進していません。

 

消去法で色恋営業するホステス達の現実

そして先述したような、

  • 色恋しか知らない
  • そもそも自分が色恋をしていると気付いていない
  • 色恋をやめたくてもやめられない
  • 色恋が仕事だと本気で思い込んでいる(洗脳されている)

こういう状態にいるホステス達は
確実にターゲティングができていないので
誰にでも同じ手法を使うことになります。

その結果、
色恋を求めていないお客様まで巻き込んで
必要ない痛手を負わせたりしながら
自分もストレスを抱えるわけです。

まあ色恋をやっていたホステス自身が
ストレスで鬱々とするのは自業自得ですが
純粋に人の思いを信じるお客様は
巻き込まれるととても気の毒に思います。

ホステスがどういうつもりであろうと
最終的には「騙された」となってしまい
お互いに嫌な思いをすることになる。

まるで
『嫌な思いをするために行動した日々』
のような結末になってしまうのですよね。

そんなことは誰も望んでいないはずで、
できれば脱却したいと思っている
ホステスさんは大勢いるのだろうなあ・・・

と勝手に思っています。

 

色恋から脱却する方法

というわけで、
ここからは色恋を脱却する方法について
具体的にお話していきます。

 

ここから先は有料コンテンツです

関連記事一覧