話が噛み合わない人とイライラせずに会話する方法

話が噛み合わない人とイライラせずに会話する方法
ホステスの会話

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「あの人と話すとイライラする」
「あの人とは話がかみ合わない」

そういうお客様もいますよね。そういうとき、多くの人は話をそらそうとがんばったり、話を続けようと必死になったりするものです。

でも、結果的にイライラしたまま終わったり、ストレスが増したり・・・といった事態になるのが実情。

最終的には、疎遠にするしかわが身を守る術がない、というのが現実ではないでしょうか。そこで、本記事では、

  1. 『話がかみ合わない』の具体例
  2. 話がかみ合わないイライラの原因となるもの
  3. 話がかみ合わない人とイライラせずに会話をするには

この3つを、掘り下げていきます。

『話がかみ合わない』とは

そもそも、『話がかみ合わない』とは、どういう状態を言うのでしょうか。

こちらの言っていることが通じない状態?それとも、こちらの訊きたいこと、
話したいことが思うように進まない状態?いろいろありますが、

  • 話題がすれ違っていて、会話や議論がうまく進まない状態
  • 論点がすれ違っていて、会話や議論がうまく進まない状態

大雑把に分けると、この2つです。

『こちらの話していることが通じない=話がかみ合わない』ではなく、『いま話していることをお互いが共有できていない状態』ですね。

たとえば、コンサルで「どうしたら同伴できるか」という話題をしていたとします。私は、

 

玲那
玲那
〇〇したら同伴できるよ

 

と、『どうしたら同伴できるか』という論点で話す。ところが相手は、

 

〇〇して同伴できなかったら、どうしたらいいですか
ホステス
ホステス

 

と、『同伴できなかったらどうするか』という論点で話す。これが、論点がすれ違っている状態ですね。

この状態だと、エンドレスに「できなかったらどうする?」が続くので、終着点を見出すことができません。

コンサルが長引く人には、こういう『論点ズレ』が多いですね。

話題自体がすれ違う場合は、私は同伴の話をしているのに対し、相手はアフターや店内での接客について話したりします。

こちらのほうが、会話をしている当人にとっては混乱するので、ストレスが大きくなります。

話がかみ合わないイライラの原因は脳のタイプ

では、なぜこうした『話がかみ合わない』という状態が起きるのでしょうか。

そして、なぜ人は『話がかみ合わない』という状態に、イライラするのでしょうか。その原因は、脳の仕組みにあります。

脳には、大きく分けて4つのパターンがあります。

  1. 分析型(論理的、分析やデータを重視)
  2. 構造型(実務的、現状維持重視)
  3. 社交型(社交的、関係性重視)
  4. コンセプト型(創造的、アイデア重視)

これは、多くの企業が面接時に取り入れている「エマジェネティックス」という性格診断に基づいた『脳(思考)のクセ』を知るための分析ツールです。

1991年にアメリカで開発後、世界79ヶ国で展開されています。

分析型は、誘われたときにこう考える

たとえば、私は1の分析型です。その私に、コンセプト型の人が思い付きで『明日、ごはん食べに行こう』と言ってきたとします。

私は「何時から?」とたずね、相手は「仕事終わったら連絡する」と言ったとします。

ここで分析型の私は、2つのデータを瞬時に分析します。

ひとつは、過去のデータ。こういう約束の仕方をした人たちの、何割が実際に約束を守ったか、何割の人がドタキャンしたか。

もうひとつは、その人自身のデータ。その人の過去の行動で、何割が実行されて、何割が放置されたか。その結果、YesかNoかを判断するわけです。

が、重要な点は、約束したからといって、必ずしもその約束が履行されるとも思っていないということ。

先述したように、分析型は、過去のデータに基づいて判断をします。そこには必ず『実行されなかったデータ』も含まれます。

確率が低いとはいえ、ゼロではない。なので、約束は守られない可能性を常に頭に置いています。これが、私がドタキャンされても気にならない要因です。

構造型は、誘われたときにこう考える

では、同じパターンで、構造型がコンセプト型に「明日ごはん食べに行こう」と誘われたとします。

構造型は、私と同様に「何時から?」とたずねましたが、やはり同様に「仕事終わったら連絡する」と言われました。

ここで構造型は、2つのことを考えます。ひとつは、予測できないことに対する不安。

  • 何時までに何をしていればいいのか
  • 何時まで電話を待てばいいのか

など、約束そのものに対する見通しが立たないので、急に居心地が悪くなって不安になります。

もうひとつは、計画を立てられないことに対する不安。こちらは自分のことで、

  • 何時までに準備をすればいいのか
  • 何時まで何をしていればいいのか
  • いつ出発すればいいのか

などの、計画が立たないことに対する不安です。その結果、構造型は、

「何時にするか」
「どこで待ち合わせるか」
「何を食べるか」

といった、細かいことを決めないと気が済まず、不安を埋めるために質問攻めにしたりします。

社交型は、誘われたときにこう考える

こちらも同様に、コンセプト型に、食事に誘われたとします。

そして、同様に「何時にする?」とたずねたら「仕事が終わったら連絡する」と言われたとします。ここで社交型は、2つのことを考えます。

ひとつは、関係性。相手が上司で自分が部下の場合、「仕事が忙しいんだろうな」などを直感的に考えて、想像した相手の状況に同調します。

もうひとつは、協力体制。忙しい相手に代わって、自分にできることなどを考えます。その結果、

  • 「じゃあ、お店は自分が探して予約しておこう」と動く
  • 「もし忙しくてドタキャンになってしまったら、こうしよう」と細々したことを先回りして考える

たりします。秘書みたいですね。

コンセプト型は、誘われたときにこう考える

では、最後に、コンセプト型がコンセプト型に食事に誘われ、「仕事が終わったら連絡する」と言われたら、どう考えるか。

「連絡するって言ったんだから、連絡があるだろう」くらいです。

  • 細かいことは、明日連絡があってから決めればいい
  • 行きたいお店も、事前に決めたって、明日は気が変わるかもしれない
  • 明日、集合してから決めればいいじゃん
  • 待ち合わせも、明日話して決めればいいし~

と。どうです、コンセプト型同士、気が合いそうじゃないですか?

話がかみ合わない人とイライラせずに会話をするには

さて、脳のタイプが分かったところで、『どうすればイライラせずに済むか?』が分からなければ意味がないですよね。

そこで、各タイプがイライラする原因と、対処法を具体的に見ていきましょう。

分析型は「裏付けのないこと」にイライラする

分析型はデータ重視なので、裏付けのないことに対して、非常にストレスを感じます。

私自身のことなのでよく分かりますが、極論を言えば、知らない(データのない)人と約束をすることが大嫌いです。

なので、「なぜ?」とたずねることで、データ収集をします。ある程度のデータがそろわないと、判断ができないからです。

これを理解できない人には、詰問に感じたり、話がそれているように感じたりすることがあるでしょう。

とはいえ、この『裏付け』は小むずかしいデータが必要なわけではないのですね。

たとえば、あなたが何か思い付きで発言をしたとして、私から「なぜそう思うのか」とたずねられたとします。そこで、

 

何となく
思い付きです

 

とでも言ってくれれば、『コンセプト型かな?』とデータになるので、OKなんです。

分析型にとって一番最悪なのは、黙り込むこと&「わかりません」を連呼することですね。

こうなると『この会話自体に何の意味があるのか』となってしまいます。

このタイプにもっともイライラするのは、コンセプト型と構造型ですね。細かいことが嫌いなコンセプト型は「なぜ?」と訊かれると、答えに困ります。

構造型は、予測しないところで「なぜ?」と訊かれるので、困惑します。

このタイプと話していて『話がかみ合わない』とイライラする人は、根拠を示せていないことが最大の原因です。先述の食事の例で言うと、

  • 仕事のことで話があるんだけど(根拠)、明日ごはん行かない?
  • 何時に終わるか分からないから(根拠)、仕事終わったら連絡する
  • 時間を決めておかないと不安なので(根拠)、いま決めてもいい?
  • 私は時間に余裕があるから(根拠)、よかったら迎えに行こうか?

など、根拠をつけて話すようにするといいでしょう。

構造型は「予測できないこと」にイライラする

構造型は、計画性や変化しないことを重視するので、予測できないことに対して大きなストレスを感じます。先述の食事の例で言うと、

  • 本当に時間通りに来るのかな
  • 行き当たりばったりで空いてるお店は見つかるのかな
  • ちゃんと待ち合わせ場所が分かるかな

などなど、あらゆることが心配になるわけです。こういう人に「明日決めればいいじゃん」と言うと、

 

でも・・・
やっぱり・・・
もし〇〇だったら困るし・・・

 

と言われたり、

 

これどうする?
こっちはどうする?
あれはどうしたらいい?

 

と、質問攻めに遭ったりします。仮に、それを言えない人だと、勝手に1人でストレスをため込んで、相手に対して嫌悪感を膨らませていきます。

このタイプにもっともイライラするのは、コンセプト型と分析型ですね。

コンセプト型は細かいことを嫌うので「面倒だな」と感じ、分析型は堂々巡りの話に意味を見出せず、イライラします。

このタイプと話していて『話がかみ合わない』と感じてイライラする人は、予測可能な情報を提示できていないことが最大の原因です。

先述の食事の例で言うと、

  • 〇時前後に集合でどう?もしかしたら30分くらい遅れるかもしれない(予測)けどいい?
  • 〇〇駅周辺のカフェ集合でどう?そこなら少し待たせることになってもお茶しながら待てるでしょ?(予測)
  • 〇〇周辺ならランチできるお店いっぱいあるから(予測)、お店はその辺に行って決めようか

など、予測できる情報をセットにして話すといいでしょう。

社交型は「同情できないこと」にイライラする

社交型は関係性重視なので、関係性が薄く同情できないことにイライラします。

また、人を直感で判断する傾向にあるので、「この人はこういう人」と一度思われてしまうと、そのイメージを払しょくすることは困難な相手です。

つまり、端的に言うと『だれが言うか』がもっとも重要なタイプですね。

同じ食事に誘うでも、関係性が薄く、同情できない相手だと『なぜ私が行かなきゃいけないのか』と不満を抱きやすくなります。

分析型との大きな違いは、その理由を示してもなお「だからといってなぜ私?」となる点です。

このタイプにもっともイライラするのは、分析型ですね。

根拠の多くが感情なので、「もっと冷静にあらゆる可能性を見て判断できないのか?」とストレスになります。

このタイプと『話がかみ合わない』と感じてイライラする人は、関係性を築けていないか、同情ポイントを作れていないことが最大の原因。

先述の食事の例で言うと、

  • 仕事であなたの力を借りたい(関係性)んだけど、できれば会社の人間がいないところで話をしたいから、食事に付き合ってくれない?
  • 〇〇部長があなたをとても評価していた(関係性)から、ぜひあなたに協力してほしい(同情)ので、食事でもしながら相談に乗ってほしい
  • 仕事が立て込んでいて時間が読めない(同情)から、終わってから連絡するよ
  • 食事処には詳しくない(同情)から、あなたのおすすめのお店があるならそこにしよう

など、関係性の提示と、同情ポイントの発信をセットにしましょう。

コンセプト型は「細かいこと」にイライラする

コンセプト型は大らかでひらめきを重視するので、細かいことを言われるとイライラします。

 

明日決めればいいじゃん
連絡するって言ってるじゃん
細かいなー
めんどくさいなー

 

となるわけですね。4つのタイプの中では一番『話がかみ合わない』と思われるタイプではありますが、話をうやむやにしようとしているわけではないのです。

その場の気分やひらめきを重視したいので、今は決められない、というだけ。このタイプにもっともイライラするのは、構造型ですね。

とにかく予測が立たないので、計画も立てられず、思い付きに振り回されるような感覚で多大なストレスを感じます。

このタイプと『話がかみ合わない』と感じてイライラする人は、相手を受け入れられていない、自分を理解してもらえいないことが最大の原因

先述の食事の例で言うと、

  • ざっくりとでも時間が読めるほうが助かる(自己開示)ので、大体でいいから何時くらいになりそう?
  • いろいろやりたいことあって計画立てたい(自己開示)から、最短で何時になるかだけでも教えて
  • じゃあ明日連絡待ってるね(相手理解)。〇時までに連絡がなかったら、キャンセルだと思ってていい?

など、自己開示と相手への理解を示すといいでしょう。

まとめ

  • 話がかみ合わないのは脳タイプが違うから
  • 話がかみ合わずイライラするのは「論点や話題」がズレるから
  • タイプに合わせて話し方を変えるとスムーズになる

『話がかみ合わない』と感じることが多い人は、自分に相手を合わせようとしていることが多いです。

たとえば、私を例にすると、私が分析型だから、あなたも分析型になって話してくれるのが当たり前、のように話すのですね。

そうなると、構造型や社交型、コンセプト型にとっては、論点がズレるので、イライラします。

そうではなくて、「相手は構造型なんだな、じゃあこういう話し方をしよう」と切り替えていくことが重要です。

相手が変わるたびに思考グセを変えることは困難ですが、話し方を変えることは簡単ですね。相手をイライラさせることが多い場合は、

コミュニケーションコスト要因を抱える人が人間関係を円滑に築くための心得

こちらも、合わせて読んでみてください。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,931 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧