ホステスの禁句ワード「悪口」!会話に困っても悪口を言ってはならない3つの理由

ホステスの禁句ワード「悪口」!会話に困っても悪口を言ってはならない3つの理由

© ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

お客様と会話をしていると、
悪口を聞くことがあります。

「会社の○○は、ホント××なんだよね」
「○○って、イヤな奴だよ」

などと会社や生活上での人間関係について
お聞きすることって多くありますよね。

また時には他のホステスやママのことを
悪く言うこともあります。

「○○ちゃんって性格悪いよね」
「ママは好きになれないんだよな」
「○○ちゃんの接客は最低だけど、
きみは礼儀正しくていいよね」

こんなとき、
あなたはどう受け答えしていますか?

まさか、お客様と一緒になって
悪口を言ったりしていませんよね?

ホステスは、お客様の口車に乗って
悪口を言うべきではありません。

会話力を磨いてうまく話の展開を
作ってきましょう。

 

会話に困っても悪口を言ってはならない3つの理由

あなたが本気で売れたいと思うのであれば
基本的に人の悪口を言ってはいけません。

なぜか?
三つの理由としてまとめてみました。

 

話題に出された人の耳に入るリスク大!

今までの人生の中で、
「世の中って狭いなあ」と感じたことって
一度や二度はありますよね。

意外な人が意外なところで繋がっていたり
届かないと思っていた話が伝わっていたり
トラブル経験を持つ人もいるでしょう。

お客様との会話であっても、
それは例外ではありません。

まさかこのお客様から
話が漏れることはないだろう。

そう思っていても、
可能性はゼロではありません。

中にはあなたから悪口を引き出して、

「あいつがお前の悪口を言っていたぞ」
と悪意をもって伝える人も実際にいます。

いずれにしても、
その人の耳に入る可能性がある
ということを考えておかねばなりません。

 

ホステスが悪口を言っていたことに!

お客様の会話の中での悪口であっても、
ホステスに同調を求めてこられ、

「そうですよね」
「おっしゃる通りですね」

と答えてしまったがために、
あなた自身が悪口を言っていたことになり
トラブルになってしまうことがあります。

そんなつもりではなくても、
お客様からすれば自分の求めに
同調してもらっています。

これだけでも、
「一緒に悪口を言った」
「ホステスがあいつの悪口を言った」
ということになってしまいます。

お客様の話に共感部分があるとしても、
事実は何も分かりません。

あくまでもお客様が一方的に話すことで、
こちらは推測しかできない。

しかも「被害者意識」を持って話すとき、
人は自分を悪者にしないものです。

安易に同調することは良くないのです。

 

同調されてもお客様自体は気分が良くない

お客様自身が発する悪口であっても、
ホステスが同調したところで必ずしも
お客様が心地良いとは限りません。

むしろホステスが一緒になって
悪口を言ってしまったことで、
「このホステスは人の悪口を言うんだ」
と、引いてしまうこともあるのです。

必ずしも同調を求めているわけではない。

参考
お客様を惹きつけるホステスの「共感力」~お客様はホステスに何を求めているのか
お客様を惹きつけるホステスの「共感力」~お客様はホステスに何を求めているのか

間違った使い方をすると信用を失います。

続きを見る

聞いてもらいたいだけかもしれません。
違う視点がほしいのかもしれません。

あくまで
「悪口の内容を受け止めていく姿勢」
を貫くのみ、に絞りましょう。

 

お客様から悪口を聞いたときの対処法

悪口は受け止めていく姿勢で

ホステスはお客様の話を、
一歩引いた立ち位置で受け止めていくこと
が大事です。

お客様から悪口を聞いている場合でも、
悪口を言いたくなる状況があった事実だけ
を受け止めていきます。

「それほど辛いことがあったんだ」
「嫌なことがあったんだ」
「腹の立つことがあったんだ」

と受け止めていくことがホステスの役目。

参考
お客様がホステスに求めている「受容」とは~適度な距離間で「受け止める」姿勢
お客様がホステスに求めている「受容」とは~適度な距離間で「受け止める」姿勢

お客様が求めている「受け止める」とはどういうことか。

続きを見る

 

別の話にすり変えてしまう

悪口を聞くことはホステスにとっても、
あまり気持ちのいいものではありません。

とはいえお客様に対して、

「人の悪口はやめておきましょうよ」
「陰口を叩くのはダメですよ」

と指摘することは、
大半のホステスさんにとって困難ですね。
下手をすると関係を壊しますし。

正論で話の流れを切ってしまうのではなく
ホステス本来の役割を考えてみましょう。

そもそもホステスは、
お客様に心地よい時間を過ごしていただく
という仕事ですよね。

誰かの悪口は、
後味の悪いものになりがちです。

だとすれば同調してしまうのではなく、
別の話にすり替えるのも手です。例えば、

「そんな大変なことがあっても、
○○さんの行動は素晴らしいですね」

と、お客様自身の話にすり替えることも
1つの対処法です。

お客様自身の自己肯定感も高められるし、
話を聴いてもらえたと感じていただけて、
結果オーライの可能性は大ですね。

そうやってうまく受け止めていくと、
お客様の感情も少しずつおさまります。

参考
お客様が喜ぶ褒め方~新人ホステスが知っておきたいさりげなく褒める方法
お客様が喜ぶ褒め方~新人ホステスが知っておきたいさりげなく褒める方法

まずは「褒める」技術を持ちましょう。

続きを見る

 

最後にはあたたかで幸せな気持ちで
帰路についていただく。

それがホステスの仕事ではないかな?
と、私は思っています。

 

ホステスは日常の訓練が重要!「お客様と会話で遊ぶ」とは

ホステスの心得|OPEN

ホステスは日常の訓練が重要!「お客様と会話で遊ぶ」とは

遊び心があるか?が大事です。

見てみる?

信頼関係とは何か、良いお客様とは何か

ホステスの営業について

保護中: 信頼関係とは何か、良いお客様とは何か

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

見てみる?

噂話が好きなお客様は○○○が欲しい人

ホステスの心得座学

噂話が好きなお客様は○○○が欲しい人

どう見るか?で対応が変わりますね。

見てみる?

ホステスが会話上手になるための必須条件

ホステスの心得|OPEN

ホステスが会話上手になるための必須条件

ホステスは噺家じゃない。

見てみる?

目下への態度で分かる小心度

MTSコース

目下への態度で分かる小心度

中学生と言われないようにしましょう(笑)

見てみる?

ホステスの心得座学

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プライベートではMダックス4匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2020年1月に重度の調節障害発症、スマホ画面はほぼ見えていません(笑)音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)。最近はドラムも叩きつつ歌も再開しました♪

-ホステスの心得|OPEN
-, , , , , , , , , , , ,

© 2020 ホステスの心得