お酒が飲めない人もガールズバーで働ける?【方法や注意点を徹底解説!】

お酒が飲めない人もガールズバーで働ける?【方法や注意点を徹底解説!】
ホステスの心得|OPEN

ガールズバーで働いてみたいけど、「お酒が飲めないから…」と諦めていませんか?昔から、水商売とお酒はセットで考えられていますが、実はお酒が飲めない人でもガールズバーで働くことは十分に可能です!

しかし、ただ単に「お酒は飲めません。」と言えば、済む話ではなくいくつかの工夫が必要とされます。

そこで、この記事では全くお酒が飲めない人でもガールズバーで働く方法から注意すべき点、その対策まで徹底的に解説いたします!

 

お酒を飲めない人がガールズバーで働く方法

アルコールが苦手でもガールズバーで働きたい方は、

  • お酒以外の武器を身に付ける
  • 飲めなくても良い環境を探す

ということが大切です。そもそも、ガールズバーの仕事は酔っぱらうことでは無く、お客様を楽しませることです。お酒はそのための1つのツールに過ぎないため、他に強みとなる部分があれば、問題ありません!

お酒が入っていなくても、テンションを上げて接客したり、今よりも容姿やトーク力を磨いたり、その方法はいくらでもあります!

しかし、どんなに努力をしてもお酒の売上をメインにしているお店に入ってしまえば、飲まざるを得ません。そうならない為にも、面接のときにお酒を飲めないことを正直に伝えておきましょう。

地域によっては求人に「ノンアルでも大丈夫!」「飲めなくてもOK!」と書かれているお店もあるので、まずはそのようなお店を探すのも良いかもしれません。

 

お酒を飲めない人がガールズバーで働く注意点

ここまでの環境が整えば、快適にガールズバーで働くことも可能ですが、一つ大きな問題点があります。それは、あまり稼げないことです。

ガールズバーは「時給+ドリンクバック」という給料形態をとっている場合が多く、お酒を飲まなければ、時給だけしかもらえません。

キャバクラやクラブであれば、同伴バックや指名バックなど、お酒を飲む以外にも様々なバック制度があります。しかし、ガールズバーには風営法などの関係によりこれらの制度がないので注意しましょう。

 

お酒を飲めない人がガールズバーで稼ぐ方法

このような環境でも稼ぐためには、

  1. 時給を上げる
  2. フェイクを用意してもらう
  3. ドリンクバック以外で稼ぐ

などの工夫が大切です。理想的な形は、お店側にメリットを提示して時給をあげるという方法です。

人気商売であるガールズバーでは、指名制度がないだけで特定のキャストを目当てに来店されるお客様も珍しくありません。

このような数字(売上)を持っているキャストに辞められてはお店側としても困るので、ある程度の要求は呑んでくれるでしょう。また、

  • キャストが休みがちな日でも出勤する
  • スタッフの仕事も手伝う
  • 後輩の指導やケアを行う

など、売上に直結はしませんが、お店への貢献度で、時給を上げたりボーナスを貰うという方法もあります。

これらがダメな場合は、そもそも時給の高いお店やドリンクバック以外のバック制やフェイクを準備できるお店に移籍することも考えましょう。

最近では、メイドやアイドルの姿にコスプレして接客を行うようなコンセプトガールズバーも増えており、チェキやグッズ販売によって稼ぐという方法もあります。

 

まとめ

  • お酒が飲めなくても働ける!
  • 飲めない!稼げない!なら、他の武器を見つける
  • お店選びはかなり重要。移籍も視野に入れる

 

このようにお酒が飲めなくても、ガールズバーで働くことは十分に可能です!

ガールズバーはお客様を楽しませる場所であり、自分が飲まないからと言ってお客様が楽しめないわけではありません。なので、お酒が飲めないから・・・と諦めるのではなく、その他のスキルを身につけましょう!

 

 

ホステスの心得

ホステスの心得

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

288,031 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧