30代ホステスの働き方

30代ホステスの働き方
下書き

水商売をする人なら、年齢を重ねれば誰しも「引退」を意識すると思います。

20代の頃はホステスとしてバリバリ仕事ができる歳ですが、30代になると周りよりも歳をとっていることが気になったり、若い頃のようにチヤホヤされることも少なくなるため働きにくくなることもあるでしょう。

ですが、常に自分を磨いている人は歳を重ねるごとに魅力が増していくもので、20代の頃よりも30代になってからの方が魅力的に見える人もたくさんいます。

つまり歳を取るということは、自分の考え方次第で良い方向にも悪い方向にも変わるということです。

では、どうすれば30代になっても自信を持ってホステスとして働くことができるのでしょうか。この記事では、30代のホステスの方が30代のホステスだからこそ輝ける方法を紹介しようと思います。

 

落ち着いた雰囲気の女性を演じる

いくつになっても若くいようとする気持ちから、30代になっても20代の頃と変わらずキャピキャピしたキャラのホステスの方を見かけることがあります。

たしかにいつまでも若くいようと頑張ることは大切ですが、若いことが必ずいいことだとは限りません。特にクラブのような場所であれば、年齢層が高めのお客様も多いので、落ち着いて話ができるホステスの方が重宝されます。

30代だからこそ出せる落ち着きを見せて接客することで20代にはないものを演出することができるため、他のホステスに差をつけることができます。

もちろん自分の性格に合ったキャラを演じることも大切です。

が、歳を取るにつれてその歳に応じたキャラを演出することで自分の魅力を最大限生かすことができるので、30代になったらちょっと落ち着いた女性を演じるようにすることをオススメします。

 

無理に若作りしない

30代になれば、外見も内面も無理に若作りしないことも大事になってきます。

ずっと「若ければ若い方が良い」という考えを持っている人が陥ってしまうことですが、若いことに価値があると勘違いしてしまうことで必要のない若作りをしてしまうのです。

たしかに若さには価値があるかもしれません。でも、歳を取ることにも若さと同じくらいの価値があるということも忘れないでください。

歳を取るということは、その分若い頃より経験値も上がっています。その経験は、若いうちには得られなかったものでしょう。

なので歳を取ることも良いことだとポジティブに考えて、無理に若作りすることなく今の自分は魅力的だと思うようにしてみてください。

 

今の自分に似合うメイクをする

30代になれば、20代の頃にしていたメイクのままだと浮いてしまうことがあるので、今の自分に似合うメイクを再確認することも大事です。

30代にオススメなのは、上品な艶のあるメイクです。

人はどうしても歳を重ねると、肌に疲れが目立つようになったりシワやシミができたりするものです。でもそれを厚化粧で隠そうとすると、かえって老けて見えてしまいます。

店内は比較的暗くてライトでごまかせる部分も多いので、艶のあるメイクを心がけて気になる部分を目立たなくするようにしてみてください。

また、アイメイクやリップも濃くしすぎると老け顔に見える原因になるので、自分が思うよりも少し薄めにしてみると垢抜けて見えるのでぜひ試してみてください。

 

まとめ

  • 落ち着いた雰囲気女性を演出する
  • 無理に若作りしない
  • 今の自分に似合うメイクをする

 

女性はいつまでも若くいたいと願うもので、歳を取ることを素直に喜べないという人も多いことでしょう。でも、歳を取ることを良いことだと前向きに考えれば、歳を武器にすることだって可能なのです。

今回紹介した方法は誰にでも実践できることです。20代にはない30代だから出せる魅力を最大限引き出して、ホステスとして自信を持って働きましょう。

 

ホステスの心得

ホステスの心得

売れっ子ホステスのコンサルティング

sakura

2,535 views

山口県のラウンジで4年間働いていました。 その経験から接客方法やマナー、盛り上がる話題など、接客に役立つ情報を執筆していきたいと思います。

プロフィール

関連記事一覧