「立地条件」を間違えると潰れる

「立地条件」を間違えると潰れる
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

これからお店を出そうかなー、と考えている方、または既に経営している方に限らず、雇われている側にとっても、

『お店の立地条件は重要』

です。これは商業地区だから良いとか、繁華街だから良いとか、中心だから良いとかではなく・・・。

『自分が持っている客層に合っているかどうか』

これが最大の条件になります。逆に顧客を持っておらず、これから心機一転で始める人は、

  • その立地条件に遭った商売の仕方をする
  • 自分が希望する客層のいる場所で働く

このどちらかを選べば良いのです。闇雲にやるよりは、ポイントが絞れます。

たった1本の道が、客層を大きく分ける境界線になっていることは、よくあるものです。何を隠そう、私もそれで失敗した1人です。

私がホステス現役時代を過ごした街は、大きく分けて2つの客層があり、とても極端。

スーツ姿のサラリーマン族や会社役員などが接待の場として使う、平均40~50代以上の街と、私服姿でプライベートな飲み会で使う平均20~30代の街。

これがメイン道路を挟んで、きれいに真っ二つに分かれているんです。

私が持っている顧客層はスーツ&接待族の40代以上、それなのに20~30代がメインの街で働いたことがあり、売上を出すのにかなり苦労しました。

最初は、「やるべきことさえやっていれば、絶対来てくれるはず!」なんて思ってました。自分の甘さに、叩きのめされました。

どうがんばっても、月に160万しか売り上げられない。

たった道1本、徒歩2~3分の距離なのに全然違います、お客様が求めるものも全然違う。

それでも、来てくれるお客様はもちろんいました。が、たった1本の道を超えるために、タクシーに乗って来る方もいました。

私がそのお店を選んだ理由は、またの機会にお話ししたいと思います。が、たった1本、されど1本。

目の前の道が、商売の明暗を分けることがあります。

これから働く場所を探すとき、特に移籍や独立する際などは、よーーーく考えてから店舗を選びましょう。

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

332,225 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧