コンサルとしての私の思い~ホステスとして売れるということ~

投稿日:

コンサルとしての私の思い~ホステスとして売れるということ~

© ホステスの心得

こんにちは。
ホステス専門アドバイザーREINAです。

目次はこちら

このサイトではあまり「私の思い」的な
ことを語っていないので、今日は少し
そこについて触れたいと思います。

  • 私がなぜ「ホステス」にこだわってコンサル業をしているのか
  • どういう思いでこの仕事を続けているのか

という点です。

ビジネス的に言えば、正直言うと、
ターゲットを変えたほうが儲かります。

たとえばネット起業して稼ぎたい人とか、
モテ男子育成とか?(笑)

そしてそのほうが圧倒的に私は合ってるし
ストレスもあまりないだろうなーと
遠い目で自覚しています( ̄-  ̄ ) ンー笑

それでもホステスにこだわり、
あと少しで10年という節目を迎えます

私自身もいま変化の時期なので、
自己再確認含めて綴りたいと思います。

そんなもんいらん、ノウハウよこせー!

というクソホステス様は、
どうぞお引取りくださいませ(笑)

 

「売れないホステスだった私」に後悔があるから

私がNo.1になったのは、
ホステスデビューから8年経ったとき。

振り返ればその8年の間にも幾度となく
チャンスはあったし、多くの人が様々な
学びを提供してくださっていました。

でも当時の私には、
それを受け取るだけの器も余裕もなく、
自分のことで精一杯でした。

自分なりに一生懸命生きていたつもり、
でもまさにその「一生懸命」の方向が
間違っていることにすら気付かず。

・・・いえ、認めたくありませんでした。

だから、目の前に差し出された手を自ら
払い除けてずいぶん遠回りをしました。

もしももっと早くに素直になれていたら
経験せずに済んだ痛みがたくさんあった。

今となってはその痛みも人生の糧ですが、
避けられるものだったな・・・と思います。

参考
秋好玲那のヒストリー
秋好玲那のヒストリー

読む人にとっては少々衝撃らしいのでご注意ください。

続きを見る

この業界には、過去の私を含めて、
様々な事情を抱えた人達が集まります。

一歩間違えると、大変な目に遭います。

全員は助けられないけれど、
せめて私にたどり着いて、
私を信用してくれたホステスさんには、
そういう経験をしてほしくない。

その思いで今日までやってきました。

 

誰か1人でもバトンを受け取ってくれるホステスさんがいれば

私が現役時代にお世話になった方々、
今もお世話になっている方々は、
まだ夜の街に足を運んでいます。

私は夜の街で彼らと出会ったからこそ、
人と触れ合うあたたかさを知りました。

彼らが私に与えてくれたことは、
お金には代え難いものばかりです。

お店で楽しんでいただくことは当たり前。
それなら私でなくて構いません。
(お酒も飲めないし色も売れないし笑)

誰でもいい代えの利くレベルの仕事を
したくなかった私は、

どうしたら互いにより良い関係性を築いて
心通わせることができるか、
人として繋がっていけるか、
お客様の人生が少しでも豊かになるか。

嬉しいとき、楽しいときだけでなく、
つらくて心潰れそうなときにも、
「玲那がいる」と思い出してもらえるか。

それだけを追求してきました。

だから私は絶対に色を売りたくなかった。

色恋がストレスだからではなく、
心の交流がしたかったからです。

こんなこと考えるホステスは少ないのかも
しれないけれど、これは私がお客様から
長い年月をかけて教わったものです。

1人でもこのバトンを受け取ってくれる
ホステスさんがいるなら、渡したい。

そういう気持ちでやってきました。

お陰様で1人どころか、
予想以上のホステスさんが共鳴してくれ、
その文化を各地で広めてくださり、
本当にコンサル冥利に尽きる思いです。

 

ホステスだった自分に自信を持って次のステップへ進んでほしい

この世界に足を踏み入れる人の大半は、
いつかホステスという仕事を卒業し、
違う世界へ飛び立っていく日が来ます。

次の目標のために働いている人、
夢を見つけるまでの繋ぎの人、
結婚して家庭に入る人もいるでしょう。

私も今はホステスではありません。

もちろん、独立してお店を持つことが
目標のホステスさんもいるでしょう。

いずれにしても、一生涯をいちホステスで
終える人のほうが稀ですよね。

一歩外に出れば、ホステスという仕事は
偏見や風当たりの強いジャンルです。

参考
ゴミ箱と分別されたゴミ
水商売は社会のゴミ?ホステスが知っておくべき世間の声

ホステスが「社会のゴミ」と言われるのは身から出たサビだと思う件について。

続きを見る

1年後、3年後、5年後、10年後、
あなたがどこで何をしているのかは、
分かりません。

そのときにホステスだったことを悔いたり
恥じるような日々にはしてほしくない。

と思います。

ホステスである今のうちに多くのことを
学んでビジネスと共に心の成長を遂げ、
何の肩書きを持たずとも魅力的な人として
自分に自信を持って次に進んでほしい。

そしていつか、
「あの経験があったからこそ今がある」
と葛藤した日々を笑えるようになれば。

そう願ってやみません。

 

以上が、私がホステス専門で
コンサルを続けてきた理由であり、
Mind Tuningを作った理由です。

 

コンサルの立場として私が抱いているホステスさんへの思い

私のサービスはすべて、
小手先のノウハウがほしいだけの人や
お金を稼げれば人はどうでもいい人、
ヨシヨシしてほしい依存100%の人は
完全に不向きです。

私はあなたをお客様扱いしません。

なぜなら、あなたのためにならないから。
あなたが自立できなくなるからです。

私が売れる直前、
ある人が私に教えてくれました。

「ビジネスとは自分の価値観が
文化として広がっていくこと。だから
おまえの考え方やあり方が一番重要」

私はこの言葉を今でも大事に思っていて。

あなたもビジネスとして
ホステス業をやっている立場です。

あなたが売れるということは、
あなたの価値観がお客様に影響を与え、
あなたのあり方にお客様が共鳴する、
ということです。

そんな存在であるはずのあなたが、
誰かに何とかしてもらうことを求めて、
少しでも苦しいと逃げてしまい、
ちょっと厳しいと傷付いて被害者面で
誰も分かってくれないと騒ぐようでは、
誰もあなたに共鳴などしない。

少なくとも良客と呼ばれる方々は、
そんな人と心の交流などしたがりません。

あなたにはそうなってほしくないので、
私は「甘やかさない」と決めています。

人に振り回されて一喜一憂するような人が
人に影響を与えられるわけないですよね?

 

もう一度、重ねて書きます。

売れる、稼ぐということは、
あなたの価値観が広がるということです。

そしてホステスという職業は、
人間関係そのものが商品です。つまり、

人間関係に対するあなたの価値観が
文化として広がっていくこと。

これがホステスとして売れるということ。

こう言えば、あなたが売れない理由も
何となく分かるはずです。

でもそれを体現できたら、
あなたの人生は大きく好転します。

1人でも多くのホステスさんが成長し、
生きづらさを手放して自他を大切に
より良い人間関係を築けるようになり、
あたたかな価値観を広めてくれること。

それがコンサルとして10年を迎える
私の一番の願いです。

※むしろ、ここに共鳴してくださる方なら他業種の方でも心から大歓迎!!!

ここに共鳴してくれる人がいなくなったら
その日が引退時期だな、と思っています。

幸いにも、もう少し続けられそうです^^

 

仕事で落ち込んだときどうしてた?引退を決めた経緯は?

心理学

保護中: 仕事で落ち込んだときどうしてた?引退を決めた経緯は?

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

見てみる?

心理学から見る「売れないホステス」がいつまでも売れない理由

ホステスの仕事とは

心理学から見る「売れないホステス」がいつまでも売れない理由

メンタルが変わると売上も客質も上がりますよ!

見てみる?

ホステスが悩みがちな「連絡先を聞いてもいいのか」への対処法

OPEN|どなたでも読めます

ホステスが悩みがちな「連絡先を聞いてもいいのか」への対処法

そんな個人個人の顔色なんか伺ってられないわ!って思ってましたよ私は、ええ。

見てみる?

大学や会社をやめてホステス1本に絞ろうか・・・という悩み

LINE@おともだち限定

保護中: 大学や会社をやめてホステス1本に絞ろうか・・・という悩み

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

見てみる?

ホステスを辞めたいと思ったことはありますか?

LINE@おともだち限定

保護中: ホステスを辞めたいと思ったことはありますか?

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

見てみる?

LINE@おともだち限定で募集START!

心理プログラムMind Tuning

ホステスの心得座学

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
REINA@ホステス専門アドバイザー(管理人)

REINA@ホステス専門アドバイザー(管理人)

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴9年目に突入しました。プライベートではMダックス5匹と暮らす犬アレルギーの愛犬家。鼻炎薬欠かせません。2ヶ月足らずで9,000km以上走り愛車をぶっ壊す勢いの運転好き。音楽一家に育った元バンドマン(ボーカル)で最近はどっぷりドラムにハマッています♪

-ホステスの仕事とは
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© 元No.1ホステスによる「ホステスの心得」 , 2019 All Rights Reserved.