嫌われ者ホステスのLINE営業の心得

ホステスの心得|OPEN

こんにちは!高級クラブ元No.1ホステスの芹沢 みお です。今、このページを読んでくださっている皆さまは、志の高い、夜職に自信を持ったホステスですよね。

水商売は頭の回転が早くないとできない素晴らしい職業だと芹沢は思っています。しかし、世の中ではホステスは嫌われ者なこと、しっかり自覚していますか?

ホステスは彼氏持ちの女性、既婚女性の敵です。ゴミレベルに思われています。本日はそんな嫌われ者であるホステスが、お客様に迷惑をかけないLINE営業の心得をお伝えします。

女の敵のホステスはLINE営業にはとにかく気を遣え

色恋営業を全くしていなくても、『ご主人がホステスと飲んでいた、LINEでやりとりをしていた』これで激昂する奥様はいらっしゃいます。

実際、芹沢はキャバ嬢時代にもホステス時代にも、お客様の奥様が激昂し、電話がかかってきた経験があります。キャバ嬢時代の経験はこれは完全に芹沢のミスです。ノリのいいお客さまだったので、

お客様
お客様
同伴しようよ!

といったメールが来ると(LINEなし時代です。恥)

ホステス
ホステス
行く行くー♡
いつ行きましょうかー♡楽しみ♡
ホステス
ホステス

と、何にでもハートマークを使ってしまっていたんですね。はい、バカキャバ嬢でした。ご主人のことが大好きな奥様だったのか、浮気と感じたのか、

奥様
奥様
てめぇー!!死ねーーーー!!

と、それはそれはすごい剣幕で怒られました。どんなに謝罪しても怒りが収まることはなかった、痛い思い出です。ホステス時代は奥様から、

うちの主人の稼いだお金を吸い取るな。
奥様
奥様

と言われました。

ホステス
ホステス
勝手にオタクのご主人が頻繁に遊んでるんですよ・・・

と言いたくなりましたが、やましいことはなく、

  • 仕事としてホステスをやっている
  • ご主人は他のお客様の付き合いでお店に来ている(嘘)

とお話して、こちらは納得していただきました。が、ホステス相手に本気で怒ったり、不安になる女性はいらっしゃいます。

『私たちは嫌われている』ということを常に念頭に置いて、お客様の隣に奥様か彼女がいると意識しながらLINEの文章を書きましょう。昔の芹沢のようなバカなハートマークは事故の元なので、つけないようにしましょうね。

気軽なLINEスタンプもホステスは使い方を気をつけろ

今は多種多様なLINEスタンプがあって、文章がなくともコミュニケーションがとれて便利ですよね。しかしこちらもやはり注意が必要。

スタンプを使ったやりとりをしていると、ハートマーク同様に可愛らしく、且つ親密度が高く見えます。また、LINEスタンプのデメリットとして「バカに見える可能性がある」という点が挙げられます。

お客さまもLINEスタンプを使用しているならまだいいですが、お客様は全く使用していない場合、手軽なLINEスタンプにより幼稚且つバカな印象を与える可能性があるのは大きなリスクです。

LINEスタンプの使用方法もホステスは注意していきましょう。

ホステスにおすすめのLINE営業

1番被害が少なくLINE営業をするコツは『絵文字、スタンプは使わないキャラ』を作ってしまうことだと思います。

E-mail同様、シンプル且つ丁寧な文章を心がければ、たとえメールをお客様の奥様や彼女に見られても「営業だな」と理解してもらいやすいです。また、知的な女性が好きなお客様にも、シンプルなメールは好印象です。

少し柔らかい印象を出したいときは語尾を「してください。」ではなく「してくださいね。」に変えると女性らしさを出せます。

個人的にはメールはさっぱり。お店では最高の笑顔で接客をすることが、ギャップがあっていいと思います。

まとめ

本日は芹沢の「バカ実例」と共に、ホステスのLINE営業の心得についてお伝えしました。

気軽、手軽なLINEですが、それに甘えず、メール、手紙と同様に丁寧に、そして送信時間帯もよく考えて慎重にLINE営業をしてくださいね。皆さまの成功を願っています!

>>>サイトの目次へ移動する

ホステスの心得

芹沢みお

1,360 views

水商売歴12年。首都圏某高級クラブ元NO.1ホステス。現役時代は色恋ではなく、1人の人としての関係性を重視した接客を大切にしておりました。お客様の心に響く接...

プロフィール

関連記事一覧