売れっ子たちがシレッとやっている接客術

売れっ子たちがシレッとやっている接客術
ホステスの接客

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

「初対面のお客様が苦手で・・・」というベテランホステスさんって、意外と多いって知ってましたか?

人見知りで会話が続かないと悩むホステスさんへ』でも書きましたが、私もかなりの人見知りです(だれも信じてくれませんが)。

でも、緊張するのはあなただけじゃなく、お客様も同じなんです。

でも、緊張するのはあなただけじゃなく、お客様も同じなんです。

売れっ子ホステスたちがその緊張をどうやってほぐしているか、そこに何が必要なのかをお伝えしたいと思います。

直感でパートナーを見つけよう!

場を回すのがうまいホステスさんほど、自分のパートナーを見つける能力に長けています。

たとえば、2人以上のお客様で、全員が初対面でもスっと入って行けるホステスさんのことですね。

遠くからお客様の様子を見ていると、『ピン!』とくるのです。「この席のパートナーはあのお客様だ!」って。

そして席についたら、その『パートナー』を中心に場を回していくのです。

『パートナー』とは?

・・・と、ここまで読んで、『パートナーってなに?』となりますよね。お笑いで言えば、ボケとツッコミみたいなものです。

たとえば、私はどちらかというと、ツッコミタイプです。その場合、ボケを担ってくれそうなお客様を探します。

あなたが天然系なら、いじってくれる人を探すのもいいでしょう。

上品系のお店なら、「この人なら私といい雰囲気になれそうだな」というお客様を探すといいです。

これを毎回、席移動するたびに意識していくと、スムーズにお席に入れます。初対面で居心地の悪い思いをしているのは、お客様も同じなんですね。

 

初めての店で、女の子がどんな子かもわからないし、楽しませてくれるかどうかも微妙。。。
お客様
お客様

 

初対面のお客様の多くは、そんな気持ちでご来店になります。

お客様の不安をかき消し、心地いい空気間や会話を生み出せたら、あなたも楽しくお仕事ができますよね。

どっちがお客様?

でも、最近はお客様が女の子を接待しているような場面を多く見かけます。

私もときどきお客様と飲みに出ますが、どうしても私が盛り上げ役やファシリテーター役になることが多いのですよね。

ファシリテーターとは、TVでいえば司会者みたいなものです。

場を進行し、誰かに発言が集中しないように気配りすることを「ファシリテートする」と言います。『場を回す』とはまさにこのことで、

  • お客様全員が会話に参加できるように
  • お客様全員に楽しんでいただけるように

これを意識しながら、話題を振ったり、話を切り替えたり、膨らましたり、などをやっていくのです。

そして、その役目を担っている人を「ファシリテーター」と呼びます。

本来なら、そのお席を任されているホステスがやるべきことですが、客側がファシリテーターになっていることが多いのです。

お店の女の子たちは何をしているかというと、ボックスの背にもたれてまるでお客様のように座っています。

「これでお金払うのか~」と思ったら、確かに飲みに出る気も失せます。お金払って疲れるんだから、当然ですよね。

だから、「次はないなー」って思うお客様の気持ち、本当によくわかるんです。

初対面の出会いは新規客をつかむ絶好のチャンス!

また、初対面はまたとない新規客をつかむ場でもあります。あなたがどれだけその場をうまく回せるか、にかかっているのです。

背もたれにもたれて、お客様に遊んでいただいている場合ではありません。自分のパートナーをお客様の中に見つける「直感力」を養いましょう。

その直感が正しければ、初対面でもお客様はちゃんと会話に協力してくれるはずです。少なくとも、パートナーとなったお客様の連絡先はゲットできます。

直感力の磨き方

では、どうやったら直感力が鍛えられるのか。答えはカンタンです。新しいことにどんどんチャレンジすればいいのです。

なぜなら、直感力はあなたの経験値から引き出されるものだから。

直感力は過去の経験の賜物

たとえば、浮気をされたことがある人はパートナーのちょっとした変化を敏感に察知しますよね。まさに「経験があるから直感が働く」のです。

多くの体験が直感力を磨いてくれます。ぜひ新しいことにどんどんチャレンジして、経験値を積んでください。そして、その体験談を人に話しましょう。

人は、話すことで記憶や感情の整理ができます。整理ができると、どんどん直感力も上がっていきます。

  • 1つでも多くのことを経験する
  • 経験したことをどんどん人に話す

これをくりかえしていくと、初めてのお客様の中から『パートナー』を見つけられるようになります。

小さなことから始めよう!

大きなチャレンジは必要ありません。たとえば、ヨガをやろうと思っているなら、まずヨガマットを買いましょう。殺風景な部屋に花を飾る、でもOK。

いままでやらずにいたことを、小さなことからやってみましょう。それだけで、あなたの経験値は上がっていきます。

ぜひ『小さな一歩』を踏み出してくださいね!

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,548 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧