ホステスが覚えておくべきお酒作りの基本

ホステスが覚えておくべきお酒作りの基本
ホステスの心得

クラブやラウンジ、スナックなどの
夜のお店は、お客様にお酒を提供して
会話をすることが主な仕事です。

お客様が飲むお酒は、
ホステスが作るのが一般的ですが、
『適当にグラスについで作ればいい』
というわけではありません。

お酒の種類によって、

  • どのような手順で作るのか
  • どのくらいの量を入れるのか

など、基本が決まっています。

とは言え、お酒の基本的な作り方を
一から教育してくれるお店は
意外にも少ないのです。

ですから、ホステスとして働こうと
思うのであれば、お酒の作り方自分で
予習しておいた方が無難とでしょう。

そこで今回は、ホステスが覚えておけば
間違いなく使えるお酒の作り方の基本を
紹介しようと思います。

お酒作りの基本をおさえておくことで、

『マナーがしっかりわかっている
ホステスだ』

という印象をつけることができ、
自分のアピールポイントにもなるので
ぜひ覚えておいてください。

それぞれのお酒の基本的な作り方

そもそもお酒にはいろいろな種類が
あるため、その種類から覚えなくては
いけません。

お酒の種類を覚えるのは大変だと
思うかもしれませんが、ホステスが
覚えなくてはいけないお酒の種類は
そこまで多くはないので
安心してください。

おそらく多くの店で取り扱っている
お酒は、

  • 焼酎
  • ウイスキー
  • ブランデー
  • ワイン
  • シャンパン
  • ビール

です。

それぞれの銘柄はお店によって
異なるため、何を置いているかは
覚えなくてはいけませんが、そんなに
大変なことではないでしょう。

ただ、ウイスキーひとつにしても
ロックや水割り、ソーダ割りなど
さまざまな飲み方が存在し、お客様の
要望によって作らなくてはいけません。

もちろん文字通り作れば一応
そのようにはなりますが、お客様に
満足してもらえるお酒を作るには、
お酒作りの基本をしっかり頭に入れて
おく必要があります。

ここではホステスが覚えておくべき
主なお酒の作り方を紹介しますので、
これからホステスとして働く人も、
初心に返ってお酒作りの基本を勉強
しようと思う人も参考にしてみて
ください。

水割り

お店で一番注文されることが多いのが
水割りです。

水割りとは焼酎やウイスキーを飲む
お客様がよく注文する飲み方ですね。

水割りを作るときの基本は
以下の通りです。

  1. グラスのふちを越さない程度にたっぷり氷を入れる
  2. マドラーを使い、反時計回りで氷を混ぜる
  3. お酒を注ぐ(焼酎は指2本分、ウイスキーは指1本分を目安に)
  4. 水をグラスの8割くらいの量になるよう注ぐ
  5. マドラーで数回かき混ぜる

今回紹介した水割りの基本の分量は
お酒が少なめですが、お客様によって
好み濃さが変わるため、どのくらいが
いいか聞いてもいいでしょう。

また、作ったお酒をお客様に提供す
る前には、きちんと周りについている
水滴はハンカチで拭くことが大事です。

お湯割り

冬の寒い日に来店されたお客様の中には
お湯割りを好んで注文されるお客様も
多いと思います。

冬以外はあまり頼む人がいない
飲み方なので、基本的な作り方を忘れて
しまいがちですが、ここできちんと
覚えておきましょう。

  1. お湯をグラスの7割くらいまで入れる
  2. お酒を注ぐ(指2本分)
  3. マドラーで軽く混ぜる

お湯割りの場合、水割りと同じ分量の
お酒を入れても水割りより濃く感じて
しまうので、お酒は気持ち少なめで
とどめておいた方がいいかも
しれません。

また、最後にマドラーで混ぜるときに
混ぜすぎるとアルコールが飛んで
しまうので混ぜすぎないよう
注意してください。

ロック

ウイスキーやブランデーを飲むときに
頼まれることが多い飲み方が
ロックです。

ロックとは氷を入れたグラスに
お酒だけを入れて飲むことを言います。

  1. ロックグラスに氷を3~4個入れる
  2. お酒を注ぐ(お客様の好みを聞いて入れる)
  3. マドラーでゆっくり混ぜる

ロックの場合はお客様によってお酒の
量の指定が変わるので必ずどのくらい
入れるか聞くようにしましょう。

もしどのくらいでもOKということで
したら指2本分を目安に入れると
いいです。

そしてマドラーで混ぜるときに
早く混ぜてしまうと氷が溶けすぎて
しまうのでゆっくり混ぜることを
意識してください。

ハイボール

ウイスキーをソーダで割って飲むのが
ハイボールですが、好んで飲む人が
多いため高確率で注文されることが
あると思います。

ハイボールの作り方には特に注意が
必要なのでしっかりおさらいして
おきましょう。

  1. グラスのふちを越さない程度にたっぷり氷を入れる
  2. ウイスキーを指2本分入れる
  3. なるべく炭酸水が氷に当たらないように炭酸水を注ぐ
  4. 上下に混ぜることを意識して1~2回程度マドラーでかき混ぜる

ハイボールはウイスキーと炭酸を
混ぜるようになりますが、炭酸が抜けて
しまっては美味しくないハイボールに
なってしまいます。

氷になるべく当たらないよう炭酸水を
注ぐのもこのためで、ウイスキーに直接
炭酸水がかかることによってマドラーで
混ぜなくてもある程度勝手に混ざって
くれます。

そしてマドラーで混ぜるのも
炭酸が抜けないよう
軽く混ぜるだけにしましょう。

そうすれば
美味しいハイボールのできあがりです。

シャンパン

シャンパンは何かを混ぜたりすることは
なく注ぐだけになりますが、
量とつぎ方に注意が必要です。

シャンパンをグラスに入れるときは、
基本グラスの半分よりやや上を目安に
入れます。

そして1度につぐのではなく、2~3回に
分けてこの量になるように継ぐように
するのがマナーとされていますので、
これらの点を注意しておくように
しましょう。

その他のお酒に関するマナーで注意しておくこと

ホステスが覚えておいたほうがいい
基本的なお酒の作り方は
説明しましたが、その他にもお酒に
関するマナーで気をつけておかなくては
いけないことがいくつかありますので
こちらも頭に入れておきましょう。

乾杯するときのグラス位置

席について飲み始める前にお客様と
乾杯するのが基本ですが、乾杯のときの
グラスの位置は常にホステスの方が下に
するのがマナーです。

お客様のグラスよりも少し下に
当てるよう乾杯すればOKです。

ほとんどのお店で教えて
もらうことだとは思いますが、
お客様は細かい所まで意外と
見ているものなので注意して
おきましょう。

ボトルのラベルの位置

なんのボトルもそうですが、お酒を
グラスに注ぐときはラベルの位置を
上にしなくてはいけません。

急いでいたらついつい意識が飛んで
しまいがちですが、最初のうちは
しっかり注意しておいたほうが
いいです。

慣れてくるとそれが癖になり、
意識しなくてもできるように
なりますよ。

お酒の継ぎ足し

お客様が飲むお酒は、
グラスの3分の1くらいの量になったら
継ぎ足すのが基本とされています。

ただ、お客様の中には完全に
なくなってから継ぎ足してほしいと
いう人もいるので最初に継ぎ足すときに

「継ぎ足しても大丈夫ですか?」

と聞いたほうがいいでしょう。

また、気付いたらお客様のグラスが
空だったということだけはないように
注意しておきましょう。

まとめ

ホステスとして働くのなら、
必ずお酒を作る場面が出てきます。

そのときになんとなくでお酒を
作るのと、ちゃんと知識があって
お酒を作るのではお客様からの
視線も変わります。

小さなことと思うかもしれませんが、
それだけでホステスとしての技量を
決められてしまうこともあるので、
お酒の作り方の基本は必ずマスターして
おくようにしましょう。

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

sakura

3,141 views

山口県のラウンジで4年間働いていました。 その経験から接客方法やマナー、盛り上がる話題など、接客に役立つ情報を執筆していきたいと思います。

プロフィール

関連記事一覧