【面接の前に】知っておくべきお店選び3つのポイント

OPEN

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

私が初めて働いたお店は、ジャズバンドが入る小さなパブ。そこが『水商売』だとは、露にも思っていませんでした。

BGMも上品なジャズが流れていて、1日に3回の生バンド演奏があり、古き良きアメリカを再現したような店内。

バシッとしたスーツ姿のお客様はみんな紳士的で、一緒に働く女性たちもやさしくて、とても働きやすかったです。

いま振り返っても「ホステス人生のスタートがこのお店でよかった」と思っています。

なぜなら、最初のお店は『ホステスをやっていくためのものさし』が出来上がる場所だからです。

最初のお店が変だと、『そのお店のイメージ=水商売のイメージ』になってしまいます。

たとえば、初めて夜の仕事をする女性が、わからずに色恋全開のお店に入ってしまった場合、その女性は『水商売=色恋をする場所』と思い込むでしょう。

事実、私のコンサル生さんには、

 

ホステス
ホステス
初めてのお店が色恋で、それがあたりまえだと思っていたので、玲那さんのサイトを見たときは『色恋しなくてもホステスってできるの!?』と衝撃だった

 

というホステスさんが大勢います。最初のお店があなたに与える影響は、本当に大きいのです。そこで今回は、

  • お店の探し方
  • 面接時のチェックポイント
  • 働くお店を決める基準

についてお話しします。移籍をご検討中のホステスさんは、『ホステスが移籍する際の注意点』も合わせて参考にしてくださいね。

自分で探すか、スカウトを使うか、紹介会社を使うか

初めてのお店をどう決めたらいいかは、かなり悩むと思います。

  • 働いている知人がいる
  • 通っている知人がいる

などがあれば、その人たちに相談して、直接紹介してもらって面接へ行くのが一番です。が、そのつてがないという方がのために、

  • 自分で探す
  • スカウトを使う
  • 紹介会社を使う

それぞれのメリットとデメリットを書いてあるので、

【ホステスのお店探し】自力・スカウト・紹介会社どれがいい?』を参考にしてください。

黒服の言葉遣いや態度はどうか

お店を自分で探すにしろ、紹介してもらうにしろ、絶対に通る道が面接です。銀座の場合、ホステスの面接は黒服が行うというお店が多いです。

特に、高級店などはよほどのことがない限り、ママが面接することはありません。そこで重要になるのが、黒服の言動です。

「こういう黒服がいるお店はやめたほうがいい」というポイントをまとめたので、参考にしてください。

「良いお店」の基準があるか

これはあなたの価値観に依存しますが、「あなたの考える『良いお店』とは何か?」です。まったくの未経験だと大半の人が、

 

お給料が高くて、客層が良くて、ノルマがなくて、アフターもなくて、スタッフもママも優しくて・・・
ホステス
ホステス

 

みたいなことを考えます。

でも、ひとつひとつ考えてみてください。どれくらいなら『お給料が高い』のか、何をもって『客層が良い』と判断するのか、などなど。

【補足】メディア露出の高いお店は避けろ!

TVや雑誌にガンガン出たがるお店は、たとえ高級クラブと謳っていても、すすめません。悪いことは言いません、本当にやめておいたほうがいいです。

ただ単に、有名なお店、単に有名なママ、というだけならOKです。そうではなく、

  • 自らガンガン出たがる
  • 目立ちたがる
  • しょっちゅうTVに出ている
  • ネットコラムや雑誌に多数出ている

というお店は、本気ですすめません。よーーーく考えてみてください。

なぜ『会員制クラブ』『一見様お断り』のクラブママがわざわざTVや雑誌で目立たないといけないのか。

たとえば、求人目的で頻度高くメディア露出をするママ。そのお店は、そこまでしないと女の子が入って来ないか、すぐに辞めてしまうからです。

また、一見様お断りのはずなのに、集客目的で頻度高くメディア露出をするママ。顧客離れが進んでいるか、顧客を持っていないか、です。

もちろん、どういう目的でSNSをやろうと自由なのですが、ガンガン出てくるお店は『何かしら問題がある』と思って間違いないです。

まとめ

合う合わないがあるので、「このお店がいいよ!」とは言えないけど、未経験ながらも自分の考えを持って挑めば、

「こんなはずじゃなかったのに」

という事態は、少なくとも避けられると思います。

いろんなお店を見て、相性の良いお店を見つけてくださいね。いいお店に出会えるよう、応援しています!!

お店選びに困ったときは、いつでもご相談くださいね。

 

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

569,235 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧