色恋、始めました。

ホステスの営業

30年。

これは、私が水商売に携わってきた年数である。ヘルプとしてデビューし、売上ホステスになり、雇われママになり、オーナーママになり・・・

15年の現役人生を突っ走ってきたが、この間、色恋をしたことは、たったの一度もない。

現役ホステスを引退し、ホステス専門のコンサルになって12年が経とうとしているが、クライアントに色恋営業をさせたことは、たったの一度もない。

ところが、この輝かしい歴史をいともカンタンにぶっ壊した女がいる。その名も『色太 恋子(いろた こいこ)』。

某キャバクラで働く恋子

恋子は、とある都心部の某キャバクラで働いている。

御年24歳、水商売歴は5年。

安キャバ→普通のキャバクラ→ミニクラブとステップアップ(?)を図ってきたが、コロナ禍で煽りを受け、完全なる出勤調整組になってしまった。

「自客が来る日以外、出勤させない」

ホステスにとって、出勤調整はまさに『戦力外通告』だ。しかも、恋子には、呼べる自客が3人しかない。

3人・・・。

何と悲しい響きだろうか。5年も水商売をやってきた人間の数字とは思えない。

でも、恋子には、生活がかかっている。貯金も、わずか30万円しかない(5年も水商売をやってきたのに)。背に腹は代えられぬ。

というわけで、恋子は、泣く泣く『普通のキャバクラ(安キャバ寄り)』で働くことになったんである。

1時間半で上がる恋子

こうして『普通のキャバクラ(安キャバ寄り)』で働き始めた恋子だが、これまた厳しい条件下に置かれる。

なんと、そのお店は、早上がりのラッシュなのだ。

恋子の出勤状況だけを見ても、平均して2~3時間しか働けていない。レギュラーで入ったはずなのに、まさかのアルバイト状態。

一番驚いたのは、出勤時間から1時間半で上がりになったことである。

 

玲那
玲那
そんな店あるの!?

 

恋子から報告を受け、思わずスマホに叫ぶ私。恋子との出会いは、私の常識をことごとく覆してくれる。張本人はというと、

 

恋子
恋子
ヤバイですねぇ、ウフフ

 

笑ってるし( ̄д ̄)( ̄д ̄)( ̄д ̄)

さらに、恋子は、営業活動がとにかく嫌いである。『全員に連絡しろ』と言っても、あれこれと言い訳をつけて、やらない。(これについては後日記事にする)

そんなこんなで、移籍して半月が過ぎ、「これ、生活できないんじゃないの?」という給与額が現実味を帯びたとき、私は言った。

 

明日から、片っ端から営業せーーーーーい!!
(怒`・ω・´)ムキッ

 

コンサルが頭を抱える恋子

恋子は、これまでずっと色恋で自客を引っ張ってきた女である。色恋をやめたくて、私のところへ来た。

その恋子に、できることなら、色恋などさせたくない。

何より、私のプライドが許さない。

何せ私は、30年間一度も、誰にも、色恋をさせたことがないのだ(本人が勝手にやってたことはあるが)。

だからこそ「色恋などしなくても売上は出せる」と堂々と銘打ってこれた。

でも、それはあくまでも、クライアントの生活が保てること、かつコンサル料を払えるだけの経済力があることが大前提である。

それと比べてどうだろう。

恋子の現実は、コンサル料どころか、生活が危ぶまれるほどの事態である。しかも、恋子は色恋営業しか知らない。

さらに、恋子が所持する顧客リストの大半は、色恋で引っ張ってきたクソ客様である。

この状態でコンサルを打ち切っても、恋子は色恋営業で生活を確保し、それを続けていくことになるだろう。

そしてまた、私のもとへきたころと同様に、色恋に疲れ果ててしまう。

むむむ・・・・・・・・・
ううう・・・・・・・・・

色恋はさせたくない、色恋をしないと目先の収入が危ない。私の中で、堂々巡りの夜となった。

私に色恋をさせた恋子

翌日、私は新しいコンサル計画を持って恋子とのセッションに臨んだ。私が出した結論は、こうだ。

  • とにかく、1人残らず、全員に営業をかけてもらう
  • 収入土台が安定するまで、クソ客様リストには色恋をしてもらう
  • その間に、良客リストと関係性を築いて、足を運んでもらえるようになってもらう

この3つを、恋子に突き付けた。

コンサルの仕事は、クライアントに結果を出させることである。

いくらキレイゴトを言おうと、いくら信念があろうと、いくら真っ当な方法であろうと、クライアントに1円も入らなければ、意味がない。

私は、腹をくくった。

ちょうどその日、恋子があるお客様とのLINEのやり取りを相談してきた。恋子は、明らかに色恋目的と思われるその人物と、こんなやり取りをしていた。

 

今日はお休み?
恋子
恋子
クソ客様
クソ客様
いや、仕事だったよ!明日が休みだよー✨
そうなんだ、ゆっくりできた?
恋子
恋子
クソ客様
クソ客様
うん、できたよー😊

 

恋子の相談は「ここからどういう話にすればいいかわからない」というものだった。

本来ならば、ここで「〇〇の情報取ろうか」とか「〇〇について引き出せるかな」とかいろいろ言うのだが・・・

 

「会いたい」って言え😑
玲那
玲那
恋子
恋子
え?😳

 

まさか、私の口からこんな言葉が出る日がこようとは・・・誰が想像できただろうか・・・。

色恋に関しては、私よりも恋子のほうがエキスパートである。だが、私は考えた。『休みの日』という話題から、どう来店につなげられるか、を。。。

 

よかった✨
恋子
恋子
最後に会ってからだいぶ経っちゃったから、お休みの前の日なら会えるかなと思って聞いてみた😊
恋子
恋子
会いたいな💞
恋子
恋子

 

 

お~~え~~🤮🤮🤮

 

 

本当に私が作った文章だろうか・・・
誰かウソだと言ってくれ・・・

夢ならさめてくれぇぇぇぇぇぇぇぇ!

 

そんな、怨念とも逆ギレとも取れる感情を抱きながら1~2往復ほどLINEのやり取りをさせたところ・・・

まあ・・・なんということでしょう・・・

 

 

クソ客様が釣れました
w( ̄▽ ̄)w

 

 

確約取れました、ありがとうございまーす( 一人一)チーン

 

・・・って、喜んでる場合じゃないっ!!

おい、恋子!!

よくも私に前代未聞のセリフを書かせたな!!?

おまえには絶っっっっっ対に売れてもらうからな!!!!!!!!

 

果たして、恋子がナンバーワンになる日は来るのだろうか。

 

ホステスの心得

ホステスの心得座学

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

332,236 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧