揺るぎない信頼関係を構築する大切さ

揺るぎない信頼関係を構築する大切さ
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

突然ですが、問題です。

月に1度ご来店くださるAさんと、食事の約束をしています。ところが、当日になって、常連のB社長(元はママのお客様)から、食事のお誘いが入りました。

あなたは、どっちに行きますか?

多くのホステスさんが、どちらが得か、を考えます。当然、B社長を選ぼうとする人が圧倒的。

断って、ご機嫌を損ねてしまったら売上に響きますし、ママに死ぬほど叱られるかもしれません。

そこで、結果的にB社長を取るホステスさんが多いのです。でもこれ、残念ながら、最悪のパターンです。

信頼関係の土台をつくる

私は現役時代、どんな相手であろうと、どれだけ常連であろうと、約束は先着順でした。

「俺の誘いを断るとは何事か」と、電話口で怒鳴られたこともあります。

でも、先約があるなら断る。よっぽどのことがない限り、約束は変更しない。「それが嫌なら、もっと早めに誘ってください」と貫いていました。

だからといって、あなたに、

 

玲那
玲那
約束は、先着順にしなさい!

 

と言っているわけではありません。要は、「私は、人との約束について、こういう姿勢を取っています」という土台をつくり、貫くことが大切なのです。

この姿勢が、『あなたがどんなお客様をつかめるか?』に響いてきます。

だからこそ、その場その場で右往左往せずにすむように、ある程度のマイルールを決めておくことが重要なのです。

小さな約束を守る=信頼

私は、コンサル生さんたちに、

 

玲那
玲那
絶対に揺るがない土台を作ることが大切

 

と、事ある毎に言っています。

「こいつだけは裏切れない(裏切らない)」とお客様が言うくらい、確固たる土台を築くことは、良客をつかむ上で必須条件です。

そのためには、信頼関係は欠かせません。信頼関係を築くためには、小さな約束を必ず守っていくことが重要になります。

小さな約束を守れない人に、大きな仕事は任せられません。小さなことをおろそかにしないからこそ、ここぞというときに頼ってもらえるのです。

土台がないところに何を積み上げようと、人差し指で突いた程度で全部崩れ去って終わります。

自分で信頼を築いたつもりでも、その信頼はレンガや鉄のつもりでも、お客様からみたら豆腐かもしれないのですよ。

信頼が本物ならお客様は応えてくれる

お客様
お客様
安易に約束して守れなかったらいけないから、確認して電話する
お客様
お客様
こいつとの約束だけは絶対に破れない
お客様
お客様
こいつだけは裏切れない

 

これは、お客様が実際に私に言ってくださる言葉です。

これだけの信頼が築けたら、本当に約束を変更せざるを得ない事態になっても、信頼を失うことはありません。

でも、信頼はカンタンには得られない。

だからこそ、小さなひとつひとつの約束を徹底的に守って、小さな信用を積み上げていくことが大事です。

約束をおろそかにする人は、自分も約束を守ってもらえません。「ドタキャンが多い」という状態なら、よーーーーく振り返ってみてください。

あなた自身が、だれかとの約束をやぶったり、テキトーな扱いをしたりしていませんか?

あなたが得た信頼が本物なら、必ずお客様は応えてくれます。

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

569,266 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧