同伴してもらえるホステスになるには

同伴してもらえるホステスになるには
ホステスの接客

ホステスとして働いていると、同伴という言葉を聞くことがあると思います。

同伴とは、お店に出勤する前にお客様と食事をして一緒に入店することを意味します。

同伴をすることは、お客様との距離を近づけることができることや同伴バックが貰えることなどメリットがたくさんあります。

また、アフターにように終わる時間がわからなかったり危険を伴うということもありません。

それでは、同伴をしてもらえるホステスになるには具体的にどんなことを実践したら良いか紹介します。

食べることが好きなアピールをする

同伴といえば食事をすることが鉄板ですが、男性は小食な女性よりも食べることが好きな女性を食事に誘いたいと思うものです。

ですので、お店での会話の中で食べることが好きだということをしっかりアピールしておきましょう。

そうすると男性も食事に誘いやすくなり、そこから同伴する流れに持っていきやすくなります。

二人でゆっくり話したいと思わせる

お客様がお店に来店して話す時、もしも指名が被ったりしたらゆっくり話すことができません。

そこで二人でゆっくり話す時間がほしいと思わせる接客をすれば、少なくとも同伴する時は二人きりの時間ができるので、お客様はホステスを独占できた気持ちになり伴したいと考えてくれるようになります。

そう思わせるにはダイレクトに伝えてみるのが効果的なので、「同伴できたらもっと二人でゆっくり話せるのにな」と言ってみたりすると良いでしょう。

同伴することはお客様にもメリットがあることを知ってもらうことで、お客様も得をした気分になり悪い気はしないはずです。

会話の中で行ってみたいお店を言う

接客の際に行きたいお店などをさりげなくアピールしておくとお客様も誘いやすくなるので、くどくならない程度に行ってみたいお店も伝えてみましょう。

いきなり会話に出すことが難しければ、「今日どこでご飯食べてきたんですか?」と聞いて、「私も今度行ってみたいな」と言ったりすると自然にアピールできるのでおすすめです。

特に奥手なお客様には、行ってみたいお店を伝えた方が上手くいくことが多いので、ぜひ実践してみてください。

まとめ

同伴することは、ホステスにとってもお客様にとってもメリットがあることです。

同伴してもらうことによって指名も必然と増えていくので、成績を上げたいと思っているのなら必ず同伴をした方が良いでしょう。

コツを掴んでしまえばさりげなく同伴に誘うことも難しくなくなるので、ぜび今回紹介した方法を試してみてください。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

sakura

40,750 views

山口県のラウンジで4年間働いていました。 その経験から接客方法やマナー、盛り上がる話題など、接客に役立つ情報を執筆していきたいと思います。

プロフィール

関連記事一覧