【解説】お客様の独り言から読み解く心の声

【解説】お客様の独り言から読み解く心の声
ホステスの心理学

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

人は、1人では生きていけないように作られています。いえ、正しくは、身体的には生きていけるかもしれないけれど、心が生きていけないのですね。

ある実験データを紹介します。アメリカの心理学者が、視覚・聴覚・触覚を物理的に遮断した状態で、学生達にベッドの上で過ごすよう指示を出しました。

すると、4〜8時間後にはイライラし始め、独り言を言ったり、口笛を吹いたりする。さらに時間が経つと、幻覚や幻聴が現れる。

そして2~4日が限界で、実験を中断したそうです。

人間は、外部からの適度な刺激がないと、平常心ではいられないようになっているんですね。

独り言が多いのは、外部からの刺激が足りず、自分自身に刺激を与えようとしている状態だと考えられています。

ずっと家に閉じこもっていると、ブツブツと独り言が増えるのは、このためですね。

独り言が多いお客様はストレスが溜まっているかも!

人といても独り言が多い人には、2パターンあります。ひとつは、何かに集中しているときに、考えを整理するため

 

あのお客様が〇時に来て、〇〇さんが〇時でしょ・・・あれ?ちょっと待ってよ、〇〇さんいつだっけ?

 

というように、集中して考えているときに、頭の中のことを言葉に出すことで、客観視しようとしているわけです。

もうひとつは、ストレス過多の状態の人。人と接する機会の少ない人や、社会から離れている人などが当てはまります。

この場合の独り言は上記と違い、自分自身の行動や感情を指していることが多いです。

 

さて、風呂に入って寝るか!
大体、どうして私がこんなことしなきゃいけないのよ。全部私1人に押し付けて・・・

 

など。お客様の独り言がストレス過多タイプなら、一緒に気分転換できることをするのもいいですね。

普段しないようなことに誘い出してみるとか、自分では選びそうにないものをプレゼントしてみる、というのもアリです。

独り言を逆手に取ると効果的

ちなみに、独り言を逆手に取ると、自分の思考を塗り替えることもできます。

私のコンサルでは、思い込み改善のために、この方法を取り入れることも多いです。

一気に改善はしないし、傍から見るとブツブツ怪しいので、独り言を言う環境には注意が必要ですが(笑)

でも、確実に効果を発揮し、一度定着してしまえば簡単なので、

 

無意識に思えるようになるまで、『〇〇』と繰り返し言ってみてね

 

と言うことがあります。これも、No.1ホステスの土台を築く、大切な作業なんですね。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,545 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧