話が長くて電話を切れない!という「話し好きな人」は

話が長くて電話を切れない!という「話し好きな人」は
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

性別や年齢に問わず、一旦話し始めると止まらない人って、いますよね。

忙しいときにつかまると困るけど、忙しいときに限ってつかまる、という現実も・・・。

悪気はないと分かっているだけに、切り上げづらいし、切り上げようとしても伝わらないし・・・。

そんなふうに悩むホステスさんも、意外と多いものです。

そこだけに着目すると、付き合いづらい相手になってしまいます。でも、裏を返せば、とっても扱いやすいタイプなんですよね。

こういう人って、明るくて楽しい性格の方が多いです。

お話し好きなお客様は、聴いてくれる人を好きになるので、発信力が低い人でも関係は築きやすいのです。

会話が仕事なのに切り上げてもいいの?

接客マナーの基本としては、お客様のお話を切り上げるのはタブーです。これはどの仕事も同じで、

  • 会話の基本は『聴くこと』だから
  • 聴けば聴くほどお客様の満足度は上がるから

ですね。特に、ホステスは【会話そのものが仕事】なので、肝に銘じておく必要があります。

自分が関心のない話だからといって、お客様のお話を切り上げるなんて、ありえません。

でも、会話そのものが仕事だからこそ、【切り上げなくてはならないこと】もあります。

たとえば、営業時間外に電話でベラベラしゃべらせていると、来店しなくなります。そこで満足を得られるので、わざわざお金を払う必要がないからです。

また、売れっ子になればなるほど、長電話に付き合っている余裕はなくなります。

だからこそ、『話が長い』と分かっているお客様のときには、注意が必要です。

売れっ子たちはどうしてる?

売れっ子ホステスは、自分なりの『電話ルール』を持っています。それぞれ違うのですが、今回は、私のケースをお話ししますね。

まず、聴くことが大前提の場合、最低20~30分は確保します。

時間に余裕があったり、とても重要な内容だったりして、「今日は聞くぞ」と決めたら、とことん付き合います。

次に、聞かない、聞けないときの場合。大前提として、そういうときは、『話の長いお客様』には、自ら近づきません。

お客様のほうから連絡があった場合は、忙しいフリをして、話すきっかけを与えないようにします。

たとえば、電話がかかってきたとき。ひとつは、出ない、という選択がありますね。もうひとつは、一旦出て、

 

玲那
玲那
ごめん、今から電車に乗るから、また今度かけるね!

 

など、すぐに切らなければならない理由を言って、有無をも言わせぬ空気感で、すかさず切る、という感じでした。

会話を切り上げることも会話スキル

「相手に申し訳ない」と思って切り上げられないホステスさんも多いようですが、これも立派な「会話スキル」です。

私の見る限り、「申し訳ない」と言うホステスさんに限って、アフターフォローをまったくしません。

出ない、と決めたら、その電話はなかったもののように扱って、自分の営業連絡だけする、とか。

一旦出て切るにしても、その後そのまま放置するとか。だから、関係性が途切れるのです。

出ないことがあってもいいし、切り上げてもいい。ただし、『あとでその話を必ず聞くこと』が大事です。そうすることで、

  • 本当に時間がなかったんだな=避けられたわけじゃないんだな
  • 時間があればちゃんと聴いてくれるんだな=自分と向き合ってくれるんだな

と理解してくれるので、良い関係を続けていくことができます。

まとめ

普段、あなたが切り上げられずに振り回されてしまうタイプなら、切り上げる練習のために、お話し好きな人と向き合ってみましょう。

『必ずアフターフォローをする』を忘れないでくださいね!

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

569,244 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧