【到着日別】2月上旬に使える時候の挨拶例文まとめ

【到着日別】2月上旬に使える時候の挨拶例文まとめ
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

ホステスがお手紙営業で使える、2月上旬の時候の挨拶一覧です。

  • お客様に届く日
  • お客様が住んでいる地域の気候状況

で選ぶと、失敗なく選択しやすいと思います。表現の硬いものはビジネス向けなので、節目のご挨拶などのお手紙向きです。

表現のやわらかいカジュアルな文章は、メールやLINEメッセージ、SMSなどのお伺い連絡でも使えます。頭語は以下から選んでくださいね。

2月1日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 厳寒の折、
  • 厳寒の候、
  • 厳寒のみぎり、
  • 厳冬の折、
  • 厳冬の候、
  • 厳冬のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 大寒の折、
  • 大寒の候、
  • 大寒のみぎり、
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 冬も終わるころとなりました。
  • 冬も終盤となりました。
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 暮冬の折、
  • 暮冬の候、
  • 暮冬のみぎり、
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。

2月2日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 厳寒の折、
  • 厳寒の候、
  • 厳寒のみぎり、
  • 厳冬の折、
  • 厳冬の候、
  • 厳冬のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 大寒の折、
  • 大寒の候、
  • 大寒のみぎり、
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 冬も終わるころとなりました。
  • 冬も終盤となりました。
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 暮冬の折、
  • 暮冬の候、
  • 暮冬のみぎり、
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。

2月3日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 厳寒の折、
  • 厳寒の候、
  • 厳寒のみぎり、
  • 厳冬の折、
  • 厳冬の候、
  • 厳冬のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 酷寒の折、
  • 酷寒の候、
  • 酷寒のみぎり、
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 大寒の折、
  • 大寒の候、
  • 大寒のみぎり、
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • 冬も終わるころとなりました。
  • 冬も終盤となりました。
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 暮冬の折、
  • 暮冬の候、
  • 暮冬のみぎり、
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。

2月4日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒明けとはいえ春まだ浅きこのごろ、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の時期を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • 節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられる昨今、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒お見舞い申し上げます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月5日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒明けとはいえ春まだ浅きこのごろ、
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の時期を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 節分の折、
  • 節分の候、
  • 節分のみぎり、
  • 節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられる昨今、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒お見舞い申し上げます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月6日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒明けとはいえ春まだ浅きこのごろ、
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の時期を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられる昨今、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒お見舞い申し上げます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月7日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒明けとはいえ春まだ浅きこのごろ、
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の時期を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられる昨今、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 風花舞う向春のみぎり、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒お見舞い申し上げます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月8日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒明けとはいえ春まだ浅きこのごろ、
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の時期を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられる昨今、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 風花舞う向春のみぎり、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒お見舞い申し上げます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月9日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒明けとはいえ春まだ浅きこのごろ、
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の時期を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 節分が終わり、いよいよ春の到来を待ちわびるころとなりました。
  • 節分を過ぎ、寒い中にも春の気配が感じられる昨今、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 風花舞う向春のみぎり、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒お見舞い申し上げます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

2月10日着予定

  • 相変わらず冷え込みの厳しい毎日ですが、
  • 暖かな日の喜びをかみしめている今日このごろ、
  • いくらか寒さも緩み、
  • いくらか寒さもゆるみ、春の足音が聞こえてまいりました。
  • 一年でいちばん寒さの厳しい時期、
  • うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が聞かれるころとなりました。
  • 鶯の初音が耳に心地よいこの季節、
  • うぐいすの初音に、春の訪れを感じるころとなりました。
  • 梅一輪一輪ほどの暖かさと申しますが、
  • 梅がほころび、鶯の鳴くころとなりました。
  • 梅便りが聞こえる今日このごろ、
  • 梅の香りに心和む季節となりました。
  • 梅の香りに心華やぐ季節となりました。
  • 梅の便りが聞かれる昨今、
  • 梅の便りが届く季節となりました。
  • 梅の便りも聞かれる今日このごろ、
  • 梅のつぼみが春を知らせる季節となりました。
  • 梅のつぼみが膨らみ始める時節、
  • 梅の蕾がふくらみ、春の訪れが待ち遠しい今日このごろ、
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを告げています。
  • 梅のつぼみも膨らみ始め、春の兆しを感じるころとなりました。
  • 梅のつぼみもふくらみ、陽だまりに春を感じるころとなりました
  • 梅のつぼみもほころび始め、寒さの中にも少しずつ春の足音が近づいているのを感じます。
  • 梅の花が咲くころとなりました。
  • 解氷の折、
  • 解氷の候、
  • 解氷のみぎり、
  • 各地から届く梅の開花の便りが春近しを感じさせるこのごろ、
  • 風はまだ冷たいですが、日差しは春の暖かさを感じます。
  • 寒明けするも記録的な大雪に見舞われるこのごろ、
  • 寒明けの折、
  • 寒明けの候、
  • 寒明けのみぎり、
  • 寒気の中にも早春の息吹が感じられるころとなりました。
  • 寒気は冴えかえり、
  • 寒気は冴えかえり、雪解けぬ寒さと拝察いたします。
  • 寒気もようやく緩み始める時節を迎え、
  • 寒山明けてもなお底冷えのする毎日が続きます。
  • 寒暖の差はあるものの、日中はだんだんと過ごしやすくなってまいりました。
  • 寒の時期を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。
  • 寒の戻りが厳しいこのごろ、
  • 木々の梢にも春の息吹が感じられる今日このごろ、
  • 厳しい寒さに耐えながら、春の訪れを心待ちにしているこのごろです。
  • 厳しい寒さは残るものの、暦の上では春を迎えました。
  • 向春とはいえ、一段と寒さが感じられます。
  • 向春の折、
  • 向春の候、
  • 向春のみぎり、
  • 紅梅の折、
  • 紅梅の候、
  • 紅梅のみぎり、
  • 心なしか寒さもゆるみ、春らしい陽ざしが嬉しい季節となりました。
  • 東風が吹き、甘酸っぱい梅の香りが春を知らせる季節となりました。
  • 東風に乗って漂う梅の香りが心地よい昨今、
  • 東風吹く季節、寒い中にも春が近づいているのを肌で実感いたします。
  • 暦の上では春立ちましたが、
  • 暦の上では春となりました。
  • 暦の上では春とはいえ、寒い日が続いております。
  • 暦の上では春と申しますが、寒さが続きます。
  • 暦の上に春は立ちながら、
  • 歴の上に春は立ちながら、変わらずの厳しい寒さが続いております。
  • 寒さ厳しき折、
  • 寒さの中にも春の足音が聞こえてきます。
  • 寒さの中にも春の訪れを感じるころとなりました。
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる今日このごろ、
  • 寒さの中にも春の兆しが感じられる昨今、
  • 残寒厳しき折、
  • 三寒四温の折、
  • 三寒四温の候、
  • 三寒四温の時節柄、
  • 三寒四温のみぎり、
  • 残寒の折、
  • 残寒の候、
  • 残寒のみぎり、
  • 残雪の折、
  • 残雪の候、
  • 残雪のみぎり
  • 春寒の折、
  • 春寒の候、
  • 春寒のみぎり、
  • 春寒ややゆるみ、
  • 春寒ようやくぬるみ始めたこのごろ、
  • 春寒ようやくぬるむこのごろ、
  • すいせんが花をつけ始め、春めいてまいりました。
  • 少しずつ暖かくなり、日脚も伸びてまいりました。
  • 少しづつ日脚が伸びてくるころとなりました。
  • 少しずつ日脚が伸びる季節、
  • 早春の折、
  • 早春の候、
  • 早春のみぎり、
  • そろそろ梅のつぼみもふくらみ始めるころとなりました。
  • 中陽の折、
  • 中陽の候、
  • 中陽のみぎり、
  • 冷たい空気の中でも、梅の蕾がほころび始めました。
  • 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見え始めた昨今、
  • 二月も半ばに入り、風の冷たさも和らいでまいりました。
  • 二月も半ばを過ぎ、春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 猫柳の枝が春を招くようにかわいらしく風に揺れる今日このごろ、
  • 梅鴬の折、
  • 梅鴬の候、
  • 梅鴬のみぎり、
  • 梅香匂うころ、
  • 梅花の折、
  • 梅花の候、
  • 梅花のみぎり、
  • 梅月の折、
  • 梅月の候、
  • 梅月のみぎり、
  • 吐く息の白さに耐えながら春の訪れを心待ちにしているこのごろ、
  • 早咲きの梅に心浮き立つこのごろ、
  • 春一番が吹き、寒さもようやく和らいできました。
  • 春一番が吹き、春の気配が感じられるようになりました。
  • 春が訪れるころとなりました。
  • 春が近づいておりますが、まだ寒い日が続いております。
  • 春の足音が間近に感じられるこのごろ、
  • 春の訪れまで、まだいくらか日があるようです。
  • 春の便りが待ち遠しいこのごろ、
  • 春の柔らかな気配をかすかに感じるこのごろ、
  • 春の陽気が待ち遠しい今日このごろ、
  • 春まだ浅いこのごろですが、
  • 日脚も少しずつ長くなり、近づく春の足音が感じられる昨今、
  • 日脚伸ぶ立春の候、
  • 日差しに春の訪れを感じる季節となりました。
  • 日差しもだんだんと暖かみを帯び始め、春らしさが感じられる昨今、
  • 日差しもようやく春めいてまいりました。
  • 陽だまりに春の暖かさが感じられる今日このごろ、
  • 一雨ごとに春めいてくる今日このごろ、
  • 風花舞う向春のみぎり、
  • 蕗の薹がようやく顔を出す時期となりました。
  • 吹く風も春めいて、いよいよ冬も終わりを告げようとしています。
  • 冬にまた逆戻りしたような寒さの毎日、
  • 冬の名残がなかなか去らず、
  • 冬の名残りがなかなか去らず、
  • 冬の名残がなかなか去りませんが、
  • ほころび始めた梅のつぼみに、春の兆しが感じられる時節となりました。
  • 本格的な寒さが身にしみるころ、
  • 本格的な春の訪れが待ち遠しいこの季節、
  • 水ぬるむ折、
  • 水ぬるむ季節を迎え、
  • 水ぬるむ季節を迎え、日中は少しずつ寒さも和らいでまいりました。
  • 水ぬるむ候、
  • 水ぬるむみぎり、
  • 雪解の折、
  • 雪解の候、
  • 雪解のみぎり、
  • 雪解けの水もようやくぬるみ、
  • 雪解けの水もようやくぬるんでまいりました。
  • 雪解けを待たずして顔を出したふきのとうに春の息吹を感じます。
  • 雪解けを迎え、寒さも一息ついております。
  • 余寒お見舞い申し上げます。
  • 余寒厳しき折柄、
  • 余寒なお去りがたき折から、
  • 余寒の折、
  • 余寒の候、
  • 余寒のみぎり、
  • 立春とはいえ、まだまだ寒い日が続いております。
  • 立春とは名のみの寒さ、
  • 立春とは名のみの寒さが続いておりますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、
  • 立春とは名ばかりの厳しい毎日です。
  • 立春とはまだ名ばかりの寒さが続いています。
  • 立春の折、
  • 立春の候、
  • 立春のみぎり、
  • 立春を過ぎましたが、まだ寒い日が続きます。

 

ホステスの心得

 

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,052,547 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴14年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧