愚痴だらけだった私が伝授!健全に愚痴るメソッド

愚痴だらけだった私が伝授!健全に愚痴るメソッド
ホステスの心得

こんにちは。ホステス専門アドバイザー
秋好玲那です。→目次はこちら^^

 

玲那
玲那
あの客、マジ腹立つわ。
気に入らないなら
飲みにこなきゃいいじゃん。
玲那
玲那
玲那
玲那
営業しろ営業しろって
うるさいな。
そんなに売上ほしけりゃ
ママが自分で呼べっつーの。

 

これ全部、20代前半のころに
私が実際に言っていたことです。

当時はすべてが気に入らなくて
口を開けば愚痴だらけの毎日でした。

でもナンバーワンを目指すと決めたときに
師匠に言われました。

師匠
師匠
売れたかったら
愚痴る相手を厳選しろ。
それ以外には一切愚痴るな。

 

正直、「愚痴ひとつ言っちゃいけないの?」
と思いました。

それまでは誰にでも愚痴っていたので
厳選しろと言われても
どう厳選したらいいのかも分からず。

そんな私の体験から学んだことを
今日はお話ししたいと思います。

愚痴だらけのホステスが売れない理由

結論から述べると
愚痴だらけのホステスは売れません。

色恋枕で売れたいのなら
愚痴だらけでも問題ないです。

でも色恋枕をしたくないのであれば
愚痴だらけの人生はやめたほうがいいです。

なぜなら、

  1. 聞く人の時間と精神力を奪う
  2. 周りの人が困惑する
  3. 「自分もどこかで悪く言われている」という印象を与える

からです。

聞く人の時間と精神力を奪う

愚痴は、聞く人の時間と精神力を奪います。

そもそも『聞く』よりも
『話す』ほうが圧倒的に得意です。

話している側にとってあっという間の時間も
聞いている側にとっては
2倍くらい長く感じられます。

あなたも、話しているときの1分と、
聞きたくない話を聞いている1分とでは、
体感的に違うことを知っているでしょう。

また、言っている本人は
吐き出してスッキリするかもしれませんが
聞いている側は吐き出されたエネルギーを
そのまま受け取ります。

そのため、ずっと聞いていると疲れたり、
心がすり減ったように感じたりして
ストレスになっていくのです。

人はストレスを回避しようとするので
あなたと距離を置こうとする可能性も
ゼロではありません。

事実、私も良質なお客様から
距離を置かれていました。

周りの人が困惑する

次に、愚痴だらけだと、周りが困惑します。

あれもこれも気に入らない、
何をしても何をやっても不満だらけ、
という状態だからです。そうなると周りは、

  • 何をどう助言していいか
  • 何をどうサポートすればいいか
  • 本人がどうしたいのか

といったことが分からなくなります。

あちこちで愚痴り続けることであなたは
『誰からも知恵も手も貸してもらえない』
という状況を自ら生み出してしまいます。

それはあなたを見捨てたわけではなく
『どうしてあげたらいいのかわからない』
からです。

愚痴ばかり言っていたころの私も、

 

お客様
お客様
で、結局どうしたいの?
何をしてほしいの?

 

とよくお客様に言われていました。

でも言葉に詰まって答えられなかったです。
何かを改善しようとは
思っていなかったから。

「不満を言ってれば誰かが何かしてくれる」
「何もしてくれないなんておかしい!」
くらいの考えを持っていました。

「自分もどこかで悪く言われている」という印象を与える

愚痴だらけの話を聞かされると、
聞いている側は必ず

「自分もこうやって
どこかで悪く言われてるんだろうな」

と感じます。

自分がどこかで悪く言われると思ったら
その人に自分の話をしようとは
思いませんよね?

つまり、愚痴ばかり言っていると、
あなた自身の信用がなくなるわけです。

ましてや所かまわず誰にでも愚痴っていると
『私は信用に値しない人間です』と
自己紹介しているようなもの。

まさに
20代前半のころの私がその状態でした。

 

お客様
お客様
おまえは口が軽いから
話さない

 

と言われたこともあります。

愚痴だらけだった私が勘違いしたこと

師匠
師匠
売れたかったら
愚痴る相手を厳選しろ。
それ以外には一切愚痴るな。

 

という師匠の言葉を聞いて私は
「愚痴ひとつ言っちゃいけないの?」
と思いました。なぜなら、

  • 誰にも愚痴ってはいけない
  • 二度と愚痴ってはいけない
  • 全部、自分の中に納めなければならない

という、大きな勘違いをしたからです。

勘違いをしたのは私が『0か100か』という
極端な考えだったことが原因です。

師匠は「相手を選べ」と言ってるだけなのに
極端に捻じ曲げて「誰にも言うな」と
頭の中で変換してしまったのですね。

そこに完璧主義も手伝って
誰にも文句を言わないように努力しました。

その結果、どうなったか?

・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・

「愚痴ひとつ言えない!」と
不満を抱くようになりました(爆)

本末転倒です。

当時は真剣でしたがいま振り返ると
極端すぎて笑えます。

愚痴だらけの人生から脱した方法

そこで私が取った行動は、

  • 言われたことを正しく理解する
  • 言われたことを正しく実行する

この2つです。

言われたことを正しく理解する

まず素直に

 

玲那
玲那
愚痴ひとつ言えないのは
しんどい!

 

と師匠に言いました。
私が勝手に捻じ曲げているだけなので当然、

 

俺は「一切愚痴るな」とは
一言も言ってない。
師匠
師匠

 

と、冷静に言われました(笑)
そこでもう一度、

 

師匠
師匠
売れたかったら
愚痴る相手を厳選しろ。
それ以外には一切愚痴るな。

 

ということを分かりやすく
かみ砕いて説明してもらいました。

  • 愚痴ってもいい
  • たまには小言のひとつもこぼさないとやっていられない
  • でも愚痴る相手は選べ
  • 相手を選んだら、その人以外には愚痴るな

思考がかたよっていると、
ここまでかみ砕いてもらわないと
理解が追いつかないのです(汗)

やっと「なるほど!」と納得しました。

言われたことを正しく実行する

納得できたので、
次は『愚痴る相手探し』をしました。

まず、仕事を教えてくれている師匠。
そして、師匠の親友であるKちゃん。

2人は私の人生に大きな影響を与えた人。
つまり、人生のキーパーソンであり、
メンター(助言者)でもありました。

きっとこの2人なら私が愚痴ったことを
違う視点から助言してくれる。

それは疑いようのない事実だったので、
この2人を選びました。

そして言われたとおり、
師匠とKちゃん以外には
一切愚痴ることをやめました。

実行した結果、どうなったか?

言われたことを正しく理解し、
正しく実行した結果、どうなったか。

お客様はもちろんママやお姉さん、黒服など
私とかかわる人たちが
私を信用してくれるようになりました。

また「滅多なことで弱音を吐かない」と
私を評価してくださる方も増えました。

ちょっとしたときに私を頼ってくれたり
私が困っていると声をかけてくれたり・・・
ということも増えました。

 

お客様
お客様
なにかあったら
なんでも言えよ。
俺にできることは
するからな。

 

と言ってくださるお客様が
どんどん増えました。

散々愚痴っていたときには
誰からも何もしてもらえなかったのに
愚痴る相手を絞り込んだら
助けてくれる人が増えたんです。

「さすが師匠!」と感動しました。

まとめ

  • 愚痴だらけの人生をやめよう
  • 愚痴そのものは言ってもいい
  • 愚痴る相手を1~2人に絞る

 

愚痴だらけは、本当によくないです。

でも、愚痴ひとつこぼせない、
こぼす相手もいない、というのもよくない。

信頼できる人、
違う視点から助言をくれる人を
1~2人選んで愚痴る。

私の経験上、
これがもっともベターだと思います。

難しい場合は『お金を払って話す』という
選択肢もアリですね。

私もココナラで「愚痴聴き・話し相手」の
サービスを提供している
のでので
遠慮なく電話してくださいね。

 

ホステスの心得

ホステスの心得

売れっ子ホステスのコンサルティング

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

249,088 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、ホステスではない人生を経験すべく30代で引退。コンサル歴11年目に突入しました。プ...

プロフィール

関連記事一覧