お客様を育てることは、必須作業です

お客様を育てることは、必須作業です
ホステスの営業

こんにちは。ホステス専門アドバイザー秋好玲那です。→目次はこちら^^

先日、ある集客コンサルタントの方に、こんな相談をされました。

「玲那さんは、お客様とずっとお付き合いされていますよね。どうやったらそうなれるんですか?実は、リピーター作りに悩んでまして・・・」

・・・集客コンサルタントだよね?みたいな^^;

でも、こういうコンサルタントさん、非常に多いです。よーーーーくネット上を見てみてください。 見込客作りと新規客作りばっかりが目立ちませんか?

そのコンサルタントさんが言うには、私の最大の強みは、関係を継続させることなんだそうです。その通りです、それがウリです。

確かに、見込客と新規客作りは必須です。​これができないと、いつか必ず収益が途絶えてしまう日が来ます。

でも、それだけだと、ずーーーっと自転車操業です。これはかなりしんどいですよ、どの商売も!

そもそもホステスは、お客様がリピーターになってくださらないと成り立たない職業なんです。

だから、ホステスで成功した人は全員、リピーター作りが上手です。

初対面の見込客から既存客、リピーター作りまで、早ければ2日、長ければ数年~十数年かけて築き上げます。

そこで大事なことは、顧客を育てていくことです。ここからは、一般的な業種に当てはめてお話します。

ホステスさんは個々で商品(サービス・ウリ)が異なるので、自身で当てはめて考えるか、ご相談ください^^

見込客を既存客に育て、既存客をリピーターに育てていくこと、が大事です。では、どうやったら育つのか、ということが問題になりますよね。

そもそも見込客とは、「いつか欲しい、でも今はいらない人達」です。その人達に必要なのは、情報。

以前私が経験したことで、見込客の心理を見てみましょう。

ダイエットと体作りのために、そろそろトレーニングを再開しよう、と思いました。

でも「今すぐ」とは考えてなかったし、いいところが見付かれば、程度の気持ち。

社交ダンスにするか、ジムにするか~と考えること1ヶ月。「ネット検索をかける」という小さな行動を取りました。

いろんなサイトを見て、ジムと社交ダンスに揺れ動き、うーんと考えること、さらに1ヶ月。

徐々に気持ちは社交ダンスに傾き、ジムを検索することもなくなりました。

お、ここよさそうだなーという社交ダンススタジオを見付け、問い合わせてみました。

そのサイトには、レッスン料やレッスン可能日等の詳細が一切書かれていなかったからです。内容によっては行ってもいいなーと思っていました。

ところが結果的に、私はジムを選びました。なぜでしょう?簡単です。2週間経っても、2~3回問い合わせても、返事がなかったからです(笑)​

ジムはすぐにレスポンスが来て、見学が即決定しました。マシントレーニングが性格的に不向きだからな~と思いながら行きましたが、その日に契約。

そのジムに、社交ダンスプログラムがあったからです。

プールもゴルフもあって、社交ダンスもヨガもジャズダンスもできる、サイコーじゃん、みたいな(笑)​ここならイケる!と思ったので、即契約しました。

流れ、伝わりました?

要するに、今すぐじゃなくてもいい、と思っていた私が、小さな行動を取って情報収集することにより、それをやっているイメージ、それで何かを実現するイメージが明確化したことで、雪だるま式に夢が膨らんで、契約決定するわけです。

「商品情報は、購買意欲の高まりと比例する」

これ、すごく大事なことです。しかも、どの商売にも当てはまります。見込客を既存客に育てる、というのは、こういうこと。

あとは、発信する情報を業種によって工夫するだけです。

ちなみにホステスの場合、この「情報を工夫する」が一番最難関なので、売れる子と売れない子に明確な差が生じます。

そのツールが電話・メール・お手紙です。

自分という商品をどう情報化して発信し、見込客に「小さな行動」を取ってもらうか。ここが最初の「育てる作業」になります。

最後に、この作業は、多くのビジネスでおざなりになっています。だから、ちゃんとやれば売れるのです^^

 

ホステスの心得

【質問し放題!】いつでも LINEコンサル (Twitterヘッダー)

Zoom心得座学

マンツーセッション

ホステス専門アドバイザー秋好玲那(管理人)

1,031,930 views

ホステス歴15年、年商1億の元No.1ホステス。ママ、オーナーママを経て、コンサル歴13年目に突入。家庭には恵まれませんでしたが、社会に出てたくさんの人に恵...

プロフィール

関連記事一覧